皮膚の真菌感染に効く15の自然療法

6月 13, 2018
今日ご紹介する自然療法は一度だけではなく、繰り返し定期的に行うようにしましょう。また同時に衛生状態にも気を付けましょう。

皮膚の真菌感染はよくあることで、感染してしまうと熱いような感覚とかゆみが現れ、非常に不快です。

皮膚糸状菌感染症やイースト菌感染など、始め様々な種類の真菌感染があります。

こういった感染は、皮膚、、髪に見られるタンパク質であるケラチンの死んだものに定着します。

また、真菌感染は体のどの部分にも現れる可能性があります。一般的にとても不快なものでしょう。ウイルスや細菌を伴えば感染を起こすのです。

今日はそんな皮膚の真菌感染に効く15の自然療法を見ていきましょう。

 

皮膚の真菌感染の原因

真菌感染の引き金となるのは以下のようなことが多いでしょう。

  • 免疫力の低下。皮膚の真菌感染は体の防御力が弱まっている印です。体の真菌に対抗する力が弱くなっているのです。
  • 伝染。ジムやプールなどのシャワーから感染するケースも多いでしょう。真菌は湿った床などに発生しています。足の指から感染するでしょう。
  • 不衛生さ、過剰な湿気。こういった環境は様々な種類の真菌の発生を許してしまいます。体を洗った後はきちんと乾かしましょう。特に足の指の間などは気を付けましょう。
  • 中には人よりも汗をかきやすいタイプの人もいるでしょう。微生物が繁殖しやすい環境を作り出しています。
  • 何らかの原因からくる皮脂分泌の増加
  • 食生活の乱れ、ビタミン不足。健康的な食生活を送っていないと体の防御力が落ちます。つまり毒素の洗浄が困難になります。
  • ストレス。ストレスは体の防御力を低下させるということは広く知られています。上述したように、体の防御力低下によって真菌が繁殖しやすくなるのです。

皮膚の真菌感染だとわかるのはなぜ?

裸眼で観察できる症状は以下のようなものが挙げられます。

  • 皮膚のシミやソバカス。サイズや色はまちまち
  • 赤みを帯びた丸いの印
  • かゆみ、熱
  • 悪臭
  • 皮膚の劣化

皮膚の真菌感染に効く15の自然療法

1. 食事

赤身の肉、精製された白い小麦や砂糖、牛乳は腸内の輸送を滞らせますので避けましょう。

その代わりにフルーツを食べることをお勧めします。特に柑橘系のフルーツが良いでしょう。ジュースは体の免疫力を上げ、体の洗浄を行います。

こちらも読みましょう『毎日の朝食に!ヘルシースムージー』

2. ナチュラルヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているため、真菌と闘うのに効果的です。乳酸菌は真菌をやっつけてくれる良い細菌です。

ヨーグルトは真菌感染をしてしまった患部に直接塗布するという方法もあります。塗布し、すり込むことで皮膚真菌を根絶してくれるでしょう。

3. レモン汁

レモン汁の酸は患部に塗布すると真菌に効果的に働きかけてくれるでしょう。

レモン汁の塗布は夜に行いましょう。レモン汁を塗布した皮膚が日光を浴びると色素の沈着を起こすからです。

4. クランベリージュース

クランベリー

クランベリージュースには抗真菌効果があります。体の内側から働きかけ、真菌を根絶してくれるでしょう。

5. お茶

お茶を患部に塗布すると、タンニンの抗菌効果から皮膚の真菌を除去してくれます。痒みや赤みなどもひいていくでしょう。

1日2〜3回、塗布するとより良い結果が得られます。

6. オリーブの葉

皮膚の真菌感染に対するオリーブの葉の効能は2つあります。免疫系を強化してくれること、そして、真菌を除去してくれることです。

オリーブの葉の効能を利用するには、

が良いでしょう。

7. 海塩

海塩の効能を利用するには、水に溶かして使いましょう。

材料

  • 水 グラス1杯(200ml)
  • 海塩 大さじ2(30g)

作り方と使い方

  • グラスに入れた水に海塩を入れます。よく混ぜたものを1日数回、皮膚の真菌感染が起こった部分に塗布してください。

8. ニンニク

ニンニク

その抗菌作用の強さから、ニンニクを使った方法は真菌対策にぴったりの自然療法だと言っても良いでしょう。食べても良いですし、外用としても使えます。

  • 体の内側から:ニンニクは体から毒素を取り除きます。空腹時に食べるのが良いでしょう。食べた後は臭いを中和させるために、パセリを噛むと良いでしょう。
  • 体の外側から:ニンニクを潰し、ガーゼに包みます。これを真菌感染を起こした皮膚に塗布します。洗い流す必要はありません。

9. オレガノオイル

  • 体の内側から:グラス一杯の水に2〜3滴落とします。
  • 体の外側からオレガノオイルとオリーブオイルを同量混ぜ合わせたものを皮膚の真菌感染部分に塗布します。

10. ココナッツオイル

ココナッツオイルには質の良い殺菌剤として働く脂肪酸が含まれています。

  • ココナッツオイルの効能を利用するには、1日2〜3回、皮膚の真菌感染部分に塗布しましょう。

11. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー

酢酸は皮膚の自然なpHを正常に保ちます。つまり、真菌が繁殖するのを予防してくれるのです。

アップルサイダービネガーは必ず水で薄めて使ってください。

材料

  • 水 大さじ2(30ml)
  • アップルサイダービネガー 大さじ1(15ml)

