はちみつ入りりんご酢を/毎朝飲みましょう

4月 9, 2016
はちみつ入りりんご酢を、朝、胃が空っぽの状態で飲むことは、体のpHバランスを整え、免疫力を向上させるのに役立ちます。

りんご酢とはちみつは、その健康効果によって、世界中でとてもよく知られている自然食品です

りんご酢とはちみつ、どちらも未加工でオーガニックのものを使う方が効果は高く、さまざまな症状の治療と予防に使われます。

どちらの食材も、免疫力の強化や、さまざまな病気の予防に役立ち、全身の健康に効果があるということが何度も明らかにされてきました。

しかし、この二つを組み合わせることで、それぞれの効能がさらに高まるということはあまり知られていません。

りんご酢とはちみつの効能

純粋はちみつとオーガニックのりんご酢は、感染症などの健康問題の予防と治療に効果があることがよく知られています。

また、この二つの材料を組み合わせることで、炎症に対する高い治療効果が得られ、殺菌作用や抗酸化作用もさらに高まり、さまざまな症状の改善に役立ちます

主な効能は次の通りです:

  • 関節痛の治療と予防に効果があります
  • 胃の強壮作用があり、胃の痛みと胸焼けを和らげるのに役立ちます。
  • 消化や腸の運動を促進し、便秘を改善します
  • コレステロール値のコントロールや、高血圧の予防と改善に役立ちます。
  • 減量を助ける優れた効果があります
  • 喉の痛みや、その他の呼吸器と関連した症状にとって、最も効果的な自然療法の一つです。
  • エネルギー補給に適しています
  • 抗フリーラジカル作用により、肌の状態を改善します。
  • 口臭を除去します
  • 炎症を軽減します。

なぜ朝に飲むのか?

2-honey-tea

現代の生活では、体は持続的なストレスにさらされており、また脂質や砂糖が多く含まれた酸性の食品を摂りがちになっています。

これらのことは体のpHバランスを崩し、胸焼けの原因となるだけでなく、さまざまな病気や健康上の問題のリスク要因となり、毎日の生活に悪影響を与えます。

エネルギー補給や、体のpHバランスの調整を効果的に行うために、朝起きて身体活動を始めたり、朝食を摂ったりする前に、はちみつ入りりんご酢を飲むようにしましょう

はちみつ入りりんご酢は、健康を向上させ、病気への抵抗力を高めるための、最も優れた自然療法の一つです

はちみつ入りりんご酢の作り方

3-homemade-apple-cider-vinegar

化学添加物は、食材に自然に備わっている効能を低下させる場合がありますので、はちみつ入りりんご酢を作る際は、必ず100%オーガニックで未加工の材料を買うようにしてください。

オーガニックではない、または加工されたりんご酢やはちみつは、未加工のものと比べて栄養価が低下しているため、それらを使っても十分な効果は得られません

材料

  • 純粋はちみつ 1ティースプーン(7.5g)
  • りんご酢 1ティースプーン(5ml)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

りんご酢とはちみつをお湯1カップに入れ、全体が均等になるまでよくかき混ぜてください

飲み方

最大限の効果を得るためには、朝、胃が空っぽの状態で、少なくとも朝食の20分前に飲みましょう。

また、必要と好みに応じて、一日の別の時間帯に飲んでも構いません。ただし、一日に3杯を超える量を飲むことは、体に悪影響がありますので避けてください

注意!

はちみつ入りりんご酢を毎日飲む場合は、りんご酢を摂りすぎないように気を付けてください。りんご酢を過剰に摂取すると、体内のカリウム値が下がり、骨密度が低下する可能性があります。

この記事のガイドに従って適量を飲み、何らかの副作用に気付いた場合は、すぐに飲むのをやめましょう

また、りんご酢は、利尿薬、便秘薬、心臓病や糖尿病の薬の作用を阻害するおそれもあります。これらの薬を服用している場合は、はちみつ入りりんご酢を飲み始める前に、必ず医師に相談してください。

あなたへおすすめ