キュウリで体液貯留を防ぐ方法

4月 30, 2017

体液は通常、血液から体の組織に流出します。リンパ系とは体中に張りめぐられた導管ネットワークのことです。体液(リンパ)は体組織から排出され、また血液内に流れ込んでいきます。  体液貯留(むくみ)は体組織から排出されなかった液体によって起こります。

大きく2種類の体液貯留があります。一つは一般的なむくみで、体全体に炎症があるときに起こります。もう一つが局所むくみで、体の特定の部分に影響を受けたときに起こります。 キュウリで体液貯留をどうやって防ぐのか、その方法を見ていきましょう。

原因は様々ありますが、その中には熱、塩分の摂りすぎ、月経周期に関連するホルモンバランスへの身体の反応などが含まれます。しかし、医師に相談するのがお勧めで、最も大事なのは、自分で治療しないことです。むくみは心臓や腎臓、肝臓などに関係する深刻な病気の予兆である可能性もあります。

 

体液貯留の症状

体液貯留の症状には下記のようなものが考えられます:

  • 影響を受けている体の部分の腫れ
  • 脚、足首、手のむくみ
  • 影響を受けている部分に痛みがある
  • 関節が固まったように感じる
  • 数日あるいは数週間での急激な体重増加
  • 大きな体重変動
  • 肌を押すと、手を離しても数秒間へこみが残る(圧痕浮腫)
  • 肌を触ったときに出血する(非圧痕浮腫)

体液貯留にキュウリを使う

キュウリは皮を含んで大体45カロリーしかありません。炭酸水やエナジードリンクの代わりとして、キュウリスライスを入れた水をコップ一杯飲むのが非常に効果的です。これにより1日150カロリーほどカロリー摂取を減らせる可能性があります。キュウリは水の中に入れるとすぐに、その栄養が溶けだし始めます。キュウリはカロリーは低いですが水分が豊富で、体液貯留を防ぐのに完璧な食べ物です。キュウリはこのように水の風味づけとして利用でき、体内に余分な水分が溜まるのを防ぎます。

キュウリ水はまた 利尿効果があり、それにより体液貯留を防ぐことが出来ます。 これが最も一般的な体重増加の原因です。しかし、キュウリにはまたビタミンCも含まれるので、 免疫力の低下、心血管疾患、出産前の健康問題、目の疾患、あるいは肌のしわさえも防ぐことができます: ビタミンKは、血液凝固を防ぎ、骨を強く保ちます; ビタミンAは、目、健康的な免疫システム、細胞の成長に重要な要素です; カリウムは、コレステロールを減らし高血圧を抑えます; 鉄分は、血液細胞に酸素を届けます; カルシウムは、の成長を促します; その他たくさんの栄養が含まれています。

もちろん、これらの栄養素の量は、どれだけ水の中に入れたかによります; 使用するキュウリが多ければ多いほど、より多くの栄養を摂取することができます。2リットルの水に対して1本のキュウリを使用して、体液貯留を予防してください。1日にこの2リットルを飲むのがお勧めです。

水を持ち歩くのも、体内から有害物質を除去するのに効果的な方法です。キュウリ水は多くの食物繊維を含んでおり、消化を促したり、食欲を抑えることが出来ます。 消化がよいと、 体重 の減少にも効果的です。

 

あなたへおすすめ