子どもの咳に効く自然療法6選

· 3月 24, 2018
子どもの咳は早く、自然療法で治したいですよね?子どもの好きな方法で治しましょう。

子どもの咳に効く自然療法を知りたいと思いませんか?

咳は体の自然な反応です。咳を出すことで喉や気道をクリアにします。咳は以下のような状態からくる症状の一つです。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • ウイルスまたは細菌感染
  • アレルギー
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 喘息

子どもの場合、咳が7日〜3週間程続くこともあります。また、正しく管理していないと、時間が経つにつれ症状がひどくなったり、別の複雑な状態を引き起こすこともあります。例えば、

  • 胸の痛み
  • 喉の渇きや燃えるような感覚
  • 頭痛
  • 全身の倦怠感

子どもが好きな方法を使うと、咳を簡単に緩和することができます。今日は、咳に効く自然療法を見ていきましょう。

 

1. ハチミツ

はちみつ

ハチミツには抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化物質が含まれ、洗浄作用があり、ビタミンやミネラルが豊富だということは皆さんご存知でしょう。

つまり、ハチミツは薬の代用とも言える、健康に良い食品なのです。もちろん、咳止めとしての効果も抜群です。

ハチミツの効能をしっかりと取り入れて咳を治すには、以下のようにして子どもにハチミツを与えましょう。

材料

  • 純粋ハチミツ 大さじ2(20ml)
  • 牛乳 大さじ1(200ml)

作り方

  • 小さい鍋に牛乳を入れ、5分間火にかけます。
  • ハチミツを大さじ2杯分加えます。
  • 10分程冷ましましょう。

方法

  • 寝る前に飲みます。5日間続けると効果的でしょう。

 

2. チキンスープ

温かいチキンスープを飲むのは寒い日だけではありません。チキンスープには鉄分、亜鉛が豊富に含まれ、体の回復過程をスピードアップする効果があるのです。

咳が出る子どもに是非飲ませたいチキンスープの作り方は次の通りです。

材料

  • 鶏肉(チキンレッグ)(400g)
  • タマネギ小 1個(30g)
  • 水 1ℓ
  • 塩 大さじ2(5g)
  • セロリ 2束(200g)

作り方

  • タマネギとセロリを細かく切り、大きめの鍋に入れましょう。
  • 水を注ぎ、火にかけて沸騰させます。
  • 沸騰したら鶏肉(チキンレッグ)を入れます。
  • 45分間グツグツ煮ましょう。
  • 塩を加え味を整えます。

方法

  • 咳を効果的に治したいなら、このチキンスープを3日間続けて飲みましょう。咳が素早く引いていくでしょう。

こちらもお読みください:下痢から回復するためのスープ3種

 

3. 温かいココア

ココア

病気になると薬で解決しようとするかと思いますが、子どもにとっては、すぐに薬に頼るのは良い方法だとは言い難いでしょう。

薬を飲むと症状が緩和されるかもしれませんが、状況をさらに悪くする場合もあるのです。

温かいココアであれば、そんな心配はいりません。信じられないかもしれませんが、カカオにはインフルエンザの症状や咳を素早く緩和する効果があるのです。

材料

  • 無糖ココアパウダー 200g
  • 牛乳 2カップ(400ml)
  • 砂糖 大さじ3
  • シナモン 小さじ1(10g)

作り方

  • 牛乳、ココアパウダー、砂糖、シナモンを片手鍋に入れます。
  • 材料がよく混ざるまで、10分程度温めましょう。

方法

  • 1日に3回飲みます。これを4日間続けましょう。

こちらもお読みください:シナモンハチミツの薬用効果8選

 

4. 熱いお風呂

熱いお風呂に入ると、その湯気が気道を広げ、肺の粘液質の詰まりを解放します。

  • 咳が出る時は、1日2回以上お風呂に入ることをお勧めします。

 

5. ジンジャーティー

ジンジャーティー

ショウガの根はアジア原産です。数世紀に渡り、抗ヒスタミン剤や充血除去剤などの薬として利用されてきました。

ショウガの効能をしっかりと受けるには、以下のようなお茶にして飲むのが良いでしょう。

材料

  • ショウガ 3片(300g)
  • 水 2カップ(400ml)
  • ハチミツ 大さじ1(10ml)
  • レモン 1個(30g)

作り方

  • ショウガをスライスし、片手鍋に入れましょう。
  • 水を入れ、弱火で30分ほどかけてゆっくり沸騰させます。
  • 20分間蒸らしておきましょう。
  • 密封容器に入れます。
  • レモン汁とハチミツを入れましょう。

飲み方

  • 1日に4〜5回飲みます。4日以上続けましょう。

 

6. 水

咳が出る時に水を飲むのは誰にとっても良いことです。水は喉を潤してくれます。1日あたり8〜9カップの水を飲むことが推奨されています。

 

上記の方法のどれを試しても咳が治らない場合は、医師の診察を受けましょう。お子様に合った正しい診断や処方を受けることが大切です。