肺炎治療について知っておくべきすべてのこと

肺炎治療においては、肺炎の種類に応じて異なった抗生物質を投与します。

肺炎の治療は患者が発症している肺炎の種類によって異なるため、医師は患者の症状および年齢などを含む重要な要因を考慮しながら、最適な治療を提供する必要があります。

肺炎の感染タイプは主に2つに分類することができます:

  • 地域性の肺炎:日常生活の中で、地域で起こっている肺炎を発症すること
  • 院内感染型の肺炎:入院中に肺炎を発症すること

院内感染型の肺炎の場合、患者は治療を必要とする他の疾患を発症して病院に入院していることがほとんどであるため、症状がさらに深刻になる傾向があります。

院内感染肺炎は、多くの場合、病気などで弱っている時や手術や病気からの回復期に病院に存在する細菌に感染するため、院内感染型の肺炎は治療がより難しくなります。

あらゆる種類の肺炎は、その感染が血流に広がる敗血症を引き起こす可能性があります。敗血症を併発すると、高齢の患者または免疫系が弱化した患者を死に至らせる可能性があるため、各症例に応じた適切な治療法を確立することが大切です

肺炎の原因は何ですか?

肺炎は、細菌性、ウイルス性または真菌性の感染症であり、その原因または病因に応じて医師は治療を選択します。肺炎の治療法を理解するためには、まずは肺炎の原因を3つ理解しましょう。

こちらの記事もご覧ください: 知っておきたい/肺炎の症状と自然療法

ウイルス性肺炎

ウイルス性肺炎

ウイルス性肺炎の最もわかりやすい例は、インフルエンザや水痘などのウイルスに起因する疾患です。

細菌性肺炎

  • 肺炎球菌
  • ブドウ球菌
  • グラム陰性桿菌( – )
  • インフルエンザ菌
  • 肺炎桿菌
  • 大腸菌
  • 緑膿菌

細菌性肺炎の中には非定型の肺炎も存在し、それらの非定型の肺炎は通常よりもゆっくりと進行します。これらは臨床検査では容易に検出されない一般的ではない細菌です。

異常な肺炎を引き起こす細菌は、レジオネラ、マイコプラズマ、クラミジアなどです。

真菌性肺炎

この種の肺炎は、カンジダまたはニューモシスチス・カリニなどの真菌生物に起因する肺炎で、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)またはAIDS(後天性免疫不全症候群)などの免疫系が弱化した患者が発症しやすい傾向があります。

肺炎治療

一般に、肺炎治療は患者に抗生物質を投与します。感染が原因で起こる肺炎の場合は、その特性や患者の全体的な健康状態に応じて、特定の抗生物質が処方されるか、いくつかの組み合わせを選択して処方されます。

Bというのは、病因学に基づくいて利用することができる治療を指します。

肺炎球菌感染症

このグループの中で最も一般的な肺炎は、肺炎連鎖球菌である。この症例の治療ではアモキシシリンを投与されることがほとんどですが、この抗生物質に対する耐性の高いケースが存在します。

体が耐性を示す場合は、他の薬を使った治療を行います:

  • セファロスポリン
  • クリンダマイシン
  • セフロキシム
  • エリスロマイシン(より深刻な感染の場合)

レンサ球菌性肺炎に利用できる、子供や50歳以上の人を対象としたワクチンがありますが、他の原因物質による肺炎を予防することはできません。

ブドウ球菌性肺炎

肺炎症例の中でも主な原因は黄色ブドウ球菌です。 この種の肺炎の治療はペニシリナーゼを必要とします。

利用可能なペニシリナーゼの種類:

  • フルクロキサシリン: 微生物のβ-ラクタマーゼ(ペニシリナーゼ)に対抗する
  • セファロスポリン:セファロチンおよびセファマンドールを含む
  • クリンダマイシン: 細菌の90%に対して有効

グラム陰性桿菌性肺炎

咳をする女性

 

グラム陰性桿菌性肺炎の主な原因は次のとおりです:

  1. インフルエンザ菌
  2. 肺炎桿菌
  3. 大腸菌
  4. 緑膿菌

原因別の治療法

  1. インフルエンザ菌:インフルエンザ菌bに効果を発揮するワクチンがあります。また予防措置として、すべての小児にインフルエンザワクチンの接種が推奨されています。インフルエンザ菌の治療に使われる薬は、トリメトプリムとスルファメトキサゾールとを組み合わせた抗生物質であるコトリモキサゾールです。その他の抗生物質は、グラム陰性のセファロスポリン、アモキシシリン、フルオロキノロンおよびアジスロマイシンが使われます。
  2. 肺炎桿菌:アンピシリンならびに多数のβ-ラクタマーゼに対して耐性があり、アミノグリコシドやセファロスポリンなどの抗生物質には非常に敏感です。
  3. 大腸菌:大腸菌による肺炎の治療は、患者に十分な酸素を送るために患者を入院させて呼吸補助を行います。そしてセキプレミット、セフポドキシム、セフチブテンおよびセフジニルなどのフルオロキノロンおよびセファロスポリンの投与が行われます。
  4. 緑膿菌:効果的な治療法を確立するために医師は生検を行います。この細菌は、多く生物質に耐性があります。

非定型肺炎の治療

レジオネラ肺炎

レジオネラ肺炎の治療に使われる薬は、エリスロマイシンです。

症例が重篤な場合、リファンピンをエリスロマイシンに組み合わせた投薬が行われることもあります。他の選択肢としては、シプロフロキサシノ、アジスロマイシン、そして専門医が選ぶ他の薬剤を使った投薬が行われます。。

マイコプラズマ肺炎

この細菌に感染したほとんどの患者は、治療の有無にかかわらず感染を克服することができます。 治療を行う場合に使われる抗生物質はエリスロマイシンですが、次のものを使用するケースもあります。

  • テトラサイクリン
  • クラリスロマイシン
  • アジスロマイシン

クラミジア肺炎

クラミジア肺炎を発症すると、入院が必要になるほど深刻な症状を発症します。 治療は、心臓発作または他の慢性疾患を発症している患者の症例を除き、ドキシサイクリンの投与を行います。

また頻繁に使用される他の薬は、エリスロマイシンおよびテトラサイクリンで、 治療は通常10〜21日間続きます。

ウイルス性肺炎の治療

ウイルス性肺炎の治療

ウイルス性肺炎の場合は、アシクロビルのような抗ウイルス剤が、単純ヘルペス、帯状ヘルペス、または水痘に由来する肺炎の治療に推奨されています。

サイトメガロウイルス(CMV)に起こる肺炎は、ガンシクロビルでの治療が可能ですが、エイズ患者への治療に有効であることは、まだ明らかになっていません。

また抗生物質治療を受ける必要のある後部細菌感染を発症する患者にウイルス感染が見られる場合は、解熱剤、鎮痛剤、および咳止め薬の服用が進められます。

真菌性肺炎の治療

真菌性肺炎を発症している場合は、医師は抗真菌薬を投与します:

  • アンフォテリシンB
  • フルコナゾール
  • イトラコナゾール
  • フルシトシン

これらの薬物は副作用を引き起こす可能性があるため、次の副作用のいずれかが起きた場合は、すぐに医師に連絡する必要があります:

  • 太陽(特に目)への感受性が高まる
  • 発熱
  • 寒気
  • 皮膚発疹
  • かゆみ
  • 下痢
  • 吐き気
  • 嘔吐
あなたへおすすめ