記憶力を改善する方法

2月 1, 2018
私たちの心は、好奇心旺盛で何かに挑戦することが大好きです。心がより効果的に機能し、記憶力が活性化されて物事を忘れないように機能するための「成分」は、実は私たちの内面にあります。

科学技術の進歩は、私たちを様々な面でサポートしますが、実は私たちの脳をより怠惰にする危険があります。科学技術の進歩により、私たちは何かを覚えようとしなくなり、必要なことがあればインターネット上で検索すればすぐにわかるようになりました。また情報が氾濫している現代社会では、常に何かを見つけることはできますが、逆に無意識のうちに何かを忘れることもあります。

本記事では、記憶力を改善する方法や新しい健康的な生活習慣をご紹介します。

記憶力を改善するプロセス

脳が多くのことを「忘れる」ように、短時間で記憶を回復することもできます。 記憶力を改善する特別な方法やトレーニングを始めることでより大きな精神的能力を保持することができます。

私たちには、すべて物事を記憶する能力がありますが、私たちの心はより少ない労力を使うことに慣れてしまうという特徴があります。

物事に対して注意を払わない、表面的にのみ物事を考えて読む、または何かを反映しない考え方や行動など、これらの全ては記憶力の維持や向上の最大の「敵」となります。

また何かを記憶したいけれど、それを対処したくないというジレンマが起こるとストレスを感じます。そのため、記憶の奥深くに「保存」した言葉や事実、そして日付を見つけるのは簡単なことではありません。また、脳への適度な休息や、大切な情報を取り込むのに十分な時間を与えないことも、脳の健康にはマイナスとなるため、注意が必要です。

記憶力を改善する方法

電飾掲示板、広告、テレビ広告、ソーシャルメディア、インターネット、そしてネット検索など、これらの全てが私たちの脳を攻撃する要因となります。そのため、記憶力を向上させたいときは、これからご紹介する方法を実践することが大切です:

1.事実を再構築する

ノートパソコンと男性

鍵を置き忘れたことはありませんか?

ほとんどの人が経験があるのではないでしょうか。鍵をどこに置いたか記憶するのに良い方法は、いつも同じ場所に置くことですが、それでも忘れてしまう場合は「事実の再構築」テクニックを使いましょう。

数分かけて、家に帰ってから何をしたのかを思い出してください。手に握っていたもの、鍵以外で自分の手から離したもの、鍵を最後に見たとき何をしていたかなどです。その結果、鍵を置いた場所が頭の中に現れます。

2. 記憶を助けるテクニック

学生時代、歴史的出来事や日付、その他大事なことを覚えるのに、語呂合わせなどの記憶を助けるテクニックを使った方も多いのではないでしょうか。短い単語や語句、数字などに関連情報を組み合わせる方法です。この方法を使うと、多くの情報が圧縮され、より簡単に思い出すことができますし、この方法で覚えた事柄は何年経過しても、忘れることはありません。

こうした記憶テクニック(ニーモニックと呼ばれます)には、言葉や個人的なフレーズ、例えば家族の名前の頭文字、記念日、子供時代の好きなキャラクターなどを使用することもできるでしょう。

3. 大きな声で読む

何かを他の人に説明することで、コンセプトがよりしっかりと頭の中に固定することがよくあります。それと同様に、自分が学んだことを言葉として発することで、脳が情報を「聞いて」それを保持する効果があります。

そのため、勉強をするときや、何か大切な物事を心に刻みたいときは、大声で読み上げることが大切です。

私たちの理解力を阻止し、頭痛を引き起こすような光を発するコンピューター画面ではなく、「昔ながらの」印刷された本や論文を読むのも記憶力の改善に効果を発揮します。

4. 休息とリラックス

私たちの精神が何かに注意を払っていないときこそ、私たちの記憶にある概念を強固にするという事実があります。そのため、休息とリラックスが記憶力を改善することが明らかになっています。

映画、ニュース、またはFacebookなどを見るなどしてのんびりとした朝を過ごしても、その時に得た情報は覚えていないかもしれません。

何か記憶したいことがあり、それを忘れたくない場合は、それらの情報を「爆撃」のように得た後、質の高い昼寝をとることをお勧めします。

また昼寝でなくても、公園の散策や運動、そして温かいシャワーを浴びたり、クラシック音楽を聴くなど、自分にあったリラックス方法を実践することで、心が何かに邪魔されることなく記憶がしっかりと固定します。

5. 毎日の行動パターンを変える

ダンスクラス

脳には新しい習慣や様々な冒険が必要です。単調な毎日や行動が続くと、脳は怠けてその機能が低下します。

物事をしっかりと記憶したり、記憶力を改善したいと考えているならば、毎日の行動を変えたり、いつもとは違う順番で毎日の行動を行うことが大切です。

私たちの心は、自分が慣れていないことや知らないことには、十分な注意を払うため、新しい変化は精神的な能力と記憶力を向上させます

私たちの心は好奇心旺盛で、挑戦が大好きであることを忘れないでください。心がより効果的に機能し、記憶力が活性化されて物事を忘れないように機能するための「成分」は、実は私たちの内面にあります。

あなたへおすすめ