更年期障害の症状を悪化させないために知っておきたいこと

1月 19, 2017

女性は50歳を過ぎた頃から、ホルモンバランスの変化やホルモンバランスが原因で身体の不調を感じ始め、性行為に不快感や痛みを感じ始めます。

多くの女性が恐れているといわれる更年期障害ですが、更年期を過ぎれば、これらの体調不良や性行為への不快感や痛みも解消され、体調が元に戻り、今まで以上の活力がみなぎる生活が待っています。

更年期を迎えるとすべてが悪い方向に進むというデマを信じてはいけません。驚くべきことに、自分自身で更年期障害の症状を悪化させていることがあるのです。

本記事では更年期の症状を悪化させる要因とその解決方法をご紹介します。

1.セルフメディケーション

更年期障害の症状の一つであるホットフラッシュの初期症状が現れると、ついつい周りのアドバイスを鵜呑みにしたり、自分自身で健康を管理・治療するセルフケアである、セルフメディケーションにのめり込みがちになるのは仕方ないことかもしれません。

米国更年期学会(The American Menopause Society)が実施した更年期障害に関する研究によると、研究に参加した人の53%は、更年期障害の症状を緩和するための方法や治療を、すべて試しているわけではないことがわかりました。

2-hot-flashes

ビタミンやハーブなどのサプリメントから鍼灸やマッサージまで、ホットフラッシュ、不安感、痛み、疲労など、体内の不調の原因となる更年期障害の症状を緩和するのに役立つ様々な方法があります。

しかし、色々な方法に手を出すあまり、飲んでいるサプリが身体にどのような影響を与えるのか理解せずに飲んでいることもあります。

また、市販の医薬品の中には、更年期障害の症状を解消する効果のない製品も存在することをご理解ください。

100%天然成分のサプリメントならば身体への害や副作用はありませんが、天然成分から作られていないサプリメントを摂取すると、症状が悪化したり合併症を引き起こす恐れがあります。

これは、ホットフラッシュに効果のあるサプリメントが存在しないという意味ではありません。

聞いたこともないような化学物質を含む怪しいサプリメントにはご注意ください。そして、サプリメントを試すときは、100%天然成分かどうかを確認してください。

このようなリスクを考えると、市場などで新鮮なハーブや乾燥ハーブを購入したり、ご自宅でハーブを栽培するのがおすすめです。

 

2.更年期障害を乗り越えるための食事と運動

昨晩の睡眠時間は何時間ですか?

今日はどのくらいの量のお水を飲んでいますか?

今のストレスレベルはどのくらいですか?

一般的に推奨される更年期症状の解消法には、真新しく革新的な方法はありません。

野菜を食べること、十分な睡眠をとること、リラックスする時間を作ることなどのアドバイスに従えば、更年期の深刻な症状を劇的に軽減することができます

すでに更年期の初期症状が現れている方は、適正体重を保ち、症状を最小限に抑えるように心がけましょう。

医師と相談して、最善の方法で更年期を乗り切る準備をすることが大切です。

3-get-exercise

更年期に突入したことを恥ずかしく感じたり、医師はどうせホルモン剤しか処方してくれない、などと考えるケースもあるかもしれませんが、実際は、医師の診断や処方による「更年期を快適に過ごすための方法」がたくさんあります。

ある特定の食品を積極的に食べる、十分な睡眠をとるなど、専門家の意見や今回ご紹介する食品や運動を毎日の生活にとりいれる事が大切です。

日常的に運動していない方は、ご自宅のご近所を回るのウォーキングはいかがですか?

まずは1日30分から40分のウォーキングを始めてください。その後、ジムやスタジオでのダンスクラスへとステップアップしていくのも良いでしょう。

おすすめの食事は、自然の野菜や果物が豊富に含まれた食事です。

特におすすめの食品は以下の通りです:

  • プレーンヨーグルト
  • 季節の野菜(ご自分の庭で栽培するのもおすすめです)
  • 季節の果物
  • 穀類や全粒穀類(オーツ麦やアマランサスなど)

3.更年期障害の症状を緩和するための治療

更年期障害によるホットフラッシュの症状を軽減する治療に疑問を持っている方も、ホルモン補充治療(HRT)が最善な方法であることをご理解ください。

まずは医師としっかりとした話し合いを持つことが大切です。医師はあなたの症状を診断し、更年期を穏やかに過ごすための最善の方法を推奨します。

ただし、医師の提案する治療法が積極的すぎると感じる場合はセカンドオピニオンを求めることも大切です。

また、瞑想やヨガも体内の症状を安定させる効果があります。

4.性生活

4-sex-and-menopause

更年期の間は性行為を控えろと言う意見もありますが、それは間違っています。

実は更年期に突入する年齢というのは、子供も独立し、パートナーとの性生活を存分に楽しめる時間です。何の制限もなく、誰に邪魔されることなく2人きりの時間を過ごすことができます。

更年期の性行為は健康上には全く何の問題もなく、以前よりさらに素敵な時間を過ごせるようになるかもしれません。

更年期を、妊娠の心配もせず、パートナーと深いコミュニケーションをとることができる時間の幕開けだと考えましょう。

パートナーと旅行や、何か新しいことに挑戦するのもおすすめです。

また、自分自身を大切にして少し甘やかすことも大切です。

更年期だからといって楽しい時間を諦める必要はありません。楽しい時間を失ったら、更年期の症状を悪化させる結果にもなります。

 

5.最後に:更年期は人生の終わりではありません

更年期に突入したからといって、性生活や人生が終わりを迎えるわけではありません。間違った選択をしたり、不必要な不安を感じてしまい、更年期障害の症状を悪化させているだけかもしれません。

問題を1人で抱え込まず、まずは医師に相談して、自分に一番良い方法を見つけてください。

あなたへおすすめ