コーヒー好きが知っておくべき7つの事

1月 13, 2019

コーヒーが好きだけど、体に悪いんじゃないかという気持ちから我慢していませんか?

今日はコーヒー好きなら知っておきたい7つの事をご紹介します。

1、脳の活動を活発にしてくれる

脳の働きアップ

コーヒーは脳の活動を活発にしてくれます集中力を高めたり、反応を早めたりする効果もあります

同じように、砂糖と一緒に摂取すると、砂糖も脳を刺激するので、さらに強い効果が得られるでしょう。

グルコースとカフェインのコンビは脳の生産性を上げる効果がありますが、空腹時に摂取すると、逆の効果があるので、避けましょう。

こちらの記事もお読みください:ハリのあるお肌をめざして。コーヒーで作る5つのフェイスマスク

2、血圧を上げてくれる

たった1杯で、低血圧を緩和する効果が期待できます。低血圧の方には嬉しいですが、頻脈の方にはお勧めできません。

3、免疫力を高めてくれる

免疫力アップ

コーヒーには免疫システムを高める効果が期待できます

免疫システムを活性化させてくれるだけでなく、働きを高めてくれます。

コーヒーの摂取に早死のリスクを下げてくれる効果があることを証明する科学的研究が発表されています。

また、肝臓、心臓、そして消化器も強くしてくれる働きがあります。

4、頭痛の軽減

コーヒーの中に含まれるカフェインには、頭痛と片頭痛の症状を緩和するのに役立ちます。

コーヒー1杯は、鎮痛剤1錠の効き目には敵いませんが、伝統的な自然療法ではカフェインを含む他の成分も含んでおり、とても効果的です。

よって伝統的な薬に含まれる成分の効き目は4割増しにもなります。

5、ストレスを解消してくれる最高の飲み物

頭痛女性

コーヒーには抗鬱、ストレス解消の効果があります。

コーヒーは、元気を与えてくれるドーパミンとセロトニン受容体を放出するので、コーヒーを飲むとストレスとは縁遠くなります。

1杯のコーヒーで十分です。カフェインは中枢神経を刺激する成分の主な1つで、抗うつ剤としての働きもあります。

カフェインの効果が1番よく得られるのは、コーヒーを飲むことだと言われています。

こちらの記事もお読みください:ヘルシーで美味しいコーヒーを使った3つのレシピ

6、記憶力をあげる

コーヒーには記憶力を向上させるのに役立つと考えられています

コーヒーを飲むと気分が向上し、生産性もあがるように、記憶力も上がります。

しかし、効果は短期的な記憶に限ります。人間の脳は、受け入れた情報の全てを1度短期的に記憶し、1時間以上経つと、長期的な記憶として保管するので、効果が短期的な記憶力に限ることをお忘れなく。

7、ダイエット効果がある

ダイエット

コーヒーを飲むと体重の維持、またはダイエットの効果が期待できます。

レプチンの値が低いと、体は脂肪をためようとします。

しかし、嬉しいことに、カフェインには体内のレプチン値をあげる働きがあるため、コーヒーを習慣的に飲む方は太りにくく、運動もより効果的になると言われています。

  • Esquivel, P., & Jiménez, V. M. (2012). Functional properties of coffee and coffee by-products. Food Research International. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2011.05.028
  • Farah, A