セルライトの原因になる6つの食べ物

セルライトをなくすためには、バランスのとれた食事をとること、水を多く飲むこと、運動をすること、セルライト除去クリームを塗ることなどが必要です。色々なアドバイスがありますが、 どの食べ物がセルライトの原因になるのかを知っておくことが非常に重要です。

ここでは、セルライトが出来てしまうのを防ぐために、あるいは少なくともそれを減らすために、食事で避けた方がよい食べ物をご紹介します。

上白糖

上白糖は特に何も栄養がないので、今日多くの栄養士は有害なものだと考えています。 上白糖は「エンプティカロリー」という、セルライトや体重増加の原因になるものも含んでいます。 それはまたⅡ型糖尿病に発展するリスク要因でもあり、歯にもダメージを与えることにもなります。上白糖はまた血液を酸性化し、カルシウムなど体内のミネラルを除き、さらに歯や骨を弱くしてしまいます。

上白糖に代わる健康的な代替品をご紹介します。

  • 黒砂糖
  • ハチミツ
  • かんしょ糖
  • メープルシロップ
  • アガペシロップ
  • 穀物の蜜 (米、大麦など)
  • 自然なフルーツ シロップ(リンゴ、洋梨など)

精製塩、食塩

食事から食塩を減らすことは特に重要です。ただ塩化ナトリウムを含んでいるだけで、体液貯留や血行不良の原因になるからです。これはまた、セルライトにつながります。ミネラルや、少量ですが体に必要な微量元素を豊富に含む海塩やヒマラヤ岩塩を選ぶ方がずっと健康です。

体液貯留につながらないだけでなく、余分な水分の排出を促すその他の方法は、料理で海水を使用することです。ハーブ専門店や食品店、あるいはスーパーマーケットでも買うことが出来ます。海水はシチューやスープ、あるいはパスタを茹でたいときやお米を炊きたいときにもいつでも使えます。

揚げ物

揚げ物は脂肪が多く、ほとんどの場合は質の悪い脂分です。油を高温に熱すると、重要な臓器から離れた部分に蓄積してしまう有害物質を作りだしてしまいます。 グリル、蒸す、焼く、ソテー、中華鍋での調理をお勧めします。

アルコール飲料

アルコール飲料は直接的にセルライトの原因にはなりませんが、血管を収縮させてしまい、結果状況を悪化させてしまいます。アルコール飲料もまた体重の増加を引き起こしますが、栄養を与えない「エンプティカロリー」を含んでいます。体がそれを代謝すると、糖に変換されます。アルコール飲料はまた、体液貯留を促進し、ある特定の部分(太もも、腕、腹部、お尻)の脂肪 を増やしてしまいます。アルコール飲料を飲むよりも、ナチュラルなジュースや浸出液を飲むか、もしそれらが好きでなければ、水を飲むことをお勧めします。

加工食品

精製された小麦粉を使った食品は消化しにくく、またセルライトや肌荒れなどを起こす有害な物質を体内に蓄積してしまう原因になります。 また便秘の原因にもなってしまいます。 これが白いパン や小麦を避け、米やパスタなどの代わりに:全粒粉を選ぶのをお勧めする理由です。もし家でパスタを作るのであれば、全粒粉を使うこともできます。

一方、炭水化物を一日に多く摂りすぎないことが重要です。炭水化物はエネルギーを多く生み出し、もしそれを使わなければ、身体に戻ってしまいます。全粒粉やフルーツ、野菜、そしてタンパク質(動物性、または/あるいは 植物性)を毎日バランスよく摂取することが一番いいことです。

ジャンクフード

一般的にジャンクフード(菓子パン、ハンバーガー、フライドポテト、サンドイッチ、ソース、加工食品など)にはセルライトに最も悪いもののほとんどが含まれています。それらには健康に非常に有害な小麦粉、砂糖、精製塩、トランス脂肪酸が含まれています。 それらは動脈系の病気のリスクを増加させることがわかっています。これらのものを使用することで、体は必要な栄養を受け取れなくなるだけでなく、それらの悪い要素は「貯蔵庫」、つまり蓄積される脂肪やセルライトに直接的に送られてしまいます。

これらの食べ物は 空腹を満たすのとは逆に働きます。満腹だと感じるためには大変多くの量が必要です。そして使用されている塩や砂糖、人口調味料が原因で、一般的にはもっと食べたいと思わせる中毒効果を生んでしまいます。これが普通人を太らせ、セルライトの生成を促進してしまうのです。