セルライトを目立たなくする食生活とは?

6月 23, 2018
セルライトを目立たなくする食生活は一時的なものでは意味がありません。セルライトに再び悩まされるのを避けるためには、食習慣の変化として捉えましょう。

セルライトをなくすということに日々奮闘している人々がいます。実際セルライトの存在がコンプレックスになっている人さえいます。そこで今回は、セルライトを目立たなくする食生活についてご紹介していきます。

簡単に言えば、セルライトはただの脂肪ではありません。太り過ぎであろうとなかろうと誰にでも発生することがあります。ですからこの厄介なオレンジの皮を何とかするために、さっそく取り掛かりましょう。

生活スタイルを変えることから始めなければなりませんが、まず食生活から始めるのがおすすめです。一時的なものではなく、甘い物や好きな物を時々許しながらでも残りの人生を健康的な食生活に変えましょう。

セルライトの影響を減らす食生活

セルライトのある黒い下着の女性

ダイエットと考えると辛く感じる方もいるかもしれませんが、ここでは健康な人生を送るために起こし維持するべき変化であると考えましょう。セルライトを目立たなくするには、脂質と糖質の少ない食品を摂る必要があります。

これらの変化の第一歩として、1日のメニューを決めるために次の方針を参考にしてください。この方針が脂肪の蓄積を防ぎ、体内をデトックスして、病気を招く毒素のないきれいな身体になる助けとなるでしょう。

  • 3時間ごとに食事を摂る… 1日の食事量を分割して摂るという考え方です。その中にメインの3回の食事と息抜きの間食を配分します。
  • 朝食を抜かない… 朝起きてから、最初の食事まで4時間以上空けてはいけません。これは体内の機能をうまく働かせるために大変重要です。
  • 砂糖の塊である飴などを避ける… 全く食べていけないわけではありませんが、毎日食べるのは良くありません。理想的には週に1度です。
  • 精製された炭水化物を摂らない… 白いパンや普通のパスタ、その他小麦粉を使った製品、白米を摂らないようにします。その代わりに全粒粉を使った製品や玄米を選びます。ヘルシーでそれほど気になる変化ではないはずです。
  • 塩分を控える… 塩分は体液貯留を促し、それがセルライトの発生につながります。ハーブをうまく使って、調理済み食品を控えましょう。
  • 質の悪い脂質を摂らない… 揚げ物、鶏肉の皮、ラード、成分無調整の乳製品などは、そういった脂質の源です。できる限り避けるようにしましょう。
  • 嗜好品に注意… セルライト対策の食生活にカフェインは禁物です。オレンジの皮をなくしたり目立たなくしたりするには、大きな敵なのです。
チョコがけドーナツ

セルライト対策の食生活に欠かせない3つのフルーツ

1. グレープフルーツ

グレープフルーツには、セルライト対策に効果のある有効成分が多数あります。ビタミンA、B、Cが豊富な上に、満腹感を感じさせ食欲低下につながり体重ダウンを助けます毎朝グレープフルーツジュースで1日を始めることをおすすめします。

こちらもお読みください:グレープフルーツを食べて糖尿病を予防しよう

2. パイナップル

パイナップルを食べると、体液貯留を避け、大腸をケアして体内をデトックスすることにつながります。またビタミンCを含み、体重ダウンのサポートになります。

3度の食事にパイナップルの輪切りを1枚ずつ、1日に計3枚食べましょう。

こちらもお読みください:パイナップルの皮で痩せよう

パイナップルの輪切り

3. リンゴ

リンゴはセルライト対策に特別な力を持ったフルーツです。腸内で食物が楽に速く動くよう促すからです。また、リンゴ中1個は80キロカロリーほどですみ、満腹感を与えながら体重を減らす助けになります。

この3種のフルーツにメロン、キンカン、ザクロを加えましょう。どれも美味しく、セルライト対策になる各種ビタミンが含まれています。

これらは間食にぴったりで、ナッツ類と組み合わせるのも良いでしょう。

 

他にセルライト予防のためにできること

初めにお話ししたように食生活は、セルライトを目立たなくしなくすための長い道のりの始まりです。これまで挙げた食生活の注意以外に、以下の点に気を付けましょう。

  • ハイヒールを多用しないようにしましょう。
  • 身体にぴったりしすぎる衣服を避けましょう。
  • ホルモンの変化を起こし、脂肪の配分に異常や変化を生じさせるストレスにサヨナラをしましょう。
  • エクササイズをしましょう。30分間のウォーキング、階段昇降、サイクリングなど。ご存知のようにエクササイズはけして欠かしてはいけないもので、多くの利点があります。

セルライト対策の食生活とは、バランスのとれた食生活を送ることです。目標は、これが自分の生活スタイルとなることで、厳しいダイエットとなることではありません。身体はケアを怠るべきではない資本だということを思い出して、この変化を楽しみましょう!

 

あなたへおすすめ