ヘルシーなパンって一体どんなもの?

· 4月 7, 2017
穀物は、健康的でバランスのとれた食生活に欠かせないものです。 しかしダイエット中などは、パンや白米をはじめとする穀類を避ける人もいます。

栄養士によると健康的なパンを食べれば、ダイエット中でも私たちの体に欠かせない栄養素である食物繊維や炭水化物を摂取することができます。

本記事では私たちの体に良い「ヘルシーなパン」についてお話しします。

パンは体に悪いと考えられていますが、健康的な「ヘルシーなパン」を選べば、食物繊維、アミノ酸、ビタミン、そしてミネラルなどを体内に供給することができ、健康的な食生活を続けることができます。

こちらの記事もご参考に:そば粉と米粉を使ったグルテンフリーのパン:簡単で美味しいレシピ

パンを食べると太る?

「パンを食べると太る」という考え方がありますが、実はオレンジやリンゴなどの健康に良いとされる果物でも、必要以上に食べると血糖値が上昇し健康的だとは言えなくなります。パンについても同じことが言えます。

パンは、健康的なパンを適量を食べれば太るということはありません。それでは、健康的なパンとその適量とは一体どの位でしょうか?

世界保健機関によると、全粒粉で作られたパン100gならば約243カロリーで、バターやジャムなどをつけずに食べれば、健康的な食生活の一環として取り入れることができます。これに対して精製された小麦で作られたパン100gは、約290カロリーです。こちらは健康を考えるとお勧めできないパンの一つです。

詳しくご説明します。

お勧めのパンとお勧めできないパン

お勧めできないパンは、市販のスライスしてあるパンです。新鮮さを長期間保つために、脂質、糖分、添加物が多く含まれている不健康なパンです。次にご紹介する健康的なパンと比べると、食べる量を少なくした方が良いでしょう。

お勧めのパンは、全粒穀類で作られているパンです。原材料表示を見てみましょう。

  • ふすま:穀物の外側の部分(ブラン)です。ビタミンB、ミネラル、繊維が非常に多く含まれています。
  • 胚芽:新しい芽となる植物の一部です。ビタミンB、ミネラル、たんぱく質を含みます。
  • 胚乳:穀物の中側の部分で、たんぱく質や炭水化物を含みます。

こちらの記事もご参考に:美味しい手作りパンのレシピ

ヘルシーなパン

全粒粉パン

全粒穀類を原料にしたパンは、大腸ガンを予防する助けとなる不溶性繊維を含んでいます。

添加物をはじめとする余分な成分を含んでいないため、暗い色をしているのが特徴です。しかしパンの色に関係なく、パンを購入するときは必ず、材料をチェックすることを忘れないでください。

オーツ麦パン

オーツ麦の入ったパンは健康に良いだけでなく、その美味しい味が特徴です。

通常は小麦と配合されて作られていますので、口当たりが軽くパサパサしません。

オーツ麦のパンにはコレステロール値を下げる効果があると言われる水溶性繊維が含まれています。

ご存知ですか?:オーツ麦ダイエットで効果的に体重ダウン!

ライ麦パン

全粒粉のパンほど一般的ではありませんが、とても健康的なお勧めのパンがライ麦パンです。

独特の味がしますので、好みが分かれますし、簡単に手に入らないかもしれませんが、とても健康に良いパンです。

今回ご紹介したパンの中で、一番健康的だと言えるライ麦パンは、朝食に食べるのをお勧めします。

ライ麦パンに新鮮なオレンジを絞ったオレンジジュヘルシーなパンースを加えると、繊維、ビタミン、エネルギーをしっかりと体に取り入れることができます。

ライ麦パンは食物繊維、鉄、そしてビタミンBが豊富に含まれているとても健康的なパンです。

 

健康的で太らないパンとは?