レモン水を飲むメリット

· 11月 7, 2015
レモン水は日々のどんな場面でも役に立ちます。朝食前に飲むと体内の毒素を取り除き、代謝を調節し、フリーラジカル(遊離基) によるマイナス効果を防ぐと言われています。

水分は人間の身体にとって欠かせないものです。ほんの2、3日の間水分を摂らずにいるだけで命に関わります。人間は身体の約70%を水分が占める状態で生まれ、成人では約60%となります。多くの医師が、果物や他の食べ物が持つ水分も含め一日に少なくとも2リットルの水を摂ることを勧めています。

体にいいレモン水

レモン

レモンは病気予防に役立つ果物のトップと言われています。ビタミンCの含有率が高いため、毒素やバクテリアを除去するからです。ビタミンCは病気を防ぎ生体防御能力を強め、そして傷を治すことさえできます。レモンにはカリウム、マグネシウム、カルシウム、リンといったミネラル分が豊富です。たとえばカリウムは生体に必須で、また動脈性高血圧の治療に効果があります。

 毒素は血液や臓器やそして細胞の中など身体のあらゆる部位に見つかります。しかしレモンを摂取すると、毒素に抵抗し身体から毒を排出する手助けをしてくれます。胃腸の不快さや肝臓や胆嚢の痛みを覚える場合、身体の機能を正常化させる効果があります。

デビッド・ジョッカーズ博士(Dr. David Jockers)は「レモン水はクエン酸を含んでおり、それが動脈におけるカルシウムの沈着の除去や防止に役立ちます。こういった沈着が生じると心臓病を引き起こすことがあります。」と述べています。レモン入りの水が身体機能の洗浄にあたり重要な役割を果たすというわけです。

こちらもご覧ください。:
毎朝温かいレモン水を飲む/10のメリット

レモン水を飲むメリット

レモン水を飲むメリット

  • 消化器官の解毒の促進
  • 吐き気や消化不良の症状をレモン水が緩和。
  • ビタミンCの高い含有率が免疫システムを強化
  • 抗炎症効果のあるアスコルビン酸を含有。
  • ビタミンCが皮膚を清潔にし、抗酸化物質で美肌に効果的。
  • 身体のpH値を調整
  • コーヒー依存を阻止。グラス1杯のレモン水を飲めばコーヒーへの欲求が低下。
  • 息をリフレッシュし、歯痛や歯肉炎の痛みを緩和
  • 血糖値を下げより長く満腹感が持続するのを助け、結果として体重が低下。

ご存知でしたか?:
朝に温めたレモン水を飲む効果

水とレモンはそれぞれ、健康に良い点をたくさん持っていますそして、混ぜ合わされて美味しいレモン水になると、さらにそれが強化されます。健康に悪影響のあるソフトドリンクよりも、レモン水を飲む方がずっと健康的です。これからは、喉が渇いたときにはグラス1杯のレモン水を飲んでみませんか?