朝に温めたレモン水を飲む効果

 

朝起きた時はコーヒーを飲む方が多いでしょう。しかし、特に冬場などは温めたレモン水を飲むのも非常に効果的です。カフェインの代わりになるこの優秀な飲み物。作り方は簡単で、 お湯にレモン半分を絞るだけで良いのです。

レモン水が体にもたらす効果

空腹時に温かいレモン水を飲むと効果的です。主な効果は以下の通りです。

  • 免疫系を改善します。 レモンはビタミンCが豊富なので、風邪によく効きます。また、神経系と脳機能の活動を促すカリウムも摂取できます。
  • – pH値のバランスが保てます。レモンは強いアルカリ性なので、体内の酸性値を軽減します。柑橘系の果物ですが、酸性には変化しません。
  • 減量に成功しやすくなります。レモンにはペクチン繊維があり、空腹や不安感を解消できます。アルカリの食事をさらに取り入れると、短期間で減量できるでしょう。
  • 消化機能が改善します。レモンには、不純物を取り除き、胆汁の産出を促す働きがあります。また、便秘を緩和し、胃酸を減らします。
  • – 利尿作用もあります。体内を浄化し、毒素の排出を促して尿路を健康に保ちます。
  • 呼吸器系の疾患を緩和します。温かいレモン水を摂取することで、肺感染症を防ぐことができ、咳も止まります。喘息やアレルギーにも効きます。

朝に温めたレモン水を飲む効果:その他の効果

前述の効能以外の温かいレモン水がもたらす効果は次のようなものです。

  • 肌を清潔にします。成分のビタミンCがシミとしわを減らし、血中の毒素を排出します。効果はご自身でも実感できるでしょう。顔に直接塗布して美容に活かすのもよいでしょう。
  • 息をリフレッシュします。臼歯、歯痛、歯肉炎にも効きます。尚、レモンの酸は歯のエナメル質を溶かすので、気を付けましょう。
  • – “禅の心”を保てる。ストレスを感じている時はビタミンCを失ってしまいます。レモンでビタミンCを補充しましょう。
  • – カフェイン中毒を予防できる。カフェインやコーヒーはあまり摂取しなくても心配いりません。レモン水の方がもっと健康的に一日のスタートを切れます。