きゅうりジュースを飲むべき7つの理由

12月 16, 2017
世界中で栽培されているきゅうりは、美容や薬用に幅広く活用されているだけでなく、世界中の料理に登場します。

きゅうりジュースの効能を耳にしたことはありますか?

きゅうりはウリ科キュウリ属のつる性一年草で、原産地はインドだと言われていますが、世界中の料理や人々の食生活に浸透しています。

きゅうりの成分

きゅうりの96%が水分であり、100gで13カロリーと非常に低カロリーです。また脂質、糖質、タンパク質の含有量も非常に少ない食品です。

きゅうりの成分をご紹介します:

  • ビタミン(C、E、B群)
  • ミネラル(カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム)

このように栄養が豊富なきゅうりは、栄養士や専門家が作成する食事法にもよく登場する食材です。

サラダや漬物、そしてピクルスとして使用されることが多いきゅうりですが、実はジュースやジュースのベースとしてもオススメです。きゅうりの強すぎない風味は、ほとんどの果物や野菜と相性が良く、とても美味しく仕上がります。

きゅうりジュース

きゅうりジュース

ナチュラルジュースは、ビタミンやミネラルを体に直接、そして瞬時に補給するオススメの方法です。

体内での消化吸収が良いため、体内に十分な水分を与えながら、毒素を体外に排出する効果もある上、体内のバランスや調子を整え、免疫システムを正常に保ちながら、エネルギーを維持します。

ここからは、きゅうりジュースを飲むべき7つの理由をご紹介します。

1.体重を減らして維持する

低カロリーのきゅうりには、満腹感を持続させる効果があります。

きゅうりジュースとして摂取すると、消化プロセスを緩やかにすることで、満腹感が長く続くため、過剰な空腹感が解消されて、健康的な理想体重を維持することができます。

他の果物や野菜と一緒にジュースにすると、脂肪燃焼効果、デトックス効果、代謝を向上させる効果をサポートします。

こちらの記事もご覧ください:きゅうりを使ったデトックススムージー5選

2.消化機能の改善

消化機能

キュウリには水分と食物繊維が含まれています。水分は呑酸などの症状を緩和して、胃の中のpH値を正常に保ち、食物繊維は腸通過を改善し、便秘の症状を和らげます。そのため食物繊維と水分を豊富に含むきゅうりは、消化機能の改善に高い効果を発揮します。

3.水分補給

私たちの体は水分を徐々に失うため、適度な水分補給を怠ると、脱水症状に陥ることがあります。水やきゅうりジュースを飲むことで、水分だけではなくミネラル塩を体内に補給して正常な状態を保ちます。

4.ガンのリスクを軽減

2016年に実施された研究結果によると、ククルビタシンやリグナンをはじめとするきゅうりに含まれる成分には、がん細胞の生成を抑制する働きがあることがわかりました。そのため、様々なガンの進行のリスクを低下すると言われています。

5.血圧のコントロール

血圧

高血圧とは、血圧が健康な値よりも高いことを指します。「静かなる殺し屋」の異名をとる高血圧は心臓病のリスクを高める危険な症状ですが、食物繊維、マグネシウム、カリウムなどを豊富に含むきゅうりジュースは、血圧を下げて正常に保つ効果があると言われています。

高血圧はほとんど症状がないため、その予防が大切です。

6.酸性の体をアルカリ性へ

アルカリ性の食品であるきゅうりは、酸性に傾きかけた体内、特に血流のpH値を正常に保ちます。酸度の強い食品の摂取が続くと、体内が弱まりますのでご注意ください。

またpHバランスが乱れると早期加齢、肥満、そして心疾患などの病気を引き起こします。

7.ビタミンB群を体内に補給

ビタミンB群は、体内機能を正常に保つためには欠かせない栄養素であり、神経系機能を改善してエネルギーを向上させながら代謝を高めます。

きゅうりを食事に加えることで、ビタミンB群を摂取することができ、ストレスや不安感からの負の効果を軽減します。

現代では、多くの「健康的なジュース」が市販されていますが、それらのジュースに含まれている保存料や人工着色料が毒素となり、アレルギー反応などを引き起こします。

今回ご紹介したきゅうりジュースも、手作りの自家製のジュースをおすすめします。きゅうりの素晴らしい効能と健康改善効果をしっかりと覚え、買い物リストに加えてください。

 

あなたへおすすめ