シナモンを食事に取り入れるべき8つの理由

· 11月 12, 2017
シナモンの効能を最大限に活用するためには、オーガニックシナモンを使いましょう。市販されているシナモンの中には薬用成分が保持されていないタイプもあります。

シナモンは、薬用と調理の二つの用途に使われる香辛料で、何世紀もの間、大勢の人々の食生活の一部として愛用されてきました。

香辛料として使われるシナモンは、シナモンの木の樹皮をはがして乾燥させたものを指し、古代エジプトで王からの贈り物として使われたと文献に残っているのが最古の記録です。

現在は風味づけや飲み物やデザートの香りづけなどに使用されることの多いシナモンですが、実は自然療法薬としても人気があり、シナモンに豊富に含まれる必須栄養素により、病気の予防などに高い効果を発揮すると言われています。

またシナモンは、世界の多くの地域で入手でき、数々の方法で食事に取り入れることができる万能の香辛料です。

本記事ではなぜシナモンが健康に良いと言われるのか、そしてシナモンを摂取するべき8つの理由をご紹介します。

 

1. 消化機能を改善

消化機能の改善

シナモンにはシンナムアルデヒド と呼ばれる成分が含まれており、この抗炎症効果により消化機能を改善します。

さらにシナモンの抗けいれん成分と胃腸内のガスを排出させる駆風作用が、痛み、炎症また過剰なガスなどの消化不良の症状を緩和します。

またシナモンには少量の食物繊維とカルシウムが含まれているため、大腸の機能を改善しながら胆汁酸やその他の老廃物の排出を促進します

 

2. 心臓の健康維持

適量のシナモンを継続して摂取することで、心臓の健康維持に高い効果を発揮します。

シナモンにはエッセンシャルオイルと抗酸化物質が豊富に含まれているため、コレステロール値を正常に保ちながら高血圧を予防します。

また抗炎症成分が腸内組織の修復をサポートし、心臓発作のリスクを軽減します。

 

3. 減量効果

減量成功

シナモンの有効成分であるシンナムアルデヒドが、代謝と脂肪の燃焼を促進します。

シナモンティーとして飲むと、血行を促進しながら血液のデトックスを行い、体内の炭水化物や糖質をエネルギーに変換する体内機能を促進します。

またシナモンに含まれる食物繊維が満腹感を与えるため、カロリーの過剰摂取を抑制します。

 

4.糖尿病の予防、または症状の改善

シナモンの成分の一つであるシンナムタンニンB1は、体内のインスリン受容体を刺激してその機能障害を予防します。

その結果、細胞がより効果的に機能しながら体内のグルコースを使用することで、血中に蓄積されるのを防ぎ、糖尿病、特に初期の糖尿病の予防や治療に効果を発揮します。

 

5.呼吸器系機能を強化

苦しそうな女性

シナモンに含まれる抗生物質としての作用や抗炎症成分が、疾患の原因となる抗原を撃退し、呼吸器系の健康維持に効果を発揮します

特にシナモンティーは、粘液の詰まりや過剰な生成を抑えながら、体内組織の炎症を予防し、シナモンの抗酸化物質が気道を確保してフリーラジカルによるダメージから保護します。

 

6. 認知機能の保護

適量のシナモンを継続して摂取すると、高齢になっても脳の機能を促進し、記憶力、注意力、そして視覚的処理能力に効果を発揮します。

またシナモンの香りの力で、認知機能を強化しながら日常生活における集中力を改善します。

 

7. 月経痛の症状を改善する

おなかを押さえて横たわる女性

月経痛の症状がひどい場合は、シナモンを食事に取り入れることで症状を改善できます。抗痙攣作用と鎮痛作用のあるシナモンが、筋肉の収縮を和らげることで痛みを取り除きます。

さらにシナモンの利尿作用が、体液貯留の症状を和らげ、月経時に起こる炎症を軽減します。

 

8. 口臭予防

シナモンの香りは、口臭を抑えるシンプルで効果的な方法で、シナモンの抗菌成分が口の中を清潔に保ち、細菌や真菌のによる感染症を予防します。

またシナモンに含まれるクレンズ効果で、肝臓の機能をサポートすることで老廃物や毒素を体外へ排出します。

シナモンの摂取目安量は少量です。私たちの健康に効果のあるシナモンですが、過剰摂取は逆効果です。

お気に入りのお料理に入れたりシナモンティーとしてお楽しみください。その変化を実感していただけます。