トゥレット症候群の治療について詳しく学ぼう

トゥレット症候群は、不随意で反復的な動きや音を引き起こす複雑な病状です。完治を目的とした治療法はありません。今回は。トゥレット症候群の症状を改善するのに役立つ治療についてお話しします。
トゥレット症候群の治療について詳しく学ぼう

最後の更新: 21 2月, 2021

トゥレット症候群の治療というのは、100人に1人が罹患する神経障害ということもあり、あまり一般的な話題ではないかもしれません。繰り返しの動きから始まり出そうと思っていない音を発することへと症状が進行するチック症の出現が特徴です。

この病気は、患者の生活に大きな影響を与え、社会的側面や仕事面の両方に影響を及ぼします。残念ながら、現時点では完治を目指す治療法はありません。ただし、症状や状況を改善するためのさまざまなアプローチがあります。ここから詳しく説明します。

トゥレット症候群とは何ですか?

前述のように、トゥレット症候群は、制御できない不随意運動や音の出現などの症状が現れます。ほとんどの場合、この病状は、15歳になる前の小児期または青年期に現れ始めます。

トゥレット症候群の原因は不明ですが、専門家は遺伝的要因と環境要因の両方が引き金となると考えています。女性よりも男性に多く見られ、家族歴のある人にも多く見られます。

チックは、わずかな動きまたは短い音の繰り返しであり、単純または複雑という2つのカテゴリに分類されます。 1つ目の単純チックは、まばたきなどの小さな筋肉群を伴います。一方、複雑チックには、より多くの筋肉質群が含まれます。

多くの人が、トゥレット症候群を、不適切なタイミングで罵り言葉などを言ってしまう病状を持つものと認識しています。しかしながら症状は実際には様々であり、必ずしもこの症状が引き起こされるとは限りません。

トゥレット症候群の治療について詳しく学ぼう 手のチック
チック症の不随意運動は、トゥレット症候群の典型的な兆候です。

トゥレット症候群の治療

多くの人はこの病状の治療を必要としません。症状が軽度で日常生活に影響を与えない場合があるからです。その反面、患者を無力化する可能性もあるため、チックを軽減するさまざまな治療があります。症状を改善する治療の1つは薬による治療です。

National Institute of Neurological Disorders and Strokeに掲載された総説は、ドーパミンなどの特定の神経伝達物質がこの病状の発症に関与していると説明しています。そのため、トゥレット症候群の治療には、ドーパミンを遮断または減少させる薬が含まれます。

たとえば、ハロペリドールとリスペリドンが処方されます。これらの薬はチックを減らすのに役立つと考えられていますが、体重増加などの二次的影響のリスクが高くなります。

別のオプションは、チックが起こる筋肉にボトックスを注射することです。現在、トピラマートなどの抗けいれん薬の使用に関する研究も行われています。

同時に、トゥレット症候群は通常、他の病状とともに発症するという点を強調する必要があります。これらのいくつかには、不安障害、うつ病、および強迫性障害が含まれます。したがって、医師はこれらの症状を緩和するために、抗うつ薬や抗不安薬を処方することがよくあります。

こちらもご参考に:不安障害の身体的兆候10選

トゥレット症候群の治療としての行動療法

行動療法は、チック症のコントロールを学ぶために患者を再教育しようとする心理療法の一種です。患者が不随意の動きを行う兆候を特定することができれば、患者は不随意の動きを打ち消す別の反応を行うことができるという考えです。

このタイプの治療法は、さまざまな戦略で構成されています。チックの数や強度を緩和するのに役立つことは確かですが、トゥレット症候群の決定的な治療法ではありません。また、すべての人に効果があるわけではありません。

習慣逆転法

行動療法のテクニックの1つは、習慣の逆転です。ミゲル・エルナンデス大学が発表した研究によると、習慣逆転法を使うと、薬物を必要とせずにトゥレット症候群を効果的に治療できる可能性があります。

