シナモンティーの隠れた効果

4月 3, 2016
シナモンは、主に抗炎症作用や殺菌作用を持っています。また脂肪の燃焼を増加させるので、ダイエットにも効果があります。

シナモンは、とても多くの効能があり、デザートに広く使われているだけでなく、大昔からいろいろな文明で使われてきました。体の老廃物を排出し、血糖値を下げ、体重を減らすのを促進し、生理不順を改善し、消化を助けるなどの効果があります。

シナモンの効能

シナモンは、インド洋沿岸、特にインドの南にあるスリランカ島が発祥のスパイスです。シナモンのもっともよく知られている特徴といえば、香りです。その香りには、リラックス効果があり、浄化や健康、美容にも良いとされています。

このエキゾチックなスパイスは、マグネシウム、鉄、カルシウム、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB1が豊富に含まれています。下痢、消化不良、腹部の張りに作用し、免疫力を高める効果もあります。また、痰の除去や呼吸器の症状を鎮めるのに使われます。

シナモンは、発熱性があり、体の脂肪を燃焼させる能力を高めるので、ダイエットに効果があります。さらに、自然な細胞変性が進むのを遅くし、病気や老化の原因となるフリーラジカルの影響を減らす抗酸化物質を含んでいます。これらの抗酸化物質は、脂肪が血管の中に蓄積するのを防ぎます。それによって心臓血管の病気を予防します。シナモンティーを飲めば、血液中の悪玉コレステロールや血糖値が改善されます。

定期的にシナモンを摂取すると、消化が良くなりガスが排出されます。また食欲が刺激されるので、食欲旺盛になります。シナモンは、強力な抗凝血作用があるので、血小板が通常より凝固するのを防ぎます。

フロリダにある米国化学感覚受容科学会のP.ドラッヅ博士の研究によると、シナモンは特に高齢者の脳の機能を刺激することがわかりました。脳の注意力や視覚記憶、認識力、そして処理速度が改善されたのです。また、炎症を抑え痛みを和らげる作用があり、関節炎の改善にもなります。

シナモンは、塗って使うこともできます。それには防腐剤や肌の消毒、菌やバクテリアを殺す作用があります。ですから足や爪の菌に対してや、口内炎、膣感染に対して使われていました。 shinamon

 

シナモンティーの健康効果

今まで述べてきたように、シナモンは多くのすばらしい効能があり、毎日の食事にいろいろな方法で摂取することができるスパイスです。シナモンを摂取するのにすぐれている方法の一つが、お茶です。お茶ならどんな食べ物とでも関係なく、シナモンの有効成分をそのまま取り入れることができます。さらに、シナモンティーならすぐに消化吸収されるので、短時間で効果が得られます。

糖尿に

2型糖尿病(インスリンが正常に分泌されずに、高血糖を引き起こす症状)の人は、シナモンの効果を最も得られやすいといえます。シナモンティー1杯で血糖値の安定に効果があります。

ビタミンB1はインスリン受容体を刺激し、活性酵素を抑制します。それがブドウ糖を処理する能力を増やします。この場合、食後か軽い断食のときにシナモンティーを飲むのが1番効果的です。

減量を促すdaietto

 

糖尿病の人が減量のためにシナモンティーを飲むことも同じ効果があります。体に必要以上の食事をとると、すい臓がたくさんのインスリンを作ろうとして過剰に働きます。余分なインスリンによって、体は使えるエネルギーがたくさんあるとみなします。しかし必要なエネルギーを満たすと、インスリンは余ったブドウ糖や他の糖分を、後で使うためにすべて貯蓄します。

シナモンティーは血糖値を下げる作用があるので、体内のインスリンを減らします。それによって脂肪の貯蓄を減らし、減量することができます。減量するためにこのお茶を飲むと、とても早く良い結果が出るのも利点の1つです。1日に2回、午前と午後に飲むだけです。

