1ヶ月で体液貯留を治療

2月 25, 2016
これらの自然療法は、完全に安全で副作用がないので、利尿薬を服用する前に試してみましょう。

何キロか太ってしまったと思った時、それは時に、あなたの体が体液を貯めこんでいることが原因の場合があります。

塩分の摂りすぎ、腎臓への負担、ホルモンのアンバランス、またはただ体液を適切に排出していないのかもしれません。

この記事では、あなたの体を重く太ったように感じさせる、体内の余分な水分を取り除くのに役立つ、シンプルでナチュラルな30日プランを紹介します。

食事療法と天然サプリメントの助けを借り、これの簡単な秘訣に従って、一ヶ月で体液貯留をなくしましょう

オニオンスープ

この期間に最も有益な食べ物は、炎症を起こした腎臓に効果があり、古くから強力な利尿剤および抗炎症剤として使用されてきたタマネギです

体への影響はに非常に穏やかで、悪影響はありません。毎日、タマネギのスープを飲みましょう。

一度に大量に作れば、毎日準備する必要がなくなります。

このスープのもう一つの大きな利点は、健康食品店などで見つけることができる海水を加えることによって、おいしく作れるということです。

海水には体に悪いナトリウムが含まれず、体から余分な液体を除去するのに役立ちます。 ですから、食卓塩の代替品として、多くのレシピに使うことをお勧めします。

材料

  • 水 1リットル
  • タマネギ(大)3個
  • 海水 1カップ

タマネギをスライスして水に入れて沸騰させ、最低半時間調理します。その液体を取っておきます。必要に応じて、レモン汁を少し入れて、風味を加えてもいいでしょう。

どのように飲めばいいか?

このスープは1日を通して飲みますが、食事とは別にしてください。食事の半時間前にそれをを飲むのがベストです。調理済みのタマネギは、野菜クリームやソースを作るのに使えます。

こちらもご参照を:玉ねぎ:千年の歴史を持つ自然療法

オニオンスープ

グレープフルーツ1日1個

グレープフルーツは、腎臓と肝臓の両方に効果がある浄化作用のある柑橘類で、この30日間の治療のために、毎日グレープフルーツを1個を食べるのをお勧めします

朝食前の空腹時か、夕食後、寝る前に食べるのがベストです。味が強すぎるなら、シナモンとはちみつを少し加えましょう。

グレープフルーツ

ハーブ療法

利尿効果を高めるのに役立つ2種類のハーブがあります。それは緑茶とホーステール(トクサ)です。

緑茶:緑茶は、体が余分な脂肪を排除するのを助けます。活性化効果が少しあり、癌への効果が見られます。

ホーステール:利尿剤であることに加え腎臓の炎症を緩和し、シリカを含むため、髪、肌、爪の状態を改善します。

両方とも、お茶の形で摂取することができますが、オニオンスープに加えて、さらに液体を飲む気がしない場合は、カプセルや錠剤のサプリメントを摂ってもいいです。

持続的な利尿効果を得るために、30日間、どちらか一方を選んでください。

こちらもご参考に:最も利尿作用があるハーブティー4選

体液貯留を悪化させる食品

この簡単な治療法に従う際はまた、腎臓に害を与え、さらなる水分貯留を引き起こす可能性がある食品を避けることも重要です。最悪なものは以下のとおりです:

  • :料理に少し海塩を使用してもいいですが、食卓塩は避けましょう
  • 調理済みの食べ物や、揚げ物
  • 缶詰
  • コー​​​​ヒー
  • ソーダ
塩2

腎臓を温める

上記のように、体液貯留の治療の際に、体の中で最も重要な器官は腎臓です。腎臓の状態はあなたのエネルギーレベルに密接に関連しているため、しばしば非常に寒い天候に影響を受け、最も一般的な症状は腰下部の痛みです。

この痛みを感じるか否かにかかわらず、背中の中程、腎臓のあるあたりを毎晩温めることは良い習慣です。ベッドに入る前に、湯たんぽや温湿布を15〜30分間、使用してください。

利尿薬に注意

過度の過敏さや緊張といった副作用のある利尿薬に頼る前に、この自然な治療法を試してみるようお勧めします。処方箋をもらって利尿薬を服用する場合は、副作用を打ち消すために、カリウムが豊富な食べ物をた​​くさん食べるといいでしょう:

  • トマト
  • 野菜スープ
  • バナナ

Kalantar-Zadeh, K., Regidor, D. L., Kovesdy, C. P., Van Wyck, D., Bunnapradist, S., Horwich, T. B., & Fonarow, G. C. (2009). Fluid retention is associated with cardiovascular mortality in patients undergoing long-term hemodialysis. Circulation. https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.108.807362

Subramanya, A. R., & Ellison, D. H. (2013). Diuretic therapy. In Core Concepts in the Disorders of Fluid, Electrolytes and Acid-Base Balance. https://doi.org/10.1007/978-1-4614-3770-3_6