作り方と使い方

上記の2つの材料を混ぜ合わせます。ガーゼを使い、これを真菌感染した部分に塗布します。

こちらも参照『アップルサイダービネガーを使った美のレシピ』

12. ティーツリーオイル

ティーツリーオイルは抗真菌効果に優れています。また、体の他の部分に真菌が繁殖するのを防ぐ効果もあるのです。

外用として真菌感染を起こした場所に利用します。

13. ターメリック

ターメリックは天然の抗真菌剤として働きます。また利用方法は以下の2つがあります。

  • 体の外側から:皮膚の真菌感染部分に直接塗布します。2〜3時間おいてから洗い流しましょう。
  • 体の内側から:抽出してお茶を作り、牛乳とハチミツと混ぜて飲みましょう。

14. コロイダル・シルバー

コロイダル・シルバーは強力な天然の抗菌物質です。真菌を乾燥させるのに役立つでしょう。

  • 外用として利用します。洗い流す必要はありません。

15. アロエベラ

皮膚の真菌感染

アロエベラには数え切れないほどの効能があります。その中に抗真菌作用が挙げられます。

  • アロエの葉を切り、中のジェルを取り出します。このジェルを1日数回、皮膚の真菌感染部分に塗布しましょう。

今日ご紹介した自然療法は、一度だけではなく、繰り返し定期的に行うようにしましょう。また同時に衛生状態にも気を付けましょう。

  • Hay R. Therapy of Skin, Hair and Nail Fungal Infections. J Fungi (Basel). 2018;4(3):99. Published 2018 Aug 20. doi:10.3390/jof4030099
  • Chandra, R. K. (1997). Nutrition and the immune system: An introduction. American Journal of Clinical Nutrition. American Society for Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/66.2.460S
  • Kosgey, J. C., Jia, L., Fang, Y., Yang, J., Gao, L., Wang, J., … Zhang, F. (2019, July 1). Probiotics as antifungal agents: Experimental confirmation and future prospects. Journal of Microbiological Methods. Elsevier B.V. https://doi.org/10.1016/j.mimet.2019.05.001
  • Dosoky NS, Setzer WN. Biological Activities and Safety of Citrus spp. Essential Oils. Int J Mol Sci. 2018;19(7):1966. Published 2018 Jul 5. doi:10.3390/ijms19071966
  • Blumberg JB, Basu A, Krueger CG, et al. Impact of Cranberries on Gut Microbiota and Cardiometabolic Health: Proceedings of the Cranberry Health Research Conference 2015. Adv Nutr. 2016;7(4):759S–70S. Published 2016 Jul 15. doi:10.3945/an.116.012583
  • Chung, K. T., Wong, T. Y., Wei, C. I., Huang, Y. W., & Lin, Y. (1998). Tannins and human health: A review. Critical Reviews in Food Science and Nutrition38(6), 421–464. https://doi.org/10.1080/10408699891274273
  • Nasrollahi Z, Abolhasannezhad M. Evaluation of the antifungal activity of olive leaf aqueous extracts against Candida albicans PTCC-5027. Curr Med Mycol. 2015;1(4):37–39. doi:10.18869/acadpub.cmm.1.4.37
  • Aala, F., Yusuf, U. K., Nulit, R., & Rezaie, S. (2014). Inhibitory effect of allicin and garlic extracts on growth of cultured hyphae. Iranian Journal of Basic Medical Sciences17(3), 150–154. https://doi.org/10.22038/ijbms.2014.2399
  • Kocić-Tanackov, Sunčica & Dimić, Gordana & Tanackov, Ilija & Pejin, Dušanka & Mojović, Ljiljana & Pejin, Jelena. (2012). Antifungal activity of Oregano (Origanum vulgare L.) extract on the growth of Fusarium and Penicillium species isolated from food. Hemijska industrija. 66. 10.2298/HEMIND110614073K.
  • Ogbolu, D. O., Oni, A. A., Daini, O. A., & Oloko, A. P. (2007). In vitro antimicrobial properties of coconut oil on Candida species in Ibadan, Nigeria. Journal of Medicinal Food10(2), 384–387. https://doi.org/10.1089/jmf.2006.1209
  • Johnston CS, Gaas CA. Vinegar: medicinal uses and antiglycemic effect. MedGenMed. 2006;8(2):61. Published 2006 May 30.
  • Hammer, K. A., Carson, C. F., & Riley, T. V. (2003). Antifungal activity of the components of Melaleuca alternifolia (tea tree) oil. Journal of Applied Microbiology95(4), 853–860. https://doi.org/10.1046/j.1365-2672.2003.02059.x
  • Moghadamtousi SZ, Kadir HA, Hassandarvish P, Tajik H, Abubakar S, Zandi K. A review on antibacterial, antiviral, and antifungal activity of curcumin. Biomed Res Int. 2014;2014:186864. doi:10.1155/2014/186864
  • Monteiro, D. R., Gorup, L. F., Silva, S., Negri, M., de Camargo, E. R., Oliveira, R., … Henriques, M. (2011). Silver colloidal nanoparticles: antifungal effect against adhered cells and biofilms of Candida albicans and Candida glabrata. Biofouling27(7), 711–719. https://doi.org/10.1080/08927014.2011.599101
  • Rosca-Casian, O., Parvu, M., Vlase, L., & Tamas, M. (2007). Antifungal activity of Aloe vera leaves. Fitoterapia78(3), 219–222. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2006.11.008