疲れを招く5つの食べ物

あなたを疲れやすくさせる、また疲れて見えさせる食事や飲み物がある事を知っていますか? いったいそれがどういったものなのかご紹介していきます。

最近のあなたの見た目はどうでしょう? 「最近疲れて見える」と誰かに言われた、もしくは自分でそう思ったりしますか? 健康的な食事を摂っていますか?

知らない間に自分自身の美しさを衰えさせているのかもしれません。

働きすぎだとか睡眠不足のせいだと思ってはいませんか? 実は食事や飲み物があなたの見た目に影響する主なものなのです。

ここでは疲れを招く5つの食べ物をご紹介します。

これらの食べ物を少なくとも1つは完全に排除して、美しい見た目を取り戻しましょう!

1.揚げ物

揚げ物はあなたの見た目に悪影響を及ぼす食べ物の1つです。しかも運の悪いことに身近にありすぎて、手が伸びやすい食べ物でもあります。

映画館のポップコーンからお母さんの手作り唐揚げまで、揚げ物は常に身近にあります。

どの揚げ物にもトランス脂肪と油が含まれており、一度取りいれると体内の動きを低下させてしまいます。

そうなると今度はその食べ物を消化するため、更にエネルギーを取りいれる必要があります。

また揚げ物の摂取は、動脈閉塞や肥満の最大の原因でもあります。ベジタブルオイルを摂り過ぎると顔の見た目にも影響します。

・お肌のコラーゲンを分解します。

・水分をたくさんとっていたとしても、乾燥させてしまいます。

・ニキビやブラックヘッドの原因となります。

 

2.コーヒー

コーヒーは体にエネルギーを与えてくれる飲み物ですが、それに反して表情は疲れたように見せてしまいます。

これまで「コーヒーが元気、エネルギーを与える」とはどういった意味なのか考えたことがありますか?

カフェインには長所と短所があります。例えば朝仕事に行く前のカップ一杯のコーヒーは、体を覚まし、カロリーを燃やします。

ですがカフェインの摂りすぎは、体内に必要なエネルギーが足りなくなっても無理矢理体を突き動かします

つまり、あまり活動的でない日や眠る前に飲むと睡眠の妨げになるのです。

以下の事を引き起こします:

・目袋、クマ

・疲労感

ストレス

またカフェインは体を脱水状態にします。コーヒーを飲んだらその後に必ずお水も飲みましょう。そうしないと以下の症状が現れます。

・脱水症状

・脱力感

・エネルギー不足

 

3.辛すぎる食べ物

辛すぎる食べ物は、しみや顔色を悪くする原因になり、そのせいで疲れて見えます

辛みは血液系に影響を与えるので、このような症状が引き起こされるのです。

また、血管を広げ大きくします。それがなぜいけないか分かりますか? 大きく広がった血管は肌を通して見えるため疲れて見えるのです。

時には太って見えたり、むくんでいるように見えたりします。

 

4.アルコール

アルコールはライフスタイルをほとんど変えることなく、生活から排除することが出来る飲み物です。

もし友人たちと集まって一緒に飲んだりする機会がある時は、立ち止まって少し考えてみてください。アルコールを飲むと、表情が曇り、疲れてみてるようになるのです。

アルコールとコーヒーにはいくつか共通点があります。その主なものが脱水症状です

・アルコールを飲むと、その後どれだけ飲んだのか考えることが難しくなります。また脱水症状を引き起こします。

・コーヒーなら1日に2,3杯程度でしょうが、アルコールになると、友人たちと楽しく飲んでいるうちにビール5、6杯軽く飲んでしまいます。

アルコール1杯に付き、お水を2杯ほど飲むようにしましょう。

 

5.炭水化物

1日にどのくらいの炭水化物を食べていますか? 炭水化物は体に悪いからと、食事から排除する人がたくさんいます。

もしあなたがそういった人の1人だったら、考え直しましょう。それはウソの情報だからです。炭水化物の中にはマメ科植物のように体にたくさんのエネルギーを与えてくれるものがあり、それらは取り入れるべきなのです。

ですが精製小麦や砂糖はカロリーが多いだけで、疲れて見える原因になるので摂るべきではありません。

こういった炭水化物は、消化しにくいため余分なエネルギーを必要とします。そのため表情を疲れて見えさせてしまうのです。

パスタを食べた後に眠たくなる時がありませんか? 上記のようなことが原因なのです。

 

代わりになる食べ物は何?

常に健康的な食事を心がけましょう

炭水化物や辛すぎる食べ物、揚げ物の代わりに以下の物をお勧めします。

・フルーツ

・ナッツ類

・シード類

・野菜

アルコールやコーヒーの代わりは何と言っても水です。もしそのまま水を飲むのが苦手だったら、緑茶やハーブティー、スムージーを試してみてください。