オレンジジュースを飲むメリット

7月 24, 2015

オレンジジュースには、ジュースになることでオレンジの成分がより濃縮されており、それによって果物のオレンジよりも体に良い効果を多くもたらすので、数多くのメリットがあると言えます。

オレンジジュースの性質

消化管

オレンジジュースは胃に効く性質を数多く持っていることが証明されています。胃の機能を調整する能力があり、以下のような臓器機能における合併症を防いでいます。

  • 胃炎や胃・十二指腸の潰瘍:オレンジジュースは過剰な胸焼けを緩和するためにとても効果的です。ジュースは食事と食事の間に飲むのが良く、ジュースだけで他の食べ物と一緒に取らないようにしてください。これが最も効果的な飲み方です。
  • 肝臓:食事と食事の間にオレンジジュースだけで飲むことは、肝臓にとってもとても役立ちます。消化不良、膨張、食べ物の発酵を防いでくれます。
  • 胆のう機能不全:このジュースは胆汁をより多く作り出すために役立ちます。そのため、胆汁性肝硬変に苦しむ人にとっては、とても役にたつと考えられています。
  • 下痢や便秘:下痢や便秘の最中に、腸には大きな負担がかかっていることはよく知られています。そのため、腸の機能を調整し安定させるこのジュースを飲むことが推奨されています。
  • 食べ物の摂取:同様に、消化不良によって引き起こされる問題を、大きく改善するために役立つことができます。このジュースには、これらの問題を引き起こすことのある腸内の残留物を除去する能力があります。

尿道

オレンジジュースには、すばらしいアルカリ化作用があり、これは血液を浄化するためにとても重要です。これにより、酸が分解されることで、酸が腎臓内に留まったり、腎臓結石ができたりするのを防いでくれます。

代謝

尿酸は、腎臓結石の最大の原因です。オレンジジュースはこれをアルカリ化することに加えて、その代謝にも大きな影響を与えます。

さらに、オレンジジュースを飲むことによって、以下の病気に悩む人たちの役に立ちます。

痛風や関節痛:

尿酸は、痛風や関節痛の人々の関節に堆積し、とても強い痛みを引き起こします。オレンジジュースは、この酸をアルカリ化し、その値を下げ、これらの病気にかかった人たちの健康状態を大きく改善します。

糖尿病

オレンジジュースは、その果物にはほとんど砂糖が含まれず、また利尿作用があるため、糖尿病の患者さんたちにもオススメです。これによって、血糖値を調整することができ、また、ビタミンCが多く含まれるため、2型糖尿病の人たちに効果があり、感染症、治癒力の低下、視力の低下など、その病気が身体にもたらす影響から身体を守ってくれます。

インフルエンザに効くオレンジジュース

 

influenza
オレンジジュースには、大量のビタミンCが含まれるため、インフルエンザのようなある種の病気からの回復を早めるためにとても効果的です。インフルエンザを予防することができ、回復を早め、ほとんどの症状を防ぐこともできます。呼吸器疾患に苦しむ人たち、アレルギーを持つ人たちにもとても役立ちますし、咳き込みにも効きます。

オレンジジュースが老化を遅らせる

オレンジジュースに含まれるビタミンCには、素晴らしい抗酸化作用があります。これによって、オレンジジュースは、身体の老化を引き起こす体内のフリーラジカルの有害な作用に対してとても効果的です。たくさんのオレンジジュースを飲むことは、時間を重ねて人々の身体に起きる多くの痛みを予防したり、最低でも遅らせたりすることができます。具体的には以下のような症状に効果があります。

  • 動脈硬化オレンジジュースは血液の循環を向上させるために、とても大切です。強力な抗酸化作用と抗血小板作用のおかげで、オレンジジュースには、循環を良くしたり、動脈における血栓の形成を妨げたり、動脈硬化を予防したりする効果があります。
  • 高血圧:健康な血圧は良い血流によって可能になるもので、血流が良くなることによって、高血圧による問題を防いでくれます。
  • 聴覚消失:ビタミンCは聴覚消失を防ぐためにとても役立つことが証明されています。
  • 失明適切なビタミンCの摂取は、失明と白内障などの関連する病気を予防するのに役立ちます。
  • がん:このビタミンに対して行われた膨大な研究によって、強力な抗酸化物質であることにより、がんの発生を抑える能力があることが証明されました。オレンジジュースをたくさん飲むことは、がんの発生リスクを減らすことが示されたのです。
あなたへおすすめ