アロエベラとパパイヤを使って炎症と腸内のガスを解消する方法

12月 9, 2017
アロエに含まれる便通促進機能とパパイヤに含まれるガスを排出する作用である 駆風剤としての働きが、ガスやその他の消化器系の問題を解消するのに理想的な自然療法となります。

重い食事をとると消化不良を起こし、一般的に炎症、痛み、そして腸内のガスなどの症状が起こり、毎日の生活や行動に悪影響を与えます。その症状の深刻度に関係なく、早期に対処しないと悪化して日常生活に大きな影響を与えます。

腸内の細菌が正常ではない時には、消化不良をはじめとする前述の症状が起こり、消化システムのpH値のバランスが乱れます。

本記事では、腸内のpH値と腸内フローラを正常に保ちながら消化プロセスをサポートする自然療法をご紹介します。

アロエベラとパパイヤを使うおすすめの方法です。

炎症と腸内のガスを解消するアロエベラとパパイヤの自然療法

アロエベラゲルとパパイヤには、胃腸の機能を改善する複数の成分が含まれています。

特に食物繊維と消化酵素が豊富に含まれているため、炎症と腸内のガスを解消するのに高い効果を発揮します。

アロエベラの効能

アロエベラ

アロエベラには、炎症と腸内に溜まったガスを解消するのに効果があります。

アロエの葉のゲルは、大昔から胃腸の健康改善と病気の症状を緩和するのに使用されています。

アロエのゲルには、消化吸収をサポートする栄養素であるビタミンB群が豊富に含まれているだけではなく、消化機能を促進するビタミンA、アミノ酸、そして酵素も多く含まれています。

さらにアロエに含まれるアロミチンなどには、胃炎、胃潰瘍、また胃酸過多などによって傷ついた体内組織を治癒する働きもあります。

アロエに含まれる便通促進効果は、便秘の解消に役立ちます。また腸内感染症になるリスクを軽減する抗ウイルス成分や抗菌成分も豊富に含まれています。

抗炎症作用が消化不良や、胃もたれなどの症状を緩和しながら、腸内フローラを正常に保ちガスの発生を抑えます。

パパイヤの効能

パパイヤ

 

パパイヤは柔らかな食感で人気の南国フルーツで、多くの人が毎日の食生活に取り入れています。

またビタミンA、B、C、カリウム、そして食物繊維だけではなく、パパインと呼ばれる消化酵素も含まれています。

パパインは抗炎症作用と抗酸化作用、そしてデトックス作用があるため、消化器系の問題を解消してタンパク質の消化吸収を助けます。

また老廃物の体内での蓄積を抑えることで、胃もたれなどを軽減する働きがあり、特に胃炎や胃潰瘍などの胃の組織の状態を緩和します。

さらに逆流性食道炎や腹部の張りの症状を解消しながら、腸内の寄生虫による感染症を緩和しながら、免疫システムを強化します。

アロエベラとパパイヤの自然療法を早速ご紹介します!

アロエベラとパパイヤの自然療法

アロエとパパイヤの自然療法

今回ご紹介するアロエベラとパパイヤの自然療法は、健康的な自家製ドリンクです。

消化機能を改善しながら、肌や髪の健康を促進します。体内に吸収されやすいこのドリンクは、血中のpH値を正常に保ちながら体内の毒素を排出します。

材料

  • 新鮮なアロエベラ 大さじ5(75g)
  • パパイヤのスライス 3枚
  • ハチミツ 大さじ2(50g)
  • 水 1カップ(200ml)

作り方

  • アロエベラを切り、大さじ5杯分のゲルを取り出します。
  • パパイヤをスライスした後、小さな角切りにしてアロエベラ、水、ハチミツと一緒にブレンダーに入れます。
  • すべての材料をブレンダーで数分間混ぜて滑らかにします。
  • 出来上がったら濾さず、そのまますぐに飲んでください。

摂取方法

  • 体内をデトックスするためには、7−10日続けて、毎日空腹時に飲んでください。
  • 炎症やガスの症状が現れているときは、1日に2回まで飲むことができます。
  • 胃炎や胃潰瘍の症状がある方は、週に3回以上、空腹時に飲んでください。

ご自宅で簡単に作ることができるこのドリンクは、食べ過ぎなどにより消化不良や胃もたれの症状が出たときにお試しください。

腸内の問題が継続して発症するときは、毎日の食生活に取り入れることが大切ですが、医師の診察も欠かせません。

 

あなたへおすすめ