コレステロール値をコントロールするスムージー4選

今回ご紹介するスムージーを毎日の食事に加えるのは非常に大切ですが、専門医の指導による治療に従うことが一番大切です。

コレステロールとは、細胞膜を生成する必要な要素で、生きていく上で欠かせない血液の中の脂質の一種です。コレステロールには2種類あります:

  • 善玉コレステロール(HDL)は、循環器系の疾患を予防するのに大切です。
  • 悪玉コレステロール(LDL)は体内機能に慢性的な悪影響を与える危険があります。

現在のところ、薬事学上、コレステロール値のコントロールに100%効果があると言われる治療はありませんが、悪玉コレステロール値を下げ、血液中の善玉コレステロールの量を増やす食品が数多く存在します。

本記事では、コレステロール値をコントロールするスムージーのレシピを4つご紹介します。

健康的な材料を使って作るスムージーが、気づかないうちに体内機能を向上させ、健康な体を手に入れるのに役立ちます。

血中の悪玉コレステロールを増やす食品

まずは血中の悪玉コレステロールを増やす食品について学びましょう:

  • 赤身肉
  • 豚肉(ベーコン、ソーセージ、ハムなどの加工肉を含む)
  • パンや焼き菓子
  • 揚げ物
  • チーズ
  • アイスクリーム

まずはこれらの食品の摂取量を減らすことで悪玉コレステロール値を低下させ、体へのダメージを低下させる働きがあります。健康的な食生活を心がけることがコレステロール値をコントロールする第一歩です。

善玉コレステロールの重要性

善玉コレステロール(HDL)は、血管の内壁について動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールを回収して、肝臓に運ぶ働きがあります。血中に十分な善玉コレステロールが存在すると、以下の症状のリスクを軽減する効果があります:

  • 脳卒中
  • 糖尿病性足病
  • 静脈血栓塞栓症

コレステロール値をコントロールする食品

脂肪酸

心臓の健康維持に効果のあるオメガ3と6脂肪酸は、以下の食品から摂取できます:

  • ナッツ類
  • フラックスシード(粗挽き)
  • レンズ豆
  • アボカド
  • ブロッコリー
  • 魚(イワシ、鮭、ツナ)

抗酸化物質

血中の善玉コレステロールを増やすことで悪玉コレステロールを減少する効果があります。

以下の食品から摂取してください:

  • 野菜(ナス、人参、カブ)
  • 果物(マンゴ、ミカンやオレンジ、パイナップル、パパイヤ、桃)

ここからは効果的なレシピをご紹介します。

 

1. ビーツ、オレンジ、ブルーベリースムージー

ビーツにはビタミンA、ビタミンB複合体、そして葉酸が豊富に含まれています。

ビーツをいちご、ブルーベリー、オレンジ、そしてオーツ麦などと組み合わせることで、コレステロール値をコントロールする理想のスムージーが出来上がります。

材料

  • ビーツ 1個
  • いちご 6個
  • ブルーベリー 1/4カップ(37.5g)
  • オレンジ果汁 2個分
  • オーツ麦 大さじ1(10g)
  • 水 グラス1/2杯(100ml)

作り方

  • 全ての材料をブレンダーに入れて、なめらかになるまでしっかりと混ぜます。
  • 一日一回、毎日空腹時に飲んでください。

2. りんご、ほうれん草、パセリスムージー

ほうれん草とパセリにはコレステロール値をコントロールするのに効果を発揮する栄養素と、食物繊維、抗酸化物質、そして不飽和脂肪酸が含まれています。

毎日の食事に加えることで、病気の予防効果が期待できます。

材料

  • りんご 1個
  • ほうれん草の葉 1カップ(30g)
  • パセリ 1/2カップ (15g)
  • 氷(お好みで風味を加える)

作り方

  • 全ての材料をブレンダーに入れて混ぜます。
  • 副作用はありませんので、心配なく毎日の食生活に加えてください。

3.レモン、ニンニク、キャベツスムージー

キャベツはコレステロール値を自然に下げる効果のある食品です。ビタミン、抗酸化物質、そして食物繊維が豊富に含まれるキャベツは循環器系の健康に直接良い影響を与えます。

今回のスムージーレシピでは、レモンの風味によりキャベツの味はほとんど感じません。

材料

  • ニンニク 2片
  • キャベツ(小)1/4 個
  • レモン果汁 3個分
  • 水 1/2カップ (125ml)

作り方

  • ニンニクを潰します。
  • キャベツを洗ったら細かく刻み、レモン果汁、水、ニンニクと一緒にブレンダーの中に入れます。
  • 全てをブレンダーにかけた後、漉します。
  • コレステロールを下げるためには一日に1/2杯飲むのがオススメです。
  • ただし、甲状腺の機能を低下させる危険があるため、このスムージーは長期間飲み続けないように気をつけてください。

4.  チャヨテ、セロリ、パイナップルスムージー

日本ではハヤトウリと呼ばれるチャヨテはカボチャ科の野菜で、メキシコ料理によく使われる食材です。

食物繊維、ビタミンC、そして抗酸化物質が豊富に含まれているため、コレステロール値をコントロールする効果があります。さらにセロリには動脈を綺麗にする水分が豊富に含まれ、パイナップルにはビタミンCと抗酸化物質が多く含まれています。

材料

  • チャヨテ(ハヤトウリ)1切
  • パイナップル 1切
  • セロリの茎 2本分

作り方

  • 全ての材料がなめらかになるまでブレンダーで混ぜます。
  • 一日に一度、空腹時に飲むと最大の効果が得られます。

 

コレステロール値を記録

コレステロール値の変化を指摘され、注意が必要だと言われた人は、頻繁にコレステロール値を調べましょう。コレステロール値を測ることで心疾患などのリスクを事前に察知することができます。

今回ご紹介したスムージーはコレステロール値のコントロールに効果的ですが、専門医の指示や指導による治療に従うことが一番大切です。

メイン画像転載元© wikiHow.com

カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