動脈の詰まりを防ぐ12の食べ物

· 9月 28, 2017
動脈の詰まりを防ぐには、今日ご紹介する食べ物を食生活に取り入れる他、タバコやアルコールなど体に害を与える習慣を断ち切りましょう。また、エクササイズもすると良いでしょう。

「You are what you eat.(あなたの健康は食べるもので決まる) 」と世間ではよく言われています。特に、動脈の詰まりに関して言えば、これほど適切な言葉はないのではないでしょうか

不健康な食生活を送っている人は、その結果(肥満、高コレステロール、高血圧など)に苦しむこととなります。また、健康に深刻な影響を与える危険性のある、動脈の詰まりも不健康な食生活の結果の一つだと言えるでしょう。

今日は、動脈の詰まりを防ぎ、心臓の病気を予防するのに最高の食べ物を12種類ご紹介します。

動脈の詰まりを防ぐ効果のある食べ物

進行性の動脈閉塞(アテローム性動脈硬化)とは、西欧諸国で特に近年よく見られるようになってきた病気です。

死に至る確率は、タバコやアルコールよりも多くなっています。さらに酷い点は、症状がないサイレントエネミーだという点です。

私たちの動脈壁には、食べたものに含まれる脂肪が蓄積されてしまいます。

もし、毎日の食生活がカロリーの高い、こってりとした食べ物や砂糖の多い食べ物ばかりだとしたら、いずれコレステロール値が上がり、高血圧や循環系のトラブルに見舞われるのは時間の問題でしょう。

また、こういった食生活は心臓の病気に罹るリスクも高くします。

こういった病気や、肝臓の病気を防ぐには、以下にご紹介する食べ物を是非、食生活に取り入れましょう。

1. ニンニク

にんにく

ニンニクは是非とも自宅に常備し、毎日の食生活に取り入れたい食べ物の一つです。ニンニクは料理に独特の香りを与えてくれます。

ニンニクには抗酸化物質が豊富に含まれ、フリーラジカルと闘う力があるとされています。また、コレステロール値、血圧を下げ、血液の流れを改善します。

  • 生のニンニクを1欠片食べることで動脈の詰まりが解消されます。また、脂肪の蓄積も予防されるでしょう。

2. オリーブオイル

オリーブオイルは数あるオイルの中でも最も健康に良いオイルです。様々なことに使える万能オイルといっても良いでしょう。

  • サラダのドレッシングにオリーブオイルを使いましょう。また、お肉や魚の風味付けとして使うこともできます。

オリーブオイルはとても体に良く、動脈にコレステロールが蓄積されるようなことはありません。また、心臓の健康にも良いとされています。

オリーブオイルのカロリー含有量を考えると、適量を取り入れることをお勧めします。

3. アボカド

アボカド

アボカドにはオリーブオイルに似た効能が含まれています。まず、アボカドにはとても有益な基礎脂肪酸が含まれています。また、アボカドは動脈に蓄積された脂肪の酸化を防ぐ働きをします。さらに、コレステロールを下げ、満腹感をもたらします。

  • アボカドを毎日の食生活に取り入れましょう。サラダに使ったり、マヨネーズの代用として使うのもお勧めです。

4. オーツ麦

朝食メニューとして是非とも取り入れたいのはオーツ麦です。オーツ麦には満腹感を得やすい効果があります。同時に、体にエネルギーを与え、動脈壁に付着するコレステロールを中和します。

  • 毎朝オーツ麦を入れたヨーグルトを食べるまたはやオーツ麦を入れたスキムミルクを飲むことをお勧めします。お好みでフルーツも入れると良いでしょう。

5. ペクチンを含むフルーツ

りんご

イチゴ、りんご、グレープフルーツ、ぶどうなどペクチンを含むフルーツをお勧めします。

これらのフルーツに含まれているペクチンは水溶性繊維で、低密度リポタンパク(LDL)を下げる効果があります。

  • 10時や3時にカロリーの高いおやつを食べる代わりにペクチンを含むフルーツを食べましょう。
  • 定期的にフルーツを食べることで健康が改善され、心臓の病気にかかるリスクが減ります。

6. アスパラガス

アスパラガスは優れた効能を多く含むヘルシーな野菜です。

例えば、アスパラガスは動脈の詰まりを自然に解消します。また、血中の悪玉コレステロール(LDL)の値を減らします。さらに、血液がドロドロになるのを予防します。

  • アスパラガスは茹でる、ソテーする、オーブンで焼くなど様々な方法で食べることができます。

7. ザクロ

ざくろ

ここでは、特にザクロジュースについて言及します。ザクロジュースは、抗酸化作用が非常に豊富です。(オレンジ、クランベリー、ブラックベリーのジュースよりも多い)

この紫色をしたジュースには、動脈に蓄積した脂肪によるダメージを減らしてくれる効果があるのです。

  • 朝食にグラス一杯飲むだけで十分です。100%天然のものを選びましょう。(可能であれば自分で作るのがベストでしょう。)

こちらの記事もご覧ください:手足の動脈硬化:その原因と治療法

8. 大豆

大豆や大豆製品(豆腐など)には、悪玉コレステロール(LDL)をわずかに減らしてくれる効果があります。

大豆を1日あたり大さじ3杯食べると、心臓の健康に良いでしょう。

  • 大豆はオーガニックのものを選びましょう。また、肉の代わりに豆腐を食べるのも良いでしょう。

9. ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKはカルシウムの働きを促進します。

また、ブロッコリーには繊維が豊富に含まれており、動脈の健康を促す働きもします。

  • 蒸したり少量のオリーブオイルで焼く、またはグラタンなどに入れても美味しいですね。

こちらの記事も参考にしてみてください。『健康効果抜群!ブロッコリーの素晴らしい効能8選』

10. 脂の多い魚

脂の多い魚とは、

  • マグロ
  • ニシン
  • サバ
  • イワシ
  • マス

などです。これらの魚はオメガ3脂肪酸が含まれているため、特に健康的な魚だと言えます。オメガ3脂肪酸は、動脈の詰まりをなくすのに必要な脂肪酸です。

また、血液がドロドロになるのを防ぎ、血圧のバランスを取る働きもします。

  • 蒸す、焼く、オーブンで調理するなどして週に3回は食べると良いでしょう。

11. ナス

暗い色をしたこの野菜、ナスは動脈を洗浄し、血液中のコレステロールを減らす働きをします。

これは、ナスには水溶性繊維が含まれているためです。水溶性繊維は心臓の健康には欠かすことのできない栄養素です。

何よりも、ナスは美味しくて使いやすい便利な野菜です。様々な食べ方でいろいろな料理に使うことができますよね。

12. ターメリック

黄色のスパイス、ターメリックは料理に豊かな風味を与えてくれます。さらに、美味しいだけでなく様々な効能があるのです。

  • 例えば、ターメリックには抗炎症作用があります。また、動脈壁の脂肪によって受けるダメージを減らしてくれます。
  • 血液がドロドロになって血管が詰まるのを防ぐ働きもします。
五島雄一郎. (1981). 動脈硬化症の食事療法. 動脈硬化8(4), 589-597.