お腹の張りの対処法

· 3月 28, 2017
お腹の張りやガス、消化不良にお悩みなら、この記事はあなたにぴったりです。あらゆる消化不良に効く、素晴らしい自然療法をご紹介します。

約16~30%の人が定期的にお腹の張りに悩まされていると言われていますが、そういった人々に共通しているのは、食べ過ぎてしまう習慣によって、お腹の張りが起こります。

腹部膨満感(お腹の張り)はよくある症状で、たいていは不健康な食生活や、消化不良、体調不良などが原因です。

この症状は、炎症に加えて、おなら、便秘、下痢、胸やけなどの不快感を伴うことがあります。

しかし、こういった症状は人によって異なり、何が原因かによっても変わるものです。

こちらも参考にして下さい:胸やけを治す3つの方法

幸い、お腹の張りは食べ物の特性によって自然に対処することができます。ここでご紹介するものの中には、簡単に手に入れることのできる食材もあります。

この記事では様々な民間療法をご紹介しますので、不快なサインが表れる前にぜひ試してみてください。

お腹の張りにはプロバイオティクス

お腹の張りにはプロバイオティクス

腸内の細菌はガスを生み出します。お腹が張ったときに最も明らかな症状の一つです。

プロバイオティクスの入った食品には、腸内に善玉菌を増やしてくれるはたらきがあり、ガスの発生を抑えることができます。

ただし、ひとつ知っておかなければいけないのは、プロバイオティクスの効果には即効性がないということです。

定期的に摂取しても、効果が表れるのは何週間か経ってからです。

プロバイオティクスは以下のような食品に含まれています

  • ケフィア
  • ナチュラルヨーグルト
  • ダークチョコレート
  • 漬物
  • 味噌汁

また、薬局でもプロバイオティクスのサプリなどが販売されています。

クローバー

クローバーから抽出されるエキスには、消化を助け、しつこい腹部の炎症を抑える性質があります。

適量を摂取することで、腹部の張りや、痛み、胸やけを鎮めることができます。

取り入れ方

  • グラス1杯の常温の水に、10から15滴のクローバーエキスを加えます。
  • 朝に飲んでください。

シナモン

お腹の張りにはシナモン

シナモンも、消化を促し、お腹の張りを抑える成分を持つスパイスです。痙攣や炎症を抑える特性があり、すぐにお腹の張りを鎮めてくれます。

取り入れ方

  • シナモンティーを作り、1日に2回飲みましょう。
  • シェイクや飲み物に小さじ1のシナモンを加えましょう。

りんご酢

胃痛の原因がpHバランスの乱れである場合は、りんご酢を用いて対処することができます。

りんご酢はアルカリ性食品で、血中の余分な酸を減少させ、炎症が手に負えなくなるのを防ぎます。

また、りんご酢には消化を助ける強壮剤としてのはたらきもあり、重い食事の後でも消化が停滞しないようにしてくれます。

材料

  • オーガニックのりんご酢 大さじ1
  • 水 1カップ

取り入れ方

  • 常温の水にりんご酢を加えます。
  • 毎食後に飲みましょう。

カモミールティー

お腹の張りにはカモミール

胃腸のトラブルには、カモミールティーがとても良く効きます。カモミールには抗炎症性、鎮痙性、そして消化に良い特性があるからです。

お茶にして飲むことで、お腹の張り、炎症、ガスを鎮めてくれます。

材料

  • カモミールの花 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 水を火にかけ、沸騰したらカモミールの花を加えます。
  • 花は浸しておきましょう。
  • 飲むのは1日に3杯までにしましょう。

パパイヤ

パパイヤには、パパインという消化を助ける酵素が含まれています。

また、パパイヤには食物繊維も豊富なため、お腹をサイズダウンしたり、お腹の張りの症状を抑えたりするのに最適な食べ物のひとつであると言えます。

取り入れ方

  • そのまま食べるか、スムージーやサラダに入れて摂取します。
  • 熟れたものを選びましょう。

レモンウォーター

お腹の張りにはレモン水

朝ごはんに常温の水をレモンと一緒に飲むことで、消化の調子が整い、新陳代謝にも効果があります。

レモンはアルカリ性食品で、胃の酸性レベルを低下させて炎症や胸やけを防ぎます。

また、レモンには食べ物の消化に不可欠な食物繊維もたくさん含まれています。

アニス

アニスティーには鎮痙作用や、ガスを抑える特徴があり、お腹の張りを鎮めてくれるはたらきがあります。

お腹の張りや、腹痛にもおすすめの療法です。

材料

  • アニス 小さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • アニスをお湯に加えます。
  • 10分間ほど蒸らしてから飲みましょう。

ミント

Mint tea

ミントの葉やエッセンシャルオイルは、とても頼れる味方です。よく起こりがちな胃痛や腹痛に効果的です。

ミントのエッセンオイルには、ガスを抑える効果や、抗酸化作用、解毒作用などの特性があります。腸に溜まったガスや老廃物を出してくれるはたらきもあります。

こちらの記事もお勧めです:体内にガスが溜まっていると起こる事

材料

  • ミントの葉 小さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 水を火にかけ、沸騰したらミントの葉を加えます。
  • 8分間ほど蒸らし、毎食後に飲みましょう。

バナナ

バナナは食物繊維と抗酸化作用を含んだナチュラルな栄養源で、ガスを鎮めてくれる他に、胃酸過多や炎症を抑えてくれます。

取り入れ方

  • 消化の調子が悪くなり始めたら食べましょう。
  • また、スムージーやデザートに加えて食べましょう。

このように、お腹の張りから解放してくれるナチュラルな方法はたくさんあります。好みのものを選んで、調子が悪くなったら取り入れてみてくださいね。

  • Hungin, A. P. S., Mitchell, C. R., Whorwell, P., Mulligan, C., Cole, O., Agréus, L., … de Wit, N. (2018). Systematic review: probiotics in the management of lower gastrointestinal symptoms – an updated evidence-based international consensus. Alimentary Pharmacology and Therapeutics. https://doi.org/10.1111/apt.14539
  • Budak, N. H., Kumbul Doguc, D., Savas, C. M., Seydim, A. C., Kok Tas, T., Ciris, M. I., & Guzel-Seydim, Z. B. (2011). Effects of apple cider vinegars produced with different techniques on blood lipids in high-cholesterol-fed rats. Journal of Agricultural and Food Chemistry. https://doi.org/10.1021/jf104912h
  • Agah, S., Taleb, A., Moeini, R., Gorji, N., Nikbakht, H., & Soltani-Kermanshahi, M. (2015). Chamomile efficacy in patients of the irritable bowel syndrome. Der Pharma Chemica.