胸やけを治す3つの方法

6月 28, 2018
胸やけはよくある病状で、胃から上がってくるガスによって食道が炎症することで起こります。悪い食生活、ストレス、喫煙などの体に良くない習慣が原因として挙げられます。

胸やけ、または胃酸過多は、世界で最も一般的な疾患の一つです。

不快感や食道の焼けつくような感じが特徴です。原因は胃にありますが、症状が現れるのは胃の入口より上の部分です。もし不快感が胸骨の上部に感じられるのであれば、それはほぼ間違いなく胸やけです。

胃ガスの生成によって起こる食道の炎症、胸やけを治すコツをこの記事ではご紹介します。。

胸やけの原因

体内で燃える炎

胸やけの原因のほとんどは食事に関係しています。以下のような要因もよく原因となります。

  • 過度のストレス
  • 妊娠
  • 投薬治療(※飲む薬によります)
  • 喫煙
  • 胃に刺激を与える食べ物
  • 過食

上記の要因を頭に入れておくと、消化不良への対策が簡単になります。この他にも消化不良を避け、自然に解消する方法があります。

 

胸やけを治すおすすめの方法

胸やけや健康全般において、食生活が肝心です。

以下は、胸やけを防ぎ、治すための食生活における3つの注意点です。

1.量とタイミング

健康な食事プレート

食事に関連した要因で最も重要なものの一つが、食事の量とタイミングです。朝、昼、晩と毎食において、多くの人がどのくらいの量をいつ食べれば良いのか分かっていません。

食べるのに最も良いタイミングを見極めるには、運動する時間帯、通勤の時間帯、寝る時間帯がいつなのかを考慮に入れましょう。こうした活動の少なくとも2時間前には適度な量を食べておくべきです。

量に関しては、理想的には、1日に必要なカロリー分を少なくとも6回分に分けて摂取し、バランスの取れた食事を取ることが大切です。

以上の二つのことを頭に入れておくと、胸やけを防ぐことができます。

こちらもお読みください:手で正しい食事量を測る方法

2.体に良い食べ物を食べる

体に良い食べ物を食べることが消化不良を防ぐ他、消化不良になった際には対処できるようになります。また、体が一段と健康になり元気になります。

野菜や魚などの食べ物を採り入れたバランスの取れた食事は、胃にやさしく、負担がかかりません。

その結果、胃酸を必要以上に出さなくてすみます。更に、それが一連の消化活動にも大変良い効果をもたらします。

また、コーヒーやチョコレート、酢、フルーツ、ソフトドリンク、柑橘類のジュース、揚げ物など、胃酸の生成を刺激するような食べ物を摂取することは止めた方がよいでしょう。

こちらもお読みください:ソフトドリンクの真実

採り入れるべき食べ物

卵と乳製品

胸やけを解消できるような食生活を計画するにあたって、消化器系の活動を助け、胃ガスが出ないような食べ物を摂取しましょう。例えば、以下のような食べ物です。

  • ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品は無脂肪のものを摂取しましょう。
  • は週に4個食べることで、血中コレステロール値を規制でき、胃酸の分泌がアンバランスになるのを抑えることができます。
  • 野菜は胸やけを解消するのにおすすめですが、生で食べるのはおすすめできません。加熱したり調理したものを食べましょう。
  • 魚や鶏肉は、消化器系が一番喜ぶ肉類です。養殖ではなく天然の魚がおすすめです。また、他の肉類では、子牛肉の赤身もおすすめです。

3.飲む物を賢く選ぶ

消化活動において、水分は欠かせません。体は水分補給に対して、良くも悪くも反応します

胸やけの場合、胸やけを起こす飲み物というのが存在します。その最たる例として、アルコールとソフトドリンクの二つが挙げられます。

天然ジュース(柑橘類を除く)やハーブティーは胸やけ時にはうってつけです。また、1日に少なくとも2リットルの水を飲むと消化器系にとても良い効果があります。

あなたへおすすめ