ナッツの驚くべき特性10選

2月 20, 2018
ナッツには、免疫システムを強化しながら病気を予防することで、体内の健康を維持するビタミンをはじめとする豊富な栄養素が含まれています。

最古のナッツと言われる「くるみ」は、原産地のイランから地中海を渡りヨーロッパに伝えられたと言われています。ナッツは生で食べたり、料理やデザートの材料として使うなど多くの人に愛されています。

本記事では、ナッツに含まれる豊富な特性をご紹介します。

ナッツの皮は基本的に白くて薄く、その周りに茶色の薄い内側の殻があり、最後に外側の硬い皮があります。

ナッツに含まれる栄養素の一部をご紹介します:

  • タンパク質
  • 健康的な脂質
  • 食物繊維
  • 抗酸化物質
  • ステロール
  • ミネラル(ナトリウム、カリウム、リン、鉄分、亜鉛、マグネシウム、カルシウム)
  • ビタミンB と E

ナッツは小さく、その殻は剥きにくいことがありますが、その硬い殻によって体内の健康を促進する多くの効能がしっかりとナッツの中に詰まっています。

ナッツの10の効能とその特性について説明します。

1. 抗酸化物質

ナツメグ

 

ナッツに含まれる亜鉛とオメガ3脂肪酸が、抗炎症成分として働き、体内の免疫機能を向上させます。そのため、様々な炎症の症状を解消するのに効果的な食品です。

こちらの記事もどうぞ:いつまでも若々しく!抗酸化ジュース7選

2. 心疾患を予防

心臓発作を経験したことのある人や、心疾患のリスクが高い人にとって、ナッツはお勧めの食品です。

ナッツに含まれるアミノ酸が心臓発作や動脈で起こる血餅を予防し、心臓の健康維持に役立ちます。

3. 血液循環の改善を促進

赤血球

心臓の健康維持に効果のあるナッツにはビタミンB3が豊富に含まれているため 、血液循環の改善にも高い効果を発揮します。ビタミンB3 は、血液の流れを促進することで、心臓疾患を発症するリスクを軽減します。

こちらの記事でさらに詳しく:体のあらゆる部分に悪影響を及ぼす心臓疾患

4. 体脂肪を軽減

前述したように、心臓や循環器系の健康維持に役立つナッツですが、それ以外にも、お腹周りのしつこい脂肪を取り除く働きがあります。

ナッツを食べることで、食欲、特に炭水化物を食べたいという食欲を軽減し、ナッツの食物繊維が、消化機能を促進しながら便秘を予防します。

5. 神経系機能の改善

神経系

ナッツに含まれるビタミン、そしてオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が神経系の機能を促進して、脳の機能全般の健康を改善します。

また記憶力を改善しながら学習要領を増やすナッツは、子供やティーンエイジャーにお勧めの食品です。

6. 免疫機能を向上

自分の体のケアと健康維持が、病気になりにくい体を作ります。その方法の1つが自己免疫システムを強化することです。

ナッツに含まれるビタミンEと抗酸化物質が、細菌や病原菌、そしてウイルスなどの病気の原因を体外に排出する働きのある抗体の産生を促進します。

7. 肝疾患をケア

肝臓疾患

肝疾患は、肝臓がダメージを受けたり、機能しなくなることが原因で起こります。

そのため、肝臓がダメージを受けないように、肝臓を保護しながらクレンズする食品を知ることが大切です。

抗酸化物質と必須脂肪酸を含むナッツは、肝臓を保護しながらクレンズする働きのある食品の1つです。

8. 骨粗しょう症を予防

骨粗しょう症は、骨密度が減少して骨が弱く壊れやすくなる症状を指します。栄養素の中でも、銅の摂取が不足して欠乏すると骨粗しょう症を発症しやすい傾向があります。

銅は骨に含まれるミネラルの密度を増やすため、銅の摂取が不足すると、骨の強度が低下します。

ナッツには銅が含まれているため、骨の健康維持に欠かせない食品です。

9. 気分の改善

気分の改善

ストレス、疲労感、落胆などの精神状態は実は影響不足と深い関係があります。

例えばストレスを感じている時には甘いものを体が欲していると感じることもありますが、実はナッツは不健康なお菓子よりも高い効果を発揮します。

ナッツに含まれている天然の糖分、ビタミン、そして抗酸化物質が、気分を改善するため、ストレスを解消するためにはナッツがお勧めです。

10. 肌への効果

ナッツに含まれるビタミンEが肌を健康で若々しく、そして柔らかく維持します。ナッツで作るフェイスマスクやオイルを毎日の肌ケアに取り入れてください。

早期老化を予防しながら肌を健康的でなめらかに保ちます。

ナッツの食べ過ぎによるリスク

他の食品と同様、ナッツも摂取目安量を守り、食べ過ぎには注意してください。

シュウ酸が豊富に含まれるナッツを食べ過ぎると、腎結石の原因になりますし、カロリーの過剰摂取のリスクを伴います。

栄養士などの専門家のカウンセリングを受けて、自分の体に合う毎日の摂取量を知ることが大切です。

 

あなたへおすすめ