常同運動障害(SMD):原因、症状、治療法

11月 22, 2019
常同運動障害は子供が小さい時期に診断されますが、その原因を見つけるのは困難です。今回は、常同運動障害について詳しく説明します。

Desk Reference to the Diagnostic Criteria from the DSM-5(DSM-5に基づく診断基準への添付文書集)によると、常同運動障害には、非機能的な行動の反復が含まれます。

この運動障害は、子供の社会的および学術的活動を妨げる可能性があります。

常同運動障害は一般的に幼い頃に診断されるため、早期の治療が可能です。

常同運動障害(SMD)の原因

常同運動障害(SMD):原因、症状、治療法 詳しい原因

多く常同運動障害の原因は不明で、専門医でも他の障害と混同することがあります。

しかし、いくつかの要因が原因ではないかと考えられているため、今回はそのいくつかをご紹介します。

ある特定の物質の生理学的な影響

アンフェタミンなどの特定の薬物は、常同運動障害の患者と同じ行動を引き起こす可能性があります。

残念ながら、両親がこの薬物を服用している場合に、子供が誤って口にする可能性があります。

これは薬の摂取をやめれば、症状は自然に消える傾向があります。

こちらもご参照を:取扱注意:自宅に置くべきではない危険な植物7選

常同運動障害に関連する病気

レッシュ・ナイハン症候群(LNS)には、常道運動障害の症状の一部が現れる場合があります。

精神遅滞が起こっている子供や、頭に怪我をしたことがある子供にも現れることがあります。

常同運動障害は、自閉症、強迫性障害、またはトゥレット症候群と混同される可能性があるため、専門医は診断を行う前に、必ずいくつかの検査を行う必要があります。

常同運動障害の症状

常道運動障害には、一般的に反復運動が含まれます。

拳を強く握る、爪を噛む、体を揺らす、そしてチックと呼ばれる動きなどです。

ストレス、退屈、または欲求不満が、これらの反復運動を悪化させる可能性があることにも注意してください。

場合によっては、子供が自分自身を傷つける自傷行為となる可能性があります

これらのケースは非常に深刻なので、医師に相談して緊急に対処する必要があります。

こちらからさらに詳しく:子どものストレスの原因が親にある時

現在行われている治療

常同運動障害(SMD):原因、症状、治療法 可能な治療

常同運動障害の治療は、動きを引き起こす内的な要因に焦点を当てます。

医師は検査の結果などに応じて適切な治療を選びますが、これは動きの中に自傷行為が含まれるかどうかによっても異なります。

現在行われている治療のいくつかをご紹介します。

  • 環境の変更:子供が動きの反復によって怪我をした場合は、それを防ぐための特定の措置を講じる必要があります。特に子供が自傷行為の際に何を使うかによっても異なります。
  • 処方薬の服用:医師は子供の年齢を考慮して、処方できる薬を決定します。一般的には、抗精神病薬やカテコールアミン枯渇作用がある薬などが含まれる場合があります。
  • 心理療法ある行動テクニックを活用した心理療法が素晴らしい効果を上げているという研究結果があります。また前述の治療を補完するのにも心理療法が使われます。

全体として、この運動障害の最大の問題は、子供の生活を妨げるという点です。

この障害を発症している子供は、どれだけ努力してもコントロールできない非自発的な動きが起こります。

親としては、この運動障害を持っている子供の動きは永続的であることを心に止めることが大切です。

前述の治療では、わずかな改善や動きのコントロールが可能になる場合もあります。

子供が動きを反復していると気づいたことがありますか?

子供の動きで気になることがある場合や反復運動に気づいたら、すぐに信頼できる小児科医の診断を受けてください。

医師は適切な検査を行って、子供に何が起こっているのかという問題とそれを解決する方法を見つけるでしょう。