胃に良い

シナモンティーは、消化器官にも効果があります。胃の中のガスを抑え、潰瘍を防ぎ、吐き気やむかつきを抑えます。一般にシナモンの刺激で唾液と胃酸が分泌され、消化を助ける効果があります。

そのうえ、シナモンは自然に腸のリズムを正常にし、下痢を予防します。ですから過敏性大腸症候群の人にお勧めです。また、腸の炎症を防ぎ、食欲も抑えます。

シナモンは食物繊維、鉄、カルシウムを含んでいるので、胆汁酸と化合して体から胆汁酸を排出します。胆汁酸は適切に排出されないと大腸に悪影響を及ぼします。

生理不順を改善する

fukutsuu

シナモンティーの抗凝血作用で、生理不順が改善できます。生理が遅れずに始まり、生理中の痛みを軽くし、鎮痛効果もあります。

コレステロール値を下げる

シナモンティーには血液中のコレステロールと中性脂肪を下げることがわかっています。

さらに血液の流れを悪くするアテロームや血栓が作られるのも防ぎます。

風邪やインフルエンザにかかりにくい

インフルエンザが流行する時期は、シナモンティーが強い味方になります。中国医学では長い間、このお茶を病気の治療に使っていました。シナモンはおいしい上に、抗菌作用があり、炎症を抑え、熱を下げ、咳を鎮めます。さらに頭痛も和らげます。

シナモンティーは多くの効能がありますが、飲みすぎてはならないことを忘れないでください。ですから、シナモンティーを飲み始める前に今服用している薬と併用してもよいか、医師に確認することをお勧めします。

シナモンティーを飲まないほうがいい場合shinamon-3

 

このすばらしいシナモンの効果が実際に健康に悪影響を及ぼすこともあるので、そのような場合は摂取しないようにしましょう。

たくさん取りすぎない

クマリンはシナモンの中から見つかった有毒な物質です。大量に摂取すると肝臓や腎臓にダメージを与えるのであまりたくさん食事に使わないようにしましょう。

妊婦や授乳中の人

妊娠中は、シナモンを摂取しないことが大切です。シナモンは血流を刺激するので、子宮が収縮する原因になります。これは胎児にとって悪影響です。同じように乳児にアレルギーを引き起こす原因となるので授乳中の人はシナモンティーを飲んではいけません。

潰瘍がある人

胃や腸に潰瘍があるときに、シナモンを摂取すると悪化します。このようなときは摂取をやめましょう。

心臓病に気を付けて

シナモンはわずかですが心拍数を上げる作用があります。ですから心臓疾患のある人はシナモンティーを飲んではいけません。さもなければ心拍数が上がり、健康を脅かすおそれがあります。

抗生剤と一緒にとらない

シナモンは天然の抗生剤なので、人工のものと混ぜるのは良い考えではありません。有効成分が邪魔し合い、思いもよらない副作用が起きるかもしれません。ですから抗生剤を飲んでいる時はやめましょう。

シナモンティーの作り方

やせるシナモンティー

やせるシナモンティーは簡単にできます。材料は2つだけです。

・シナモンの粉末  小さじ2/1

・はちみつ     小さじ1

1カップのお湯にシナモンとはちみつを入れてかき混ぜます。飲む10分前に作っておきます。

 

生理周期を整えるシナモンティー

材料は、シナモンスティックと沸騰したお湯です。

ボウルにシナモンスティックを入れ、熱湯をかけます。そのままにし、冷めたらシナモンスティックを取り出します。これで出来上がりです。お好みで砂糖やはちみつを入れましょう。

 

風邪やインフルエンザのシナモンティー

材料は、シナモンスティックと緑茶などのハーブティーです。

沸騰したお湯にシナモンスティックを入れ、2分ゆでます。そのまま冷まし、最後にシナモンスティックを取り出します。このシナモン水でハーブティーを作って飲めば、風邪やインフルエンザの症状が治まります。

あなたへおすすめ