首の痛みを解消する自宅療法3選

· 9月 25, 2017
首の痛みを解消するのは幸せへの第一歩と言って良いでしょう。なぜなら、首が痛むと日常生活も困難になるからです。

首の痛みを感じたことがあるという人は多いのではないでしょうか。抗炎症効果のある薬を飲んでなんとかやり過ごそうとする人もいるでしょうが、これは、胃や腎臓にダメージを与えてしまう危険性があります。実は、首の痛みを解消する効果のある自宅療法があることを知っていますか?

今日は、首の痛みを解消する自然療法をご紹介します。首の痛みがなくなるだけで、生活の質が上がること間違いありません。

まず、背中の筋肉を鍛えるには水泳が一番良いスポーツだということを覚えておきましょう。この筋肉は私たちが最もよく使う筋肉なのです。

気がついていないかもしれませんが、背中の筋肉は酷使されています。背中から首にかけての筋肉は常に緊張しているのです。特に携帯電話やタブレット、パソコンを長時間に渡り使っている人は気をつけましょう。

それでは、首の痛みを解消する方法を見ていきましょう。

自宅で首の痛みを解消する方法

1. カイエンヌペッパーまたは赤唐辛子で首の痛みを解消

材料

  • カイエンヌペッパーまたは赤唐辛子 大さじ3
  • ココナッツオイル 1カップ
  • ミツロウ(すりおろしたもの) 1/2カップ

必要なもの

  • 密封できるガラス容器

手順

  • ココナッツオイルにカイエンヌペッパーまたは赤唐辛子を入れて火にかけます。9分熱しましょう。
  • ミツロウを加え、完全に溶けるまで混ぜます
  • 冷蔵庫で10分冷やします。
  • 冷蔵庫から取り出し、混ぜましょう。再び冷蔵庫に15分間入れます。
  • できたものをガラス容器に入れます。

使い方

首の痛みが気になる場所に塗りましょう。1日2回まで行っても構いません。少しずつ首の痛みが緩和されていくでしょう。このトリートメントは2日間保存可能です。

2. ミルク&ターメリックで首の痛みを解消

材料

  • 牛乳 1カップ
  • ターメリック 小さじ1
  • ハチミツ 大さじ1

作り方

  • 小さめの鍋に牛乳を入れ、さらにターメリックを入れます。これを弱火にかけます。5分程度弱火で熱しましょう。
  • ハチミツを入れよく混ぜます。
  • 冷めたら冷蔵庫に入れて冷たくしましょう。

利用方法

  • 1日2回飲みましょう。続けると首の痛みが改善されてきたのがわかるでしょう。

3. ローズマリーアルコールで首の痛みを解消

材料

必要なもの

  • 密封できるガラス容器

手順

  • ローズマリーの枝をガラス容器に入れ、上からアルコールを注ぎます。
  • ガラス容器を密封し、暗く乾燥した場所で15日間保存しましょう。
  • 中身がよく混ざるよう、毎日容器を振りましょう。
  • 15日経ったら、液体を濾してハーブを取り除きます。
  • 必要なときに必要なだけ使えるよう、常備しておくと良いでしょう。

その他のお勧め

首の痛みを解消するには、エクササイズや今日ご紹介した方法の他、姿勢にも気をつけましょう。普段の生活や仕事中の何気ない姿勢にも気をつけて下さい。

仕事中の首の痛みが激しいという人は、1時間に少なくとも1回、休憩を取り脊椎骨を楽にするようにしましょう。

  • 顎を胸に近づけます。そのあと頭を持ち上げ、左右へと動かしましょう。
  • 嫌だ!と言っているかのように左右に頭を振ります。ただし、ゆっくりと振ってください。
  • 痛みがひどい場合は、手のひらを頭の上に置き、軽く下へ押しましょう。