更年期のホットフラッシュに効く8つの自然療法

· 7月 26, 2016
ホットフラッシュをコントロールするには、ご紹介する自然療法を寝る前に実行しましょう。寝るときは、清潔なコットンか麻の寝間着を着るようおすすめします。

更年期に特有の症状のひとつは、のぼせ・ほてり・発汗などを伴うホットフラッシュ。いつでも起こり得ますが、特に夜間にひどくなります。更年期の不快感のほとんどはホルモンの変化が原因ですが、女性の大部分がホットフラッシュを経験します。

実際、女性人口の85%が、更年期の1年目と2年目にホットフラッシュを経験すると推定されています。

ホットフラッシュは深刻な健康上の問題ではありませんが、非常に不快な症状で、安眠を妨害し、イライラさせるもの。

ただ嬉しいことに、これらの症状をコントロールするのに役立つ自然療法がいくつも発見されてきました。

今回は、ホットフラッシュによく効く8つの家庭療法をご紹介します。いろいろ試してみて、自分にぴったりの治療法を見つけだしてください!

1. アマニ油でホットフラッシュをコントロール

更年期のホットフラッシュ:アマニ油

アマニに含まれている脂肪酸は、更年期の女性にとって非常に健康的です。

心臓病を予防し、炎症を軽減し、更年期障害の数多くの症状をコントロールするのに役立ちます。

この油に含まれている植物性リグナンが、天然のエストロゲンの役割を果たし、更年期に伴うエストロゲン分泌量の減少を補ってくれるのです。

利用方法

  • アマニ油を、サラダやスムージーなど、お好きな料理に加えましょう。
  • 毎日、朝食前に、アマニ油大さじ1杯を飲みましょう。

2. 月見草油

月見草油は、女性の性と生殖に関する健康によく効く天然の強壮剤として知られています。更年期の場合、エストロゲンを生成し、お肌をきれいにするために、このオイルを定期的に利用することができます。

ガンマ・リノレン酸の含有量が高いため、寝つきがよくなり、睡眠障害の予防に役立ちます。

利用法

  • コップ1杯のぬるま湯に、月見草油を2~3滴落とし、寝る前に飲みましょう。
  • 少量を、お肌を拭くために使いましょう。特に汗をかきやすいところにおすすめです。

3. クローブ(丁子)

更年期のホットフラッシュ:クローブ

クローブ(チョウジ)は、イソフラボンが豊富であることが判っています。イソフラボンは、植物性エストロゲンの一種で、ひんぱんに起こるホットフラッシュを軽減するのに役立ちます。

材料

  • クローブ 小さじ1杯(5 g)
  • 水 カップ1杯(250 cc)

利用方法

  • 水を火にかけて沸騰させ、クローブを加えます。
  • 数分間そのまま浸してから、1日に2回飲みましょう。

こちらも参考にして下さい:

更年期障害にお悩みですか? ホットフラッシュ6つの自然療法

4. ハチミツ湯

ハチミツとお湯をまぜただけですが、ホットフラッシュをコントロールするのに大変役立ちます。

材料

  • ハチミツ 大さじ1杯(25 g)
  • お湯 コップ1杯(200 cc)

利用方法

  • ハチミツ大さじ1杯を、コップ1杯のお湯に加えましょう。
  • 毎晩寝る前に飲んでください。

5. リンゴ酢

更年期のホットフラッシュ:リンゴ酢

オーガニックのリンゴ酢には、30種類の必須栄養素が含まれていますから、体を元気回復させ、ミネラルを補給するのに役立ちます。

リンゴ酢の成分は、体の代謝バランスを整えて、ホルモンをコントロールし、更年期の不快感を軽くするのに役立ちます。

材料

  • 純粋リンゴ酢 大さじ2杯(20 cc)
  • ぬるま湯 コップ1杯(200 cc)

利用方法

  • リンゴ酢をお湯で割り、寝る30分前に飲みましょう。
  • 精製されたリンゴ酢は、オーガニックのものと同じ成分を含んでいませんから、使わないようにしましょう。

6. セージ

セージの葉は、ハーブ専門店か、スーパーで購入できます。

セージはホットフラッシュを軽減するほか、体をリラックスさせる働きもありますから、寝つきをよくするのに役立ちます。

さらに、消化を助ける・下痢を止める・頭痛を緩和するなどの効能もあります。

材料

  • セージ 大さじ1杯(10 g)
  • 水 カップ1杯(250 cc)

利用方法

  • 水を沸騰させてセージを加え、ふたをします。
  • 10分間蒸らしたら、茶こしでこして、飲みましょう。
  • 1日に2回くり返してください。

こちらの記事もお勧めです:

更年期障害の症状を悪化させないために知っておきたいこと

7. ローマンカモミール油

更年期のホットフラッシュ:カモミール

ホットフラッシュを外側からコントロールするために、ローマンカモミール油少々を使ってマッサージしましょう。

材料

  • ローマンカモミール油 10滴

利用方法

  • オイルを手に注ぎ、発汗が一番ひどいところに直接すりこんでマッサージします。
  • 毎晩実行しましょう。必要ならば、1日を通して使っても構いません。

8. 赤クローバー(アカツメクサ)

赤クローバーのお茶は、昔から使われてきた家庭療法で、コレステロールを下げる・血行をよくする・ホットフラッシュをコントロールする手助けをする、などの効能があります。

材料

  • 乾燥させた赤クローバー 小さじ2杯(10 g)
  • 水 カップ1杯(250 cc)

利用方法

  • 水を沸騰させ、赤クローバーを加えます。
  • 30分間そのままおいてから、漉して、飲みましょう。
  • 1日にカップ3杯まで飲むことができます。

最大の効果を挙げるためには、食生活を改善し、カルシウム・カリウム・ビタミンD・ビタミンEの摂取量を増やす必要があることも覚えておきましょう。

さらに、寝るときは、清潔なコットンか麻の寝間着を着ることもお忘れなく!

Freedman RR. MENOPAUSAL HOT FLASHES: MECHANISMS, ENDOCRINOLOGY, TREATMENT. The Journal of steroid biochemistry and molecular biology. 2014;142:115-120. doi:10.1016/j.jsbmb.2013.08.010. (Accessed: 17 Oct 2018) Morrow PKH, Mattair DN, Hortobagyi GN. Hot Flashes: A Review of Pathophysiology and Treatment Modalities. The Oncologist. 2011;16(11):1658-1664. doi:10.1634/theoncologist.2011-0174. (Accessed: 17 Oct 2018)