オレンジの知られざる効用

6月 26, 2016
食事とは別に食べたほうが、オレンジの効果をより効果的に利用できること、知らない人もいるのでは? 特に朝食の前に食べると、エネルギー源となって効果的。

オレンジに抗鬱作用と抗がん作用があること、デザートとしてや、夜食べるのは良くないこと、皮も食べた方が良いこと…、あなたは知ってた?

ここではオレンジのあまり知られていない効果や事実をご紹介。家で簡単にできる美味しい健康オレンジドリンクのレシピもあり。

オレンジ

オレンジは、ビタミンA、B、Cや、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウムといったミネラルが豊富なのが特徴。その栄養価の高さのおかげで、免疫力を高めて様々な病気を予防するのに最適な食材。

また抗酸化力も高く、体の内外両方の老化防止に効果的で、肝臓、腎臓、腸をきれいにするデトックスにも最適。

さらに、血液循環を改善し、血圧を調節して中性脂肪も下げてくれるため、心臓血管系の病気を予防するのにも効果が

抗鬱効果

Depresion

オレンジの効果の中でも特にあまり知られていないのが抗鬱効果。実はこれはその他の柑橘類全体に共通している特徴。オレンジを食べたり香りをかぐと、うつ症状、不安感、イライラや攻撃的な態度などに効果が。

オレンジは活力を与えて気持ちを晴れさせる果物で、私たちの食生活に欠かせたくない食材。

喘息に

喘息やその他の呼吸器系のトラブルは、オレンジを使った浄化ドリンクで大きく改善。搾りたてのフレッシュオレンジジュースを少なくとも10日間飲んでみて。オレンジには痰をまとめて吐き出すのを助ける働きが。

乳がんに

有機栽培のオレンジを一定量食べると、乳がんのリスクを下げる、または乳がんの症状を改善するという研究が

妊娠中の人に

オレンジは妊娠中の女性にうれしい食べ物。特にすっきりしたものや酸っぱいものが食べたい時に最適。オレンジには、妊娠中には欠かせないビタミンBの一つ、葉酸が豊富に含まれているから。

ただし、胃酸の出すぎに悩む人は避けて。

食事と一緒に食べない

Jugo-de-naranja-500x375

食事の後のデザートに果物を食べる時には、オレンジもポピュラーなもの。地域によってはシナモンとハチミツをかけて食べるところも。

しかし、オレンジは食事とは別に食べたほうがずっと効果的。というのも、別の食べ物を食べた後にオレンジを食べると、その酸性と糖分が発酵作用を引き起こし、消化不良、胃酸の出すぎやガスがたまるなどの症状が出ることがあるから。

一方で、活力剤としての効果があるせいで、夜に食べるのにも不向き。オレンジを食べるのに最適なのは、朝食を食べる前の空腹時。

皮も食べられる?

Naranja

皮は、オレンジの中で一番抗酸化力のある部分。オレンジの皮にはフラボノイドが豊富に含まれていて、これががん、特に皮膚がんや乳がんの予防に効果的で、心臓血管系の病気のリスクを下げる効果もあり。

また、ビタミンCも実より皮に多く含まれている成分。ビタミンCには浄化作用、利尿作用、リラクゼーション効果や消化を助ける作用も。

オレンジの皮を擦ったものは、そのままでも、乾燥させたり冷凍して使ってもOK。サラダ、ソース、デザート、スムージー、お茶など、様々な料理の香りづけに使って。

ただし、オーガニックのオレンジを使うことを忘れずに。そうでないものは皮に農薬が残っており、体に有害な化学物質も一緒に食べてしまう結果に。

健康オレンジドリンク

健康に良く、簡単ですっきりした味わいのオレンジドリンクを試してみて。

材料4人分

  • 良く洗ったオレンジ2~3個
  • 水300ml
  • ショウガお好みで
  • はちみつお好みで

作り方

  • オレンジを4つに切って、その他の材料と一緒にミキサーに入れる。
  • ミキサーで1分間よく混ぜる。
  • 出来たら濾して、氷を入れるか冷蔵庫に入れて冷やす。

 

あなたへおすすめ