健康的で太らないパンとは?

3月 6, 2018
食パンは炭水化物が多く含まれている食品なので、食べ過ぎに要注意です。

様々な料理に合うパンは、どのような食事にもパンを添えることで完璧になるという一面があります。また調理の時間を短縮できる手軽な食品です。

パンだけで食べても、他の食事と組み合わせても美味しいパンですが、どのタイプのパンが最も健康的かは、特に減量中には非常に興味があるトピックです。

パンは食べないと自分で決めたとき、または栄養士のアドバイスにより健康のためにパンを食べるのを止めるときは、普段のパンとは違う選択肢が必要になるでしょう。特に体重を増やさないようにする時や減量中には、どのようなパンが減量に効果的かを探したり、栄養士に質問することをお勧めします。

栄養素と成分

小麦粉

 

パンは食品ピラピッドに含まれる栄養素をいくつか含む食品なので、栄養士が適度な量のパンを食べるようにアドバイスするは一般的なことです。種類を選べば、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれるパンもたくさんあります

パンの基本成分は小麦粉、水、酵母、塩で、その他の成分はパンの種類によって異なります。市場にはさまざまな種類のパンがありますが、パンには、炭水化物、繊維、ビタミンB3、ビタミンE、カルシウムや鉄など、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれています。

世界保健機関(WHO)の栄養士もパンを推奨しています。これは、パンに含まれる2つの基本成分である食物繊維と炭水化物が私たちの体に必要な栄養素だからであり、私たちの健康には、適量の炭水化物を摂取して栄養バランスを維持することが不可欠だからです。

こちらの記事でさらに詳しく:痩せないのはこのせいだった!間違いがちな朝の習慣6つ

食物繊維

食物繊維

パンを食べるメリットの一つが、食物繊維の補給です。

食物繊維は腸内機能を改善・調節し、コレステロール値を低下させる重要な栄養素です。また炭水化物からのカロリー摂取量の50%は、私たちが1日必要な量であり、パンを食べることで、体内に炭水化物を提供します。

パンを食べると本当に太るのでしょうか?

パンを詳しく分析すると、精製された小麦粉から作られるパンには体重を減らすための成分がまったく含まれていないことがわかります。例えば、パンには、グルテン、デンプン、および小麦粉が含まれていますが、体重増加には個人差があります。

30グラムのパン一切れは約80カロリーなので、常に適量を摂取すべきです。パンを大量に摂取すると、炭水化物とカロリーの摂取量が、推奨量を超えてしまい、最終的には人々を太らせる不健全な食品となります。

理想的としては、食事の中から必要な栄養素やカロリーを得るために、小麦粉以外の炭水化物を消費することをお勧めします。またパンを食べ過ぎて1日の摂取カロリーを超えてしまった場合は、運動をしてもこの過剰なカロリーを燃焼するのに効果を発揮しません。

こちらの記事もご参考に:乳製品、小麦粉、砂糖を使わずに作れるエナジー朝食

健康なパンとは?

ピタパン

 

様々な種類のパンがありますが、その中でも有名なのが、食パンのような白いパン、フランスパン、小麦粉で作られた菓子パンや調理パン、そしてケーキや焼き菓子です。これらは小麦粉を材料にしていますが、健康に良いパンとなると精製された小麦粉以外の材料で作られたパンをお勧めします。

  • オートミールパン:非常に健康的で軽い食感のパンです。食物繊維が多く含まれているこのパンは、コレステロールを減らしながら、カロリーの摂取を最小限に抑えるのに役立ちます。
  • マルチグレインパン:ビタミンとミネラルの含有量が高いこの種類のパンは、筋肉の働きを最適化する働きのある食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエットに最適です。
  • 全粒穀物パン:精製された小麦粉から作る白いパンと違い、この種類のパンは全粒粉を原料にしています。カロリーが低く、私たちの健康に多くの効果をもたらすお勧めのパンです。
  • ライ麦パン:最も健康的で、低脂肪のパンです。
  • 不健康なパン:サンドイッチなどに使われる食パンやケーキなどの菓子類は最も不健康なパンと言われています。また、化学物質や添加物などの人工成分が含まれているため、長期保存が可能ですが、本来パンが私たちの体に供給する栄養価が排除された高脂肪の食品です。
あなたへおすすめ