慢性喘息やアレルギーへの対処法

· 12月 13, 2015

残念なことに、慢性喘息とアレルギーは現代ではかなり一般的な医療疾患で、症状は全身まで広がって悪化し、生命にまで関わることもあります。ちょっと視点を変えて、下のような対処法を試してみても良いかもしれません。

喘息とアレルギーは合併症?

花粉症を引き起こす要因物質は、呼吸困難、喘鳴、胸部圧迫感をはじめとする喘息の症状を引き起こす事があります。このような症状は、アレルギー性喘息、あるいはアレルギー誘発性喘息として知られています。花粉、イエダニといった物質が要因です。皮膚アレルギーと食べ物アレルギーから喘息症状が発生する患者さんもいます。

アレルギー反応と喘息症状のつながり

体内の免疫系タンパク質が誤って花粉などの無害な物質を侵入者として認識すると、アレルギー反応が誘発されます。上記の物質から体を守るために、抗体がアレルゲンと結合します。

免疫系が産生した物質は、鼻づまり、目の痒み、皮膚反応といったアレルギー症状やアレルギーの兆候を引き起こします。人によっては反応が肺や気道にまでおよび、喘息症状を伴う事もあります。

お勧めの対処法

  • 気道の痙縮を防ぐことが重要です。マグネシウムは肺の気道を取り囲む筋肉を含む筋肉痙攣を緩和することで良く知られています。
  • 緑茶でも簡単に気管支拡張効果を得られます。
  • オメガ3脂肪酸はリンシードと魚に含まれており、摂取すると効果的です。研究によると、週に一度以上魚を食べる子供達は、日頃から魚を食べていない子と比べて喘息を発症するリスクが3分の1まで軽減されるとされています。
  • 人工着色料、保存料、アスピリン、イブプロフェン、非ステロイド抗炎症薬の摂取は避けましょう。これらは、喘息が発症しやすくする強い抗炎症性物質、ロイコトリエン生成を促してしまいます。
  • 喘息患者の多くは胃酸の分泌が少ないので、食物アレルギーを発症しやすく、栄養の吸収が不十分になりがちです。この場合、胃酸分泌促進剤を服用すれば解消できる可能性があります。

しかし、すでに勧められている治療法との置き換えは避けて下さい。かかりつけの医師と相談することが何より大切です。

医学的なコントロールに従いながら、可能な形の自然療法を少し組み合わせれば、医学的治療自体を軽減できるかもしれません。