胃炎の治療法

一般的に、胃炎は会社で働く人々が罹りやすい疾患です。十分な食事を取らず、食べる時間が不規則な習慣が主な要因ですが、胃炎は全てこのような要因で発生するとは限りません。お酒の飲み過ぎ、バクテリア、ある種の治療による副作用など、他にも様々な発生要因があります。

要因が何であれ、胃炎はかなりの不快感を伴うもの。今回は、胃炎を治す方法をお伝えします。

中等度の胃炎

  • まず大切なのは、香辛料を完全に料理から抜くことです。また、脂肪が多い揚げ物や、ソースを使った料理も控えましょう。
  • 次に、食事の量を少なくして、間食に果物、クラッカー、ジュースを摂取し胃を空っぽにしないようにしましょう。炎症の発生を食い止めることが出来ます。
  • アルコール飲料が好きな方は、摂取量をできるだけ少なくして下さい。最も効果的なのは、全く摂取しないことです。
  • 他にお勧めなのは、時間をかけて食べ、消化を改善することです。 早く食事をとる方は大概胃炎になり、胃液が逆流したり灼熱感を感じやすくなります。食べ物を適切に消化し辛くなると、胃にはさらに負担が掛かってしまいます。
  • ストレスとどう付き合うか知ることも大切です。ストレスは会社や日常生活で、いつでも起こり得ます。毎日何かしら不安になったり、神経をすり減らす出来事があるでしょう。解決できない問題は山ほどあり、その全てが不安と不機嫌の根源になります。解決の糸口を探し、状況を切り抜けなければなりません・・・、あなたの前に立ちふさがる物事が怖くなったり、悲鳴を上げそうな時は、落ち着いて深呼吸をし、10数えて下さい。あなたの健康が何よりも大切なのです。

慢性胃炎

慢性胃炎になると状況は複雑になってきます。治療は一筋縄にはいきません。この症状になったら、胃酸過多を防ぐ治療法があるので専門医にかかりましょう。慢性になった時点でこの症状を治すには、胃炎の要因を探り、医学的管理化で適切な治療を受けることが大切です。

 

胃炎の自然療法

胃炎の症状を軽減できる自然療法をご紹介します。まず一番お勧めなのは、穀物や果物など、食物繊維の多い食材を皮も含めて摂取することです。かんきつ類は避けましょう。リンシード、生ショウガ 、ココナッツウォーター、甘草茶は胃の炎症を著しく改善し、消化管の炎症を緩和します。

他に大切なのは、寝る2-3時間前までに食事を済ませることです。お腹がいっぱいの状態で布団に入ると、胃炎の症状は悪化してしまいます。また、食べすぎにも注意しましょう。夕飯はサラダとジュースだけで十分です。