体内にガスが溜まっていると起こる事

· 9月 11, 2018
体内にガスが溜まっていることで、私たちの健康に悪い影響があります。ガスを適切に排出していないと私たちの体にどんなことが起こってしまうのでしょうか。

体に溜まったガスを排出することは、恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。特に、周りに人がいる場合は、恥ずかしさのあまり、なんとかガスを出さないようにしてしまうかもしれません。

排尿、排泄、嘔吐など排出に関する全ての行為は、好ましいものではなく、イメージもあまり良くありません。でも、これらのことは全て自然なことなのです。

体内にガスが溜まることによる健康被害はあまり知られていません。これによる健康への影響は、体の中にガスが溜まっている状態がどれほど頻繁に起こっているかによって異なります。それが頻繁であるほど、より深刻な影響があります。

体内にガスが溜まっている状態が健康に悪い理由

お腹を抑える女性2

鼓腸(胃腸内にガスがたまること)は、食べ物や空気、また消化中に発生した細菌などによって起こります。健康被害を防ぐためには、ガスを排出する必要があります。ガスの排出が正常に行われないと以下のような症状に繋がります。

・腹痛

・悪臭

・胃痛

腹膜炎(深刻な場合)

・腹部の炎症

放屁は生理現象であり、1日に14〜18回は行うべきです。特に、繊維やガスを多く含む食べ物や飲み物を飲むと、さらに体内のガスが増えます。

健康上の問題

医師によると、鼓腸の状態で私たちの健康状態を判断できるそうです。消化器系の健康状態を悪臭(それを引き起こす成分)とガスが放出された量からそれを見極めることが出来ます。

すでに健康被害がある場合は、ガスを体内に留めておくことでさらに悪化することがあります。

ガスが溜まっていると症状を正しく認識できなくなることもあります。例えば、腹痛や腹部の腫れの原因となりうる病気は数え切れないほどあります。もし、体内にガスが溜まっていると、それらの症状の原因を判断するのが余計に難しくなります。体内のガスが引き起こす症状は以下の通りです。

・体温の変化

・皮膚の発疹

・血便

・体重の減少

・下痢

疲労

症状を認識して、病気を特定するために必要な検査を行うために、すぐに病院に行くことが重要です。それに加えて、いくつかの方法でガスが体内に留まるのを防ぐことができます。

鼓腸を防ぐ方法

1、食事に気をつける

野菜

全ての食べ物は、体内で消化されるとガスを産出します。しかし、食べ物によっては、ガスの量が多く、大腸の働きを困難にするものがあります。

あなたの食事からそれらの食材を取り除くのではなく、日頃から体内のガスが気になるという方は、摂取する量を減らすようにしてください。

まず、牛乳、チーズ、バター、アイスクリームなどの乳製品の消費量を減らしましょう。特定の野菜、果物、豆類などの消費量も減らした方が良いでしょう。

・キャベツ

・きゅうり

・コーン

・ブロッコリー

・玉ねぎ

・大根

・カリフラワー

・レーズン

・プルーン

・豆、えんどう豆、レンズ豆

食事以外にも、消化を助け、ガスが過度に溜まることを防ぐ方法があります。

この記事もお読みください:

敏感な胃腸に優しい10種類の食材

2、食べ過ぎない

過食はガスの生産を増加させます。特に脂肪の多い食べ物、ジャンクフード、小麦の含有量が多い食べ物、牛乳、豆類などの消費量に気をつけてください。

3、ソフトドリンクを避ける

アイスコーヒー

ソフトドリンクやビールなどの飲み物にはガスがたくさん含まれています。このガスは胃に直接向かい、膨らませて、ガスを発生させます。飲みすぎないようにすることと、ガスの量が増えてしまうためストローを使わないで飲むようにしてください。

4、たくさん噛んで食べる

食べながら話をしないことがベストです。食事をする時にたくさん話したり、たくさん飲み物を飲んだりするとより多くの空気を吸い込むことになります。そうすると不快感を感じてしまい、満腹感を得られ無くなります。

5、夜に冷たい飲み物を飲まない

冷たい飲み物

冷たい飲み物は胃を冷やします。温かい、またはぬるい飲み物を飲んで夜を過ごすのがおすすめです。

あなたの体の声に耳を傾けることはとても大切です。ガスを排出するのは自然なことです。周りの人に配慮をすることは大切ですが、体の自然な働きを妨げないようにしてください。

この記事もお読みください:

胃腸に溜まったガスに効果的な5つのお茶