ヘルシーで美味しいコーヒーを使った3つのレシピ

· 5月 29, 2018
コーヒーを使った美味しいレシピがあれば、無性にコーヒーが飲みたくなる欲求が鎮まり、カフェインを摂りすぎることもなくなるはずです。

コーヒーはお好きですか? 答えがイエスなら、今回ご紹介するコーヒーを使ったレシピをぜひ試してみてください。

私も個人的に全て試してみましたが、どれも美味しくて作るのもさほど難しくありません。また、コーヒーを飲む量を減らしたいけど完全には断ちたくない、という人にもオススメです。

1.コーヒーパン

コーヒー豆と粉

ひとつ目のレシピは一日の始まりにぴったりの、美味しくてふわふわのコーヒーパンです。いつもの朝ごはんの代わりにしてみてはいかがでしょうか。

材料

  • 小麦粉 1と1/2カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 卵 大2
  • バター 120g
  • エスプレッソ 1/2カップ
  • バニラエッセンス 小さじ1/2
  • ブラウンシュガー 1カップ または ステビア 1/2カップ

作り方

  • バターを常温に戻しておきます。冷蔵庫に入れていた場合は、冷蔵庫から出し、ボウルに入れて25分間ほど置いておきましょう。
  • 少量のバターをパンの型に塗っておきます。
  • オーブンを200度に予熱します。
  • 砂糖の目が細かいことを確認します。目が粗ければ、ブレンダーで細かくしておきます。
  • 常温にして柔らかくなったバターをミキサーかボウルに入れ、クリーム状になるまで混ぜましょう。
  • 砂糖を加えてふんわりとするまで混ぜます。
  • 卵を一つずつ加え、馴染むまでかき混ぜ続けましょう。
  • コーヒー半カップを加え、混ぜ終えます。
  • ミキサーを止め、しばらく寝かせます。
  • 次に、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーに塊がないよう、ふるいにかけます。
  • 先ほど混ぜておいた材料を少しずつ粉類のボウルに加えながら、泡だて器やスプーンで混ぜます。
  • 材料をゆっくりと加え、ダマにならないようにしましょう。
  • 生地がしっかり混ぜ合わさったら、バン型に流し入れ、オーブンに入れましょう。
  • オーブンの温度を180度に下げ、30分間焼きます。
  • 竹串を刺し、抜いたときに生地が付かなければ、パンの出来上がりです。
  • 竹串に生の生地が付いた場合は、あと5分焼いてから再確認しましょう。
  • パン型から出し、冷ましてから食べましょう。

糖尿病の方は、砂糖ではなくステビアの使用をお勧めします血糖値の上昇を防ぐためにも、パンを食べる量には注意しましょう。

2.オーツとエスプレッソのクリスピーバイト

コーヒーとコーヒー豆

甘くてサクサクしたコーヒー味のおやつが食べたくなる人には、コーヒーを使ったこのレシピがオススメです。ラズベリーやメープルシロップの甘みは、強いコーヒーの風味とのバランスが絶妙です。

歯ごたえの良いクルミの食感ともよく合い、お気に入りのおやつになるはずです。ただし、2つ食べると十分すぎるエネルギーやカロリーがとれるため、食べる量はほどほどにしておきましょう。

材料

  • ナチュラルオーツフレーク 2と1/2カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • コーシャソルト 小さじ1
  • エスプレッソ 大さじ1
  • バター 120g
  • メープルシロップ 2/3カップ
  • 卵 3個
  • 牛乳 2/3カップ
  • 刻んだクルミ 1カップ
  • 刻んだ生ラズベリー 3/4カップ

作り方

  • バターを弱火で溶かし、後で使うまで置いておきます。
  • オートミールフレーク、ベーキングパウダー、塩、エスプレッソをボウルに入れて混ぜます。
  • メープルシロップ、牛乳、卵を別のボウルに入れ、しっかりと混ぜ合わせます。
  • 2つのボウルの中身を混ぜ、10分間置きます。
  • オーブンを300度に予熱し、ベーキングシートにバターを塗っておきます。
  • クルミとラズベリーを生地に加え、軽く混ぜ合わせます。
  • スプーンや手を使って、生地を直径5センチほどのボール状に丸めます。
  • 丸めた生地をトレイに並べ、オーブンに入れます。
  • オーブンの温度を200度に下げ、黄金色になるまで35分ほど焼きましょう。

エクササイズの前に1~2個食べたり、エネルギーが必要になりそうな日の朝ごはんに牛乳と一緒にとるのも良いかもしれません。

3.コーヒーゼリー

コーヒー豆とカップ

最後のレシピは、簡単に作れてフレッシュなデザートです。暑い日にもぴったりの美味しいレシピです。

材料

  • ステビア 1/4カップ
  • 無味のゼラチン 1包
  • 熱いエスプレッソ 2カップ

作り方

  • 味のついていないゼラチンをコーヒーに入れ、かき混ぜて溶かします。
  • ステビアを加え、しっかりと溶かします。
  • 型やカップに注いで固まるまで2~3時間待ちます

コーヒーを使ったこれらのレシピがあれば、無性にコーヒーが飲みたくなる欲求が鎮まり、カフェインを摂りすぎることもなくなるでしょう。