集中力を高める10の食材

12月 11, 2017
集中力を高めたい時は、これからご紹介する食材を摂りいれるようにしてみてください。ヘルシーでナチュラルな食材は体全体の健康維持にも役立ちます。

仕事に集中できない、以前は10分で出来ていたことが今では1時間もかかる、ちょっとした事で集中力がすぐに途切れてしまう、、このような状態なら、それは休憩を取った方が良いのかも知れません。

もしくは、食べるべき食材を食べていないせいかも知れません。信じられないかも知れませんが、食べ物は集中力にも影響します。

ここでは集中力を高めるにはどのような食材を食べるべきなのかお伝えします。すぐにでも食生活に摂りいれましょう!

 

健康な食生活で集中力をアップする

健康的な食事には良い面がたくさんあります。病気、体重増加、コレステロール値の問題を予防し、集中力や記憶力を高めます

脳がパーフェクトに機能するために、これからご紹介する食材を積極的に摂りいれましょう。

 

1.魚

サーモン

冷たい水に住む魚(鮭、マグロ、サバなど)には、たっぷりのオメガ3脂肪酸が含まれています。

天然酸は中神経系に良い成分です。大人にはその強化、子供にはその成長をサポートします。

・オメガ3脂肪酸の有効成分をしっかり摂りいれるため、グリルするか、燻製にするか、焼いて食べるといいでしょう。

・フレッシュサラダやマッシュポテトを添えて食べましょう。

 

2.アボカド

この一価不飽和脂肪酸を含んだ果物は、集中力や記憶力を高めるサポートをします。

アボカドは動脈を浄化するので、血液循環やニューロンの伝達を改善します。

脳や臓器にしっかりと血液が流れ酸素が送り込まれていれば、日常生活がスムーズに進みます

 

3.全粒粉

全粒粉

全粒粉のパンやクラッカーはトリプトファンと呼ばれる成分を含んでいます。これは脳で吸収され、セロトニンの分泌を促します。

この神経伝達物質は、体をリラックスさせ眠気を誘います。ですが心配しなくても仕事中に眠たくなるほどは入っていません。

ストレスレベルを低くする効果があります。それが、集中力を高めることに繋がるのです。

 

4.ナッツ類

クルミが脳と同じ形をしていることに気付いたことがありますか? これは集中力や注意力の維持改善に良いという証なのかも知れません。

クルミだけでなく、アーモンドやピーナッツはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。(魚と同じですが、ベジタリアンの人向けに)

ナッツ類は動脈や血管を守ります。血液の循環を改善し、体全体に十分な酸素を送ります。

体に素晴らしいメリットをもたらすビタミンや抗酸化成分も豊富に含んでいます。

 

5.ヨーグルト

ヨーグルト

乳製品はカルシウムやその他栄養分を豊富に含んでいる健康に良い食材です。集中力や注意力が欠けている時にも素晴らしい効果があります。

チロンシンと呼ばれる抗酸化成分が、記憶力や注意力を改善する神経伝達物質の産生に役だちます。

 

6.パスタ

適切量のパスタは(食べ過ぎない)オフィスランチにぴったりです。午後の仕事をこなす十分なパワーを与えてくれます。

パスタには脳にグルコースを与える複合炭水化物が含まれています。これは認知機能がより良く働くサポートをします。

・食べ過ぎには注意しましょう。また、ソースやチーズにも気を使ってください。パスタは少量に抑えて、後は果物や野菜を食べましょう。

・そうすれば、お腹いっぱいになりすぎて眠たくなったりすることがありません。

 

7.ブルーベリー

ブルーベリー

この小さな果物にはとても多くの有効成分が含まれています。ブルーベリーには非常に多くの抗酸化成分が含まれており、脳内の酵素を活性化し記憶力や集中力を高めます

ヨーグルトに半カップのブルーベリーを入れてスナック代わりに食べましょう。ブルーベリーとヨーグルト、2つの有効成分を一気に摂る事が出来ます。

 

8.バナナ

バナナはとても美味しく、多くのレシピに使うことが出来ます。バナナにはカリウム、ビタミンC、マグネシウム、繊維が含まれています。

これらの成分から、バナナは脳機能(特に記憶力)にとても良い食べ物として知られています。

また集中力に関連する様々な神経伝達物質(ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニン)の産生に役立つビタミンBも含まれています。

 

9.鶏肉

鶏肉

集中するには、脳に十分なタンパク質が必要です。体に取り込まれるとチロシンと呼ばれるアミノ酸が放出されます。このアミノ酸は神経伝達物質あるドーパミンやノルアドレナリンを合成します。これらは頭をスッキリとクリアにし、回転を良くします。

鶏肉には良質のタンパク質が含まれています。グリルや燻製、焼いたりして食べましょう。週に2,3回は食べるようにしてください。

 

10.チョコレート

勉強や試験、難しいレポートを書く前にチョコレートを食べれば、良い結果を生み出します。

カカオが豊富に含まれているものを選ぶようにしましょう。

神経系やβエンドルフィン(食べた後に心地良さを感じるのはこれのせいです)を刺激し、食欲を満たし不安感を和らげます

ご紹介した食べ物を毎日の生活に取り入れて記憶力と集中力を改善しましょう。

あなたへおすすめ