パセリが持つ体に良い5つの効果

6月 23, 2017
パセリにはビタミンとミネラルが豊富に含まれています。ここではパセリが持つ体に良い5つの効果をお伝えしていきます。

パセリは、強い香りを持ったハーブの一種です。もともと地中海原産ですが、東側のエリアでも広く親しまれてきました。現代ではどこの国のキッチンでもみられるハーブです。

強い香りが特徴のパセリは、セロリやディル、コリアンダー、にんじんと同じ植物族に所属します。

お茶やサラダ、ソースに入れたり米料理や肉料理に使うなど、幅広く料理に使えます。その風味は非常に独特なものです。

あまり今まで馴染みのない方も、これからは少しずつ料理に足してみてください。

 

1.骨の健康維持に役立つ

知らない方も多いかも知れませんが、ビタミンKの欠乏は骨を弱くする原因となります。

リン、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB複合体を十分に摂取することも大切だということは周知の事実です。しかしビタミンKを進んで食事に取り入れようと考えたことがありますか?

毎日パセリを食べていれば、十分な量のビタミンKを摂取することが出来ます。これが骨の健康を維持、改善することにつながります。これはビタミンKが骨を構築するためのタンパク質修飾物質として働くためです。

同時にカルシウムの吸収を促し、尿から排出される量を減少させます。

パセリは新鮮で自然の物を選ぶことが大切です。今日からパセリを魚料理や野菜料理、ジュースなどに入れて積極的に体に取れて行きましょう。

 

2.血糖値のバランスを整える

パセリはミリセチンというフラボノイドの一種が豊富に含まれており、これが血糖値のバランスを整える働きをします。

またインシュリン抵抗性をやわらげる働きや抗炎症作用があり、血中の脂質の量を調整することに役立ちます。

これらの有効成分の働きで、糖尿病を遠ざけるだけでなく、動脈内の炎症を抑えることで心臓血管の健康を維持することが出来ます。

食後にパセリとレモンのお茶を飲んでみてください!

 

3.腎臓の健康をサポートする

パセリは腎臓の健康をサポートする働きがあります。

利尿作用があり腎臓機能を活性化してくれるので、腎臓は体内のデトックスや浄化をするという重要な働きをこなすことが出来るのです。

またカリウムがたくさん含まれているので、高血圧にも効果があります。

ですが、パセリはシュウ酸を多く含んでいるので、もし腎臓結石がある方は毎日食べることは避けた方が良いでしょう。

 

4.貧血や疲労感を改善する

貧血や慢性的なストレスによる疲労感に悩んでいる人にはパセリは最適な食材です。

パセリはビタミンAやビタミンB複合体(B1,B2,B3,B5,B6,そしてB9)葉酸、ビタミンKを豊富に含んでいます。また、カリウム、カルシウム、亜鉛、リン、鉄分、マグネシウムも多く含まれています。

生で食べるのが一番効果的だという事を覚えていてください。

 

5.免疫システムを強化する

ビタミンのサプリメントを探す必要などありません。ビタミン豊富な自然食品を新鮮なまま食べるのが最も簡単で効果的です。

パセリはキッチンに常備しておきましょう。豊富に含まれるビタミンCが免疫システムを強化してくれます。

パセリにはアピゲニンと呼ばれる化合物も含まれています。十分な研究はなされていませんが、この化合物は癌と闘うサポートをしてくれると言われています

またパセリには、バクテリアや感染と闘う強力な抗酸化作用があります。

サラダやスープ、ソースにパセリを加えください。少しずつその有効成分を取り入れていきましょう!

 

毎日の食事にパセリを加える方法

・パセリキャセロールを作る

・サラダのドレッシングに使う

・スープに加える

・魚料理に加える

・ピザソースなどに入れたり、その他のソースに加える

・パセリティー

・フルーツスムージーに入れる

このように様々な方法で簡単に取り入れることが出来ます。

しかし、腎臓結石がある方や、妊娠中の方はあまり摂りすぎないよう注意しましょう!

 

 

 

あなたへおすすめ