子どもの咳に効く6つの治療法

2月 2, 2016
チキンスープは風邪の回復を促すことを知っていましたか? その秘密は、スープに含まれる鉄分と亜鉛なのです。

咳は風邪やインフルエンザの一般的な症状で、大体の場合は深刻なものではなく、自宅で作ることができる治療薬で効果があります。風邪やインフルエンザは体の免疫系が弱くなり、ウイルスやバクテリアが曼延する寒い時期に流行ります。

子どもの場合は、風邪や咳の治療に関してまず小児科医の診察を受けることが第一です。また同時に、自宅でできる治療法を試すこともできます。今日紹介する治療法の効果は研究者によって証明されています。

咳の原因とは?

多くの場合、咳の原因は風邪やインフルエンザだと上述しましたが、全てがそうであるというわけではありません。ウイルスが上気道を刺激すると咳が出、多くの場合は粘液を伴います。慢性気管支炎1

 

は風邪、アレルギーの他、気管支炎、肺炎、喘息、肺ガンなどの病気が原因で起こる症状です。子どもの咳は4週間程続く場合があります。どのようなケースであっても、咳をすぐに止めようとすることはお勧めしません。なぜなら咳とは、体が気道を確保し、微生物、埃、化学物質、刺激物などを取り除こうとする自然のしくみだからです。

子どものを和らげるには、自宅でできる治療法があります。咳を和らげてくれるだけでなく、美味しいので子どもたちもきっと嫌だとは言わないでしょう。

チキンスープ

チキンスープは単なるおばあちゃんの知恵袋ではありません。チキンスープには咳を始め、風邪の症状を和らげる効果があるため、近年増々注目されています。アメリカ・ネブラスカ大学メディカルセンターの研究によると、鶏の出汁に含まれている鉄分と亜鉛が、ひどい咳、特に痰が絡むような咳を抑えてくれます。

ヴィックス・ヴェポラッブ

咳.ヴィックス

ヴィックスヴェポラップは、昔からある咳や風邪の症状を抑えてくれる治療薬です。子どもが眠る前にヴィックスヴェポラップを足のかかとに塗り、ソックスを履かせましょう。胸に塗って優しくマッサージするのも良いでしょう。子どもや赤ちゃんにも安心だと言われていますが、使用の前には、念の為に小児科医に相談することをお勧めします。

ハチミツとレモン

免疫系を強くし、咳と闘ってくれるのがハチミツとレモンです。レモンにはビタミンCが豊富に含まれており、ハチミツは天然の抗菌作用があります。レモン汁とハチミツを混ぜ、1日あたり大さじ数杯分舐めましょう。

ココア

イギリスのロンドン王立大学の研究結果によると、ココアにはテオブロミンという物質が含まれており、このテオブロミンがウイルス感染をした子どものしつこい咳を和らげる効果があることがわかりました。

 

マシュマロ

咳に効果があり、子どもたちも大喜びの美味しい治療法です。温めた牛乳を入れたカップにマシュマロを一握り分入れます。マシュマロが溶けたら飲みごろです。寝る前に飲みましょう。

バナナクリーム

咳.バナナ

このバナナクリームは美味しいだけでなく、ヘルシーで栄養も満点です。咳に効果がありますので、子どもたちが咳に苦しむ時には是非お試しください。

材料

  • 熟れたバナナ(中) 2本
  • ハチミツ 大さじ2
  • 沸騰したお湯 400ml

作り方

  • フォークやスプーンを作ってバナナを潰します。色の変色を防ぐにはプラスチックの物を使ってください。
  • 潰したバナナに沸騰したお湯を注ぎ、蓋をして30分間置いておきます。
  • バナナが冷めたらハチミツを加えます。
  • プラスチックのタッパーなどに入れましょう。

食べ方

子どもにこのバナナクリームを与えるときは、軽く温めてあげましょう。1日に4度程まで食べてもよいでしょう。

あなたへおすすめ