インフルエンザにかかったら家でするべきこと

· 9月 20, 2018
インフルエンザにかかってしまうと、体から大量の水分が失われます。そのため、水はもちろんアイソトニック飲料をしっかり飲み、失われたミネラル塩を補充しましょう。

インフルエンザは呼吸器系を攻撃し、普通の風邪とは違ってかなりの高熱が出るのが特徴です。

ウイルスは唾液や鼻水を通して広がります。時には、間接的に、汚染された物体を通して広がることもあります。

症状は急に現れます。その深刻さは患者の免疫系の許容能力によって異なります。

インフルエンザは日が経てば自然に治るものですが、感染してしまった時にどうすればいいのか、自宅でできるインフルエンザの対処法は何かを知っておきましょう。

インフルエンザの原因

インフルエンザウイルスは、インフルエンザウイルスを保持している患者が話したり、くしゃみや咳をすることによって、飛沫感染します。

  • ウイルス保持者と至近距離にいれば、ウイルスに接触する可能性はとても高いでしょう。
  • また、ウイルスに汚染された物体を知らずに触り、触った手で目や鼻、口を触ることで感染することもあります。

インフルエンザウイルスは、常に変化をしています。耐えまなく変化するというウイルスの性質があるため、たとえ予防接種をしても様々なバージョンのウイルスに感染してしまうのです。

以下のような疾患や状態の人は、インフルエンザウイルスに感染するとより深刻な状態を招いてしまうでしょう。

  • 慢性の呼吸器系疾患
  • 免疫系の疾患
  • 妊婦
  • 子供やお年寄り

こちらも読みましょう『100%ナチュラルなシロップでインフルエンザを撃退しよう!』

インフルエンザの症状

風邪をひいている人

風邪と比べると、インフルエンザの症状の方がウイルスに接触後早く症状が現れるようです。ウイルスに接触後、1〜7日以内に症状が現れるでしょう。

インフルエンザの主な症状は高熱です。多くの場合、38.5℃〜41℃ほどの高い熱が出るでしょう。

その他の症状は以下のようなものです。

  • 筋肉の痛み
  • 寒気、発汗
  • 頭痛
  • 乾いた咳が止まらない
  • 倦怠感、虚弱感
  • 鼻が詰まる、鼻水が出る
  • 喉が痛む

インフルエンザにかかったら家でするべきこと

インフルエンザは大抵の場合、それほど心配するものではなく、医学的な治療を必要としません。

痛み止めや熱冷ましの薬で症状を緩和し、普段の生活習慣に止めておくのが治療と言えます。

感染を予防する

手洗い

一番大切なのは、家族間での感染を予防することです。

ウイルスは人から人へと、あっという間に移動するのです。

  • 可能であれば、インフルエンザに感染した人を隔離するか、マスクをつけるようにお願いしましょう。
  • 鼻水をすぐにティッシュで拭き取り、咳やくしゃみで飛ばないようにしましょう。
  • 1日に何度も手を洗いましょう。特に、他の人が使うものを触れるという機会が多い場合は手洗いに気をつけます。

こちらも読みましょう『感染症を自然に治す方法』

抗生物質は服用しない

気をつけましょう! 抗生物質はインフルエンザの治療として意味がありません。バクテリアの感染ではないからです。このタイプの薬を服用すると、抗体への抵抗性ができてしまうかもしれません。これは体にとって危険であるかもしれません。

  • 薬局で買える熱冷ましなどの薬剤で症状を和らげることは可能です。
  • 症状が悪化した場合は、抗生物質が必要かどうか医師の判断を仰ぎましょう。
  • インフルエンザの症状を緩和する薬を使いましょう(どこの薬局でも購入することができます。)

水分をたくさん摂る

水を飲む

インフルエンザは体の脱水を引き起こします。体はウイルスと闘うため、平熱を保とうと普段よりも激しく働かなくてはいけないからです。

従って、脱水を防ぐために水、ミネラル塩、アイソトニック飲料をしっかり摂ることを心がけましょう。

  • スープ、フルーツジュース、ハーブティーなどを飲むのも良いでしょう。
  • 薬局で生理食塩水を購入する、または自分で作って飲むと良いでしょう。

自宅で準備できる治療薬

家で休む女性

自然の力を使って、インフルエンザの不快感や鼻や痰の詰まりなどの症状を緩和することは可能です。

市販されている薬剤の代わりとして使えますので、薬を使いたくない場合、悪化を予防したい場合は是非、以下のような自然療法を利用しましょう。

  • エキナセア、エルダーフラワー、しょうが茶
  • ハチミツとレモン
  • 玉ねぎとハチミツ
  • ユーカリの蒸気
  • 詰まりを解消する効果のあるエッセンシャルオイルで胸を優しくマッサージする

あなたはインフルエンザにかかっていませんか? インフルエンザからすぐに回復することはできないかもしれませんが、今日ご紹介したコツを利用すれば、治りが早くなるでしょう。