喘息とその症状をコントロールできる?

3月 4, 2018
慢性疾患である喘息は、効果的に治療を行うことで不快な症状が軽減し、状態が安定します。本記事で詳しくご紹介します。

ある特定の病気を理解しようとするのは大変な作業であり、 特に「治療法のない」種類の疾患であったり慢性病はなかなか理解されることがありません。

これが今回ご紹介する喘息です。現在ではまだ完治する治療法はないと言われていますが、その症状をコントロールする方法があります。

これまでに喘息に関する情報を何か耳にしたことはありますか?

ネット上では様々な体験談や製品が紹介されていますが、本当に重要なのは、喘息発作のコントロールとその症状の緩和、あるいは、症状が現れたときにそれを喘息の症状だと認知する方法を知っているかどうかです。 

喘息は治療法のない慢性疾患と定義されます。また慢性疾患とは、長期間続く病気を指しますが、実際病気に苦しむ患者だけではなく、周りの人々や家族が喘息とその症状への理解を示し、症状の緩和をサポートすることが大切です。

残念なことに現時点では、喘息の発作が起きた時に症状を安定させることしかできませんが、それでも周りのサポートは欠かせません。

現代社会では、喘息、特に小児喘息は多くの子供が苦しんでいる慢性疾患です。喘息の特徴は、気管支の炎症や気管支の閉塞であり、周りの環境をはじめとする外部からの刺激に非常に敏感になり体が反応を起こします。

主な症状は、喘鳴、持続的な咳、呼吸困難、そして胸部が硬くなったように感じるなどで、これらの症状は特に早朝または夜間に起こります。

喘息の発症率が上昇する原因は様々ですが、ハウスダストやダニ、そして花粉の増加から、喫煙や受動喫煙など、タバコの煙の存在が挙げられます。

喘息の症状をコントロールして軽減する方法

症状を緩和する治療が可能な喘息

吸入器

 

喘息の患者の家族や友人は、喘息発作に伴う症状を認識することが非常に重要です。 喘息患者の中には、17〜28歳になるまで症状が現れない人も多いため、実際発症してもその症状を認識することができないケースが多く見られます。

本記事の冒頭で述べたように、喘息は、その原因が「常に存在する疾患」であることを理解する必要があります。

喘息の原因は、交通手段や車、都市のスモッグなどの大気汚染、そしてタバコの煙などの有毒な物質が体内に入ることで、体内への危険な攻撃の引き金となる可能性があります。

インフルエンザ、気管支炎、肺炎、長期の咳などの病気は喘息と類似しているけれど、全く同じではないことをしっかりと理解して認識する必要があります。これらの病気と喘息の治療は全く異なります。詳しい診断や治療法は、必ず医師に相談してください。

こちらの記事もご参考に:気管支炎に効く5つの自然療法

喘息と診断された後の治療法

喘息の治療

喘息の治療が始まると、最初は2週間から6週間ごとなど定期的に医師の診察を受ける必要がありますが、その症状が緩和されると、月に一度から年に一度へと回数は減りますが、医師の診察を継続する必要があります。

医師の診察では、喘息発作がいつ起こったか、または前回の診察から喘息が起きたか起きなかったかなど、何か変化があったかどうかなどを質問されます。また日常生活やライフスタイル、毎日の行動についても質問されますが、これにより医師は、喘息の症状を抑制するための適切な処置を提案します

 

各治療法が個人に合った方法で調整されます。従来の喘息の治療をご紹介します:

  • 症状の緩和:アドレナリン、コルチコステロイド、酸素療法などの即効性のある薬物療法によって喘息の発作や危険な状態を抑えます。
  • 発作の予防:気管支拡張剤、抗ヒスタミン薬、コルチコステロイド、呼吸療法、免疫療法などを定期的に使用します。

こちらもご覧ください:炎症を緩和する6つのビタミン 

喘息とアレルギーのある人へのアドバイス

禁煙

喘息の症状を改善するアドバイスは、ライフスタイルや喘息の発作の頻度などを改善するために、時間の経過とともに大きく変化します:

  • 空気清浄機や除湿機を使って、湿気を避けながら自宅の換気を良くしましょう。
  • それぞれの部屋を定期的に掃除し、湿った布などで常に埃のない状態を保ちましょう。
  • ペットがいる場合は、ペットを定期的に洗いましょう。
  • 花粉が多く飛んでいるときはドアを閉め、空気清浄機などのフィルターで自宅内の花粉を取り除きましょう。
  • 空気清浄機で空気中のアレルゲンを除去するとき、3ヶ月または推奨されている期間でフィルターを交換してください。
  • 室内での喫煙は避けてください。
  • 強いニオイや刺激のある掃除用品、またエアロゾルを含む製品の使用を避けてください。
あなたへおすすめ