取扱注意:自宅に置くべきではない危険な植物7選

7月 21, 2019
危険は、時に美しさの裏に隠れていることがあります。今回は、ペットや子供がうっかり噛んでしまったりすると危険な7つの植物についてご紹介します。

家の中に植物を置くと、空気を浄化して家の中の自然な環境を作り出す効果がありますが、植物の中には、子供やペットにとって有害なものも存在します。

植物を育てる方法は多くの人が知っていますが、危険な問題を引き起こす可能性のある植物に関する警告はされていないことがほとんどです。

郊外や山の中を歩いていて、美しい植物を見つけたら注意が必要です。

自宅に持ち帰りたいと思うほどの美しい植物には、何か問題を引き起こす「罠」が隠れていることがあります。

自宅に置くべきではない危険な植物7つ

1.アジサイ

アジサイ

アジサイは非常に人気のある植物で、自宅の庭に植えている人や、室内に飾っている人も多いでしょう。

鮮やかな青い花が人気のアジサイですが、この花が最も危険な部分です。

アジサイの花を噛むと、呼吸停止、低血圧、めまい、そして失神などのリスクが高まります。

葉と茎も私たちの健康に有害ですが、花ほどではありません。

これらの危険な症状は、アジサイに含まれているヒドラジンによって引き起こされます。

こちらもご参考に:天然の堆肥を作る5つの方法

2. ユリ

ユリはフラワーアレンジメントや植木鉢に飾られていることを見る機会の多い人気の花ですが、猫を飼っている場合は家の中に置くのを避けましょう。

ユリにはさまざまな種類がありますが、どの種類もすべて猫に悪影響を及ぼします。

ユリは猫の消化管を刺激して、下痢や嘔吐を引き起こすこともあり、ユリの中には猫の腎臓に影響を及ぼし、猫が死に至ることさえあります。

ユリの中のどの物質が猫にとって有害なのかはまだわかっていませんが、現在までの研究では、わずか2枚の花弁が致命的になることがわかっています。

3.サルビア・ディビノラム

サルビアディビノラム

サルビア・ディビノラムの最も危険な点は、潜在的な幻覚剤であることです。

サルビアには、LSDに似た幻覚誘発化合物が含まれており、アマゾンに暮らす先住民の中には、儀式目的のためにサルビアを使用する人もいます。

サルビア・ディビノラムを幻覚剤として使用すると、精神状態や意識が変化し、時には再発性のある恒久的な幻覚を引き起こすため非常に危険です。

サルビアという植物は安全ですが、サルビア・ディビノラムと表示されている場合は、危険な植物だと認識しましょう。

4. エンジェルストレンペット

この植物は厚い花が開花する装飾的な植物で、魅力的な花がスカートのように垂れ下がる姿が特徴的です。

エンジェルストランペットにも精神活性作用があり、精神状態の混乱や麻痺を引き起こし、中には症状が致命的になることもあります。

これは、神経系を阻害する物質であり、合成薬にも使われるトロパンアルカロイドが含まれているからです。

5.ブーゲンビリア

家の壁など美しく覆うことでも有名なブーゲンビリアは、色とりどりの花を咲かせますが、強心作用があるため危険です。

ブーゲンビリアの花、茎、そして種子には、心臓に影響を与える有毒物質であるシアンとオレアンドリンが含まれています。

そのため、意図的にまたは偶然にこの植物を飲み込んだ場合、数時間後に不整脈や頻脈、めまい、嘔吐、下痢に苦しむことになるでしょう。

6. キョウチクトウ

オレアンダーとしても知られているキョウチクトウは、屋内外にぴったりの小さく繊細な花を持つ植物ですが、動物だけでなく人間にとっても危険な植物です。

キョウチクトウには、心拍数を加速させて、発汗、悪心、嘔吐、下痢、および呼吸の問題を引き起こすグリコシドが含まれています。

キョウチクトウの幹には刺激を与える可能性のある乳状の物質が含まれているため、肌に触れた場合も危険です。

キョウチクトウを植える、移植させる、または剪定するときに手袋の着用が欠かせません。

こちらもご参考に:家の庭でも育ちやすい10種類の植物

7. ディフェンバキア

サンセベリア

育てるのがとても簡単という理由で、昔から屋外で栽培されている植物の一つですが、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。

英語では「義理の母の舌」と呼ばれているディフェンバキアは、アスバラギンという一部の人には皮膚の炎症を引き起こす可能性のある刺激物質が含まれています。

また万が一口に含んで噛んでしまうと、喉の痛みや精神的な問題を引き起こす要因となります。

危険な植物に関する一般的な注意事項

今回ご紹介した植物は、観葉植物として知られているものも多く、見た目にも美しくいろいろな場所で目にする植物です。

取り扱いは慎重に行い、子供やペットの手が届かない場所に保管することをお勧めします。

次のような予防措置を取りましょう:

  • 植物から落ちる葉や花びらはすぐに捨てる
  • 危険を警告するラベルなどを植物の近くに貼る
  • 植物に触れた後は手はすぐに洗う
  • ペットを飼っている場合は、これらの植物の植木鉢の受け皿に溜まる水をペットが飲まないように注意し、ペット用の水入れが常にいっぱいになっていることを確認する

最後に

新しく自宅に植物を買おうと考えている場合は、危険とされる植物かどうかを事前に調べてから安全な植物を購入してください。