今すぐ試したい! 減量効果抜群の朝食5選

8月 11, 2018
朝食は1日のうちでも最も大切な食事の一つで、ダイエット中には特に注意を払う必要があります。本記事では、減量効果を発揮しながら健康を維持する朝食をご紹介します。

私たちの体を目覚めさせるのに必要なエネルギーを供給する朝食は、1日の中で最も重要な食事といっても過言ではありません。

朝食の大切さは知っていても、減量効果を発揮する朝食があるのをご存知でしたか?朝食に食べる食品の組み合わせが減量効果を高める鍵となります。

1日の間に消費するカロリーの25%~35%のカロリーを朝食として摂取するのが理想的です。運動量によっても個人差がありますが、一般的な成人で、1日2000カロリー程度摂取する場合は、朝食は 400 から450カロリー程度が理想的です。

米国のミズーリ大学で行われた研究の結果、朝食をしっかりと食べることでグレリンホルモンが増加し、満腹感を与える効果のある脳内の化学物質が上昇するため、その後の食べ過ぎを抑制することがわかりました。

つまり健康的でバランスのとれた朝食を食べることで、健康維持効果だけでなく、理想の体重を維持する効果があります。ただし、何を食べてもいいわけではなく、必ず栄養価の高い健康的な食品を摂取することが重要です。

減量効果のあるオススメ朝食

減量効果のある朝食には以下の栄養素が欠かせません:

  • 健康的な脂質 0~15g
  • 食物繊維 25g
  • タンパク質 13〜20g

また、専門家は、朝食にはビタミン、ミネラル、そしてある特定の炭水化物が必要だと推奨しています。これらの推奨事項に基づく朝食におすすめの食品を5つご紹介します。

1.オートミール

朝一番の食事にオートミールを食べるのは、非常に健康的で、理想の体型維持や体型の改善に高い効果を発揮します。

低カロリーの穀類であるオートミールには、ビタミンB、ミネラル、不飽和脂肪が豊富に含まれているため、私たちの体に必要なエネルギーを供給することで、心身の健康と活力を一日中維持する原動力となります。

またオートミールの25%は、筋肉の形成に不可欠なタンパク質で構成されており、コレステロール値を低下させながら満腹感を与える食物繊維を体内へ供給します。

さらに、血糖値を低下させて正常に保ちながら、腸内の毒素や動脈内の脂質を体外へと排出するクレンズ効果もあります。

2.卵

卵にはビタミン、ミネラル、そしてタンパク質が豊富に含まれているため、体内に多くのエネルギーを供給しながら、満腹感を持続させることで、過剰な空腹感を予防します。

バランスのとれた健康的な朝食に欠かせない卵は、筋肉量を維持しながら減量効果を向上させます。

朝食

さらに卵にはコリンと呼ばれる、脳の活動を刺激しながら、心血管機能を改善する栄養素が含まれているため、東フィンランド大学が「アルツハイマーを予防する効果がある食品の一つ」として紹介しました。

3.コーヒー

1日の最初、つまり朝コーヒーを飲むと、記憶力、気分、そして集中力が向上するなど、脳の機能に多くの効果をもたらします。

大量に含まれているカフェインの効果で、体脂肪組織を減少させる働きのある神経系機能を促進するため、減量に効果的な飲み物とされています。適量を守って効果的に活用してください。

こちらもお読みください:コーヒーは一日何杯まで飲んでいい?

4.緑茶

緑茶

低カロリードリンクとしても人気の緑茶は、朝食時に飲むのが理想的です。

緑茶には、心臓を保護しながら代謝を促進し、脂肪を燃やす効果のある抗酸化物質である、エピガロカテキンガレートが含まれています。

ヨーロッパの栄養ジャーナルに掲載された論文によると、1日2杯以上の緑茶を飲む人は体脂肪と腹部の脂肪が少ないということが明らかになりました。

こちらもお読みください:お茶が減量に効果があるってホント?

5.ドライフルーツ

ドライフルーツは、ミネラル、健康的な脂質、タンパク質、そして食物繊維を豊富に含む抗酸化物質で、血液中のコレステロール値を正常に保ちながらエネルギーを供給します。

ドライフルーツの効能は空腹感を満たすことですが、高カロリーの食品なので、1日15~20g程度を摂取してください。

  • Bauer, L. B., Reynolds, L. J., Douglas, S. M., Kearney, M. L., Hoertel, H. A., Shafer, R. S., … Leidy, H. J. (2015). A pilot study examining the effects of consuming a high-protein vs normal-protein breakfast on free-living glycemic control in overweight/obese “breakfast skipping” adolescents. International Journal of Obesity. https://doi.org/10.1038/ijo.2015.101
  • El Khoury, D., Cuda, C., Luhovyy, B. L., & Anderson, G. H. (2012). Beta glucan: Health benefits in obesity and metabolic syndrome. Journal of Nutrition and Metabolism. https://doi.org/10.1155/2012/851362
  • Butt, M. S., Tahir-Nadeem, M., Khan, M. K. I., Shabir, R., & Butt, M. S. (2008). Oat: Unique among the cereals. European Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1007/s00394-008-0698-7
  • Ylilauri, M. P. T., Voutilainen, S., Lönnroos, E., Mursu, J., Virtanen, H. E. K., Koskinen, T. T., … Virtanen, J. K. (2017). Association of dietary cholesterol and egg intakes with the risk of incident dementia or Alzheimer disease: The Kuopio Ischaemic Heart Disease Risk Factor Study. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.3945/ajcn.116.146753
  • Ryan, L., Hatfield, C., & Hofstetter, M. (2002). Caffeine reduces time-of-day effects on memory performance in older adults. Psychological Science. https://doi.org/10.1111/1467-9280.00412
  • Chacko, S. M., Thambi, P. T., Kuttan, R., & Nishigaki, I. (2010). Beneficial effects of green tea: A literature review. Chinese Medicine. https://doi.org/10.1186/1749-8546-5-13