体液貯留の対処法

1月 27, 2016

体液貯留は体重増加の主な原因の1つで、座りっぱなしのライフスタイル、妊娠、更年期、肝硬変、栄養失調などといった理由によって起こります。一般に、体のあちこち、特に足首、腕、足、腹部、手首に腫れが生じます。本記事では、体液貯留を治す方法についてみていきましょう

 

体液貯留は、妊娠中に起こるのが一般的で、女性がホルモンの変化を経験することで、足首や足が腫れたりします。すごく心配しなくてはならない状態でないとしても、極端な場合は、医者に相談したほうがいいでしょう。

体液貯留の予防法

体液貯留の予防で必要なステップは、塩分の摂取量を減らすこと。それは、塩が体に不必要な体液を蓄える原因になるからです。また、をたくさん飲むことも、体の不純物をきれいにし排除するのを助けるのに重要です。

体液貯留の治療と予防の秘訣

利尿作用のある食品

利尿作用のある食品を食べることは、体をデトックスし、体重を減らすために重要です。時として、少し体重が増えたと考えているものは、実は体液貯留に起因する炎症かもしれません。

  • スイカは、その高い含水量のため推奨されます。
  • リンゴ酢は、体液貯留によって変化したカリウム濃度のバランスをとるのを助けます。
  • 緑茶は、優れた利尿剤で抗酸化物質です。
  • オレンジは、その高いビタミンC含有量のため、腎機能を改善し、体から毒素を除去するスピードを上げます。
  • アーティチョークは、利尿特性があり、体重を減らすために、お茶として飲みます。
  • ブルーベリーは泌尿器系疾患の予防と毒素の除去を助ける、最高の抗酸化物質の一つです。
  • タンポポは、体から過剰な水を取り除くために最も強力な植物の1つです。
  • パセリも、体液除去を助けます。肥満と心臓病予防で、お茶として飲むことを推奨します。
  • タマネギは、リウマチ、腎不全、痛風を患っている場合に使うことができます。

運動する

運動1

ウォーキング、ランニング、サイクリング、水泳など、十分に運動することは重要です。体液貯留は座りっきりのライフスタイルに起因し、運動があなたの健康全体を改善するのを助けるということを心にとめて、自分の好きな運動をしてください。ワークアウトは気持ちを鎮めて、体の器官の全てが順調に機能するのを助けます。

塩分を含む食品を避ける

先に述べたように、塩分は体液貯留を促進するので、できる限り塩分を含む食品を減らすことを勧めます。ソーセージ、食品防腐剤、アルコールその他、毎日食べるものが非常に高い塩分を含んでいるかもしれないことに注意すべきです。

また腎結石や胃がんになりやすくなったり、味覚麻痺を起こす可能性があるので、塩分少なめが推奨されます。

カリウムが豊富な食品を食べる

野菜

血圧をコントロールして、過剰な液体の除去を行う電解質の1つであるカリウムは、健康でバランスのよい体に重要です。

カリウムは特定の果物、特にキーウィ、メロン、オレンジ、バナナに含まれます。また、アーティチョーク、キャベツ、ビーツ、ジャガイモ、アボカドなどの野菜にも存在します。

マグネシウムを含む食品を食べる

マグネシウムもまた、体から過剰な流体を除去するのを助け、インシュリン濃度を調節して、心臓疾患を予防します。マグネシウムは骨にカルシウムを補給し、片頭痛を和らげ、2型糖尿病のリスクを減少させます。

奨励される食品

  • 小麦でもオート麦でも、ブラン(ぬか)はマグネシウムが豊富です。
  • 乾燥ハーブ、特にコリアンダー、ミント、パセリを選びましょう。マグネシウムの供給に加え、料理をより美味しくするために使えることを覚えておいてください。
  • 亜麻の種には抗酸化特性があり、心臓病を予防し、多くのマグネシウムを含みます。
  • ヒマワリの種には、マグネシウムとビタミンEが含まれます。
  • 粉、低温殺菌されたもの、全乳、凝縮したものにかかわらず、ミルクは、ビタミンA、DとEなど他のビタミンと共に、マグネシウムを多く含んでいます。

最後に…

十分に休むことは、体液貯留の予防に必須です。足がむくんでいるならば、場所が許せば足を上げてください。もし食習慣と日課を変えても、まだ問題が解決しなければ、病気の可能性を除外するために、医者に意見を聞くことがベストです。

あなたへおすすめ