この方法はさまざまな段階で構成されており、チックを識別するための意識を高める必要があります。そこから、患者はチックと互換性のない反応を行う方法を学びます。

たとえば、患者のチックが手で頭に触れる動きを伴うと考えてください。最初のステップは、この動きとそれがいつ起こるかを認識することです。次に、手で頭を触れる動きを行わないように、膝などの他の場所に手を置くという新しい動作を行います。

トゥレット症候群の治療について詳しく学ぼう 認知行動療法
心理的サポートは、可能な限り薬物を使用しないことを目的とした治療の一形態です。

チック症に対する統合的な介入(CBIT)

トゥレット症候群の治療のための別のタイプの行動療法はCBITと呼ばれる統合的な治療です。この場合、習慣逆転法、リラクゼーション、そして症状を軽減するために自分のチックについて学ぶことが含まれます。

このタイプの戦略は、患者だけでなく、症状の改善を後押しするために患者の周囲の人もコミットする必要があります。たとえば学校に通う学童の場合には、学校の先生にも協力を願う、という具合です。

トゥレット症候群の治療について覚えておくべきこと

トゥレット症候群の治療は複雑であり、この病気はそれを抱える人々に大きな影響を及ぼします。この病状を完治する治療法はありませんが、症状を改善するさまざまな戦略が存在します。

行動療法は、薬物を必要とせずに患者の生活の質を改善するために最も有効な方法の一つと考えられています。そして、病状の対処には、心理的サポートが不可欠であるということを強調しておきましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
小児ネフローゼ症候群:原因と治療法
みんな健康Read it in みんな健康
小児ネフローゼ症候群:原因と治療法

浮腫と突然の体重増加は、小児のネフローゼ症候群の主な症状の一つです。スペイン小児科学会によると、小児ネフローゼ症候群は、10万人ごとにおよそ15の症例があります。今回の記事では、小児ネフローゼの考えられる原因と治療法について詳しく説明します。



  • ¿Qué es el síndrome de Tourette? – Tourette Association of America. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://tourette.org/about-tourette/overview/espanol/medicos/que-es-el-sindrome-de-tourette/
  • Tratamientos | Síndrome de Tourette (ST) | NCBDDD | CDC. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://www.cdc.gov/ncbddd/spanish/tourette/treatments.html
  • Síndrome de Tourette : National Institute of Neurological Disorders and Stroke (NINDS). (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://espanol.ninds.nih.gov/trastornos/sindrome_de_tourette.htm
  • Síndrome de Gilles de la Tourette: espectro clínico y tratamiento – Dialnet. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://dialnet.unirioja.es/servlet/articulo?codigo=326433
  • Gonzálvez, M. T. (2016). Tratamiento cognitivo-conductual de un niño con Síndrome de Tourette. Revista de Psicología Clínica con Niños y Adolescentes (Vol. 3). Retrieved from www.revistapcna.com
  • Yang, C. S., Zhang, L. L., Zeng, L. N., Huang, L., & Liu, Y. T. (2013). Topiramate for Tourette’s syndrome in children: A meta-analysis. Pediatric Neurology, 49(5), 344–350. https://doi.org/10.1016/j.pediatrneurol.2013.05.002
  • Valdés King, Mónica, and Omoruyi Ayodeji Uwagboe. “Síndrome de Gilles de la Tourette.” Revista Cubana de Medicina General Integral 34.1 (2018): 63-70.
  • Ríos-Flórez, Jorge Alexander, and Claudia Rocío López-Gutiérrez. “Enfoque clínico y neurofuncional del Síndrome Gilles de la Tourette.” Psicoespacios 10.17 (2016): 155-167.
  • García-Acero, Mary, and Eugenia Espinosa. “Síndrome De Tourette Familiar: Reporte De Caso Y Revisión De La Literatura.” Revista Ecuatoriana de Neurología 27.2 (2018): 87-91.
  • García, D. Macías. “Otros trastornos del movimiento: tics y síndrome de Tourette, temblor, mioclonías y síndrome de piernas inquietas.” Medicine-Programa de Formación Médica Continuada Acreditado 12.73 (2019): 4285-4299.