グレープフルーツを食べて糖尿病を予防しよう

4月 26, 2018
すでに糖尿病と診断されている方は特になのですが、自宅でケアを始める前は必ず医師に相談してください。

グレープフルーツには利尿作用があります。その為ダイエットにもよい食材です。

最近の研究で、グレープフルーツには糖尿病を予防するだけでなく、癌や腫瘍の薬の副作用を和らげる力がある事が分かりました。

糖尿病を予防するヘルシーな食材

グレープフルーツには糖尿病を予防する栄養素やビタミンが豊富に含まれています。

90%が水分ですので、満腹感もあります。

・その他の柑橘類果物に比べてカロリーが低くインスリンレベルに悪影響を与えません。インスリンは体内脂肪蓄積に直接関与する成分です。

・水分を多く含み、ビタミンC、葉酸、抗酸化剤、カリウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含みます。

・体に有益な酸も多く含みます。例えばクエン酸、酒石酸、リンゴ酸などです。

 

減量のサポート

グレープフルーツジュース

グレープフルーツは医療従事者も認めるダイエットの効果を最大限に引き出すサポートをする果物です。

ダイエットは行う本人に合わせて多様でバランスの取れたものでなければなりません。

グレープフルーツやポメロは体の余分な水分を外に出すのに役立ちますが、直接脂肪を燃やすわけではありません

どんなにグレープフルーツを食べても、運動や体重を減らす努力なしでは何も変わりません。

 

糖尿病を予防し、がんと闘う方法

グレープフルーツと糖尿病

イスラエルのヘブライ大学と米国マサチューセッツ・ジェネラルホスピタルがグレープフルーツについて研究をしています。

それによってグレープフルーツの苦みに繋がる抗酸化成分がインスリン感受性を高めるという事が分かっています。

その他の柑橘類にも含まれるナリンゲニンという成分が体に有効に働きます。

・この成分は肝臓の脂肪酸分解を促進するタンパク質を活発にします。

・そのため糖尿病患者にはとても有効な食べ物なのです。

また、特にⅡ型糖尿病の血中グルコース値にも良い影響を与えることが分かっています。グレープフルーツはメトホルミンと同じような働きをします。

 

グレープフルーツの効能

グレープフルーツの効能
グレープフルーツには以下のような様々な効能があります。

・ビタミンC、ビオフラボノイド、βカロチンがたっぷり含まれており、特定のがんを予防します。

・果汁にはビタミンBとEが含まれています。

・心臓病を予防する力があります。

血流を改善し、また血管や動脈の壁を強くします。そのため静脈瘤あるの方におススメの食べ物です。

・消化に良い繊維が豊富に含まれています。また、泌尿器系も強めます。

・コレステロール値や高血圧を低下させ、アレルギーや貧血を予防します。

・このようにグレープフルーツは糖尿病に良いだけでなく、低血糖にも良い食べ物です。

 

糖尿病とその予備軍

糖尿病予備軍

他の病気と同様、Ⅱ型糖尿病は酷く前に対処することが出来ます。

Ⅱ型糖尿病の主な原因は遺伝と肥満です。また、45歳以上に多い病気です。

もし糖尿病の予備軍だと言われたら、生活習慣を変えていく必要があります。そうすることで糖尿病になってしまう事を防ぐことが出来ます。

予備軍の人は健康な人より血糖値が高いものの、糖尿病の基準にまで達するほどではない人の事を言います。

どのくらいの数値か知っていますか? 血中グルコース値が140から199mg/dlまでの人です。

予備軍の時点で、すでに心臓や動脈に悪影響が出始めています。ですがまた糖尿病にならないようにする事は出来ます。

体のデトックスは必ず必要です。

また、ナリンゲニンもよく知っておいてほしい成分です。これは薬の代謝に関係の深いものです。

強い薬ほど、血流に大きな悪影響を与える事を覚えておいてください。

あなたへおすすめ