ナスで体重を減らそう

· 7月 21, 2015

ナスは様々な料理で使うことのできる野菜です。美味しいし、いろいろな料理と合わせて使うことができます。さらに、体重を減らす効果まであることをご存知でしたか?水分や食物繊維の量が多く、カロリーが低いおかげで、ナスをダイエットの素晴らしい相棒にすることができるのです。

ナスはインド由来の野菜です。ナスの中には健康に良い宝物のような成分が閉じ込められており、毎日の食生活に取り入れるには最高の野菜です。週を追うごとに体重が減っていく完璧な戦略をご紹介しましょう。それはナスの成分を飲み物として飲むことです。

ナスの利点

ナス

  • ナスが消化を助けてくれることで、体脂肪の減少につながると同時に、ナスに含まれるサポニンのおかげで、脂肪の吸収を抑制します。
  • セルライト対策になります
  • 抗炎症作用があります
  • 細胞を攻撃するフリーラジカルを削減します
  • 種に含まれる食物繊維のおかげで、便秘解消につながります
  • 肝臓や胆のうに良い効果があります
  • コレステロール値を整えてくれます
  • カルシウム、カリウム、ナトリウム、リン、鉄分などを身体に供給してくれます。

ナスがどう体重減少を助けてくれるのか?

先ほど書いたように、ナスにはサポニンと呼ばれる成分が含まれており、脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあります。栄養士さんたちが勧めるのが、ナスの成分を溶かし出した水やナスのジュースなどを飲むことです。このジュースは身体のデトックスにもなり、同時に、利尿作用により腎臓の働きを向上させます。さらに、種に含まれる食物繊維のおかげで、腸の働きを改善し、便秘や過敏性腸症候群に伴う問題を予防してくれます。主な食事の直前に1杯のナスジュースを飲むことがオススメで、そうすることによって脂肪が吸収されにくくなります。一方で、体重を減らすためには、食事から脂肪を取り過ぎないようにし、毎日30分は運動するようにしましょう。ナス・ジュースはダイエットの相棒にはなってくれますが、バランスのとれた食事を摂らないと、それだけで効果がある訳ではありません。

ナス・ジュースを使った減量レシピ

ダイエット・スムージー

何よりも先にまず知っておいていただきたいことは、ナスを生で食べることはできないということです。ソラニンとして知られているアルカロイドが中に含まれており、これが身体に毒なので、火を通して食べなければなりません。生で食べた場合には、腹痛や頭痛を引き起こすことになるでしょう。スーパーでナスを選ぶときには、硬めのものを選びましょう。

材料

  • 大きめのナス 1つ
  • 水 0.5リットル
  • レモン汁 レモン1つ分

作り方

1.まず、ナスをむき、小さく切ります。

2.次に、ボウルの中にナスと冷たい水(0.5リットル)を入れ、数時間つけておきます。前の晩につけておけば、朝には準備完了です。しっかりつかったら、火を通して、水を沸騰させます。最低でも15分は沸騰させましょう。

3.水が沸騰したら、レモン汁を加えます。

4.次に、火を弱め、10分間火にかけます。

5.その後、ミキサーに入れて、果肉と水がよく混ざり、均質になるまで混ぜれば、バランスのとれたジュースの出来上がりです。

主な食事の15分前に飲まなければなりません。味が少し苦く、飲みづらいこともあるため、レモンを加えてもいいでしょう。柑橘系の果物と組み合わせることで、かなり飲みやすくなります。

毎日飲むと、コレステロール値が下がることも知っておいてください。ナスは脂肪の吸収を抑えるのに役立ちますが、カロリーの低い食事や運動と組み合わせなければいけないこともお忘れなく。