きゅうりを使ったデトックススムージー5選

25 11月, 2018
きゅうりの皮には、胸焼けや胃もたれなどの消化器系の問題を解消する効果があるため、スムージーとして取り入れることをおすすめします。

きゅうりで作るデトックススムージーには、健康維持に効果を発揮する多くの成分が含まれています。

きゅうりに含まれる栄養素の一部を以下のようなものです。

  • ビタミ類(A、B群、C)
  • 抗酸化物質
  • ミネラル類(マグネシウム、リン、鉄分、カルシウム)

きゅうりは100gが13カロリーと低カロリーで、その95%が水分でできているため、体内への水分補給にも大切な栄養素です。また、食事療法や体内のクレンズに多く活用されています。

本記事では、体内を浄化しながら体重を減らす効果を発揮する、きゅうりで作るスムージーをご紹介します。

1.きゅうりとパイナップルのスムージー

きゅうりとパイナップル

きゅうりと同様に、パイナップルにも抗酸化物質、ミネラル、そしてビタミンAとB群が豊富に含まれています

またパイナップルの成分をきゅうりと組み合わせることで、利尿効果の高いスムージーが出来上がります。体内の毒素を体外に排出することで減量効果が期待できます。

材料

  • きゅうり 1本
  • パイナップル 1カップ(150g)
  • ハチミツ 大さじ2(50g)
  • 冷水 3カップ(600ml)

作り方

  • きゅうりを綺麗に洗い、皮をつけたまま小さく切ります
  • パイナップルは皮をむいてから小さく切ります
  • きゅうりとパイナップルをブレンダーに入れた後、冷水を加えて1分間混ぜます
  • 必要に応じてはちみつを加えてください

摂取方法

  • 一週間、朝食と一緒にこのスムージーを1杯飲んでください
  • 漉さずにそのまま飲むことで最大の効果が得られます
  • 天然の食物繊維が含まれたこのスムージーは、すぐにその効果を実感できます

2.きゅうりとりんごのスムージー

きゅうりとりんごで作るスムージーは、腸の機能を促進しながら老廃物や毒素の排出を促進します。

りんごには以下の働きがあります:

  • コレステロール値の軽減
  • 血糖値の正常化
  • 消化器疾患の緩和
  • 毒素の体外への排出

材料

  • りんご 1個
  • きゅうり 1本
  • セロリの茎 1本
  • 水 4カップ(800ml)
  • ハチミツ 大さじ4(100g)

作り方

  • りんご、きゅうり、セロリをきれいに洗ったら小さく切って種があれば取り除きます
  • ブレンダーに入れたら水を加えてしっかりと混ぜてください
  • グラスに注いでから必要に応じてハチミツを加えます

摂取方法

  • 毎日グラス1−3杯を2週間続けて飲んでください
  • 体液貯留を解消しながら、脂肪の燃焼を向上させます

3.きゅうりとトマトのスムージー

きゅうりとトマト

トマトには、カリウム、抗酸化物質、そして食物繊維が豊富に含まれているため、このスムージーは心疾患をはじめとする心臓の病気を予防・緩和しながら消化機能をサポートして減量効果を高めます。

材料

  • きゅうり 1本
  • トマト 1個
  • 水 2カップ(400ml)
  • ハチミツ (大さじ3)75g)

作り方

  • きゅうりとトマトをしっかり洗い小さく切ります
  • 全ての材料をブレンダーに入れて混ぜます
  • 出来上がったら容器に注ぎ入れます

摂取方法

  • 毎日1−2杯のスムージーを2週間続けて飲んでください
  • スムージーに加え、バランスのとれた食事と十分な水分補給を心がけてください

こちらの記事もご覧ください:美味しい野菜ポタージュレシピ

4.きゅうりとセロリのスムージー

セロリの栄養素の多くは茎に含まれており、その栄養素は、抗酸化物質、ビタミンAとB群、ミネラル(カリウムとカルシウム)そしてエッセンシャルオイルなどです。

またきゅうりと同様に、セロリの95%は水分なので高い利尿効果があり、体液貯留の解消や腸内の働きを促進する働きがあります。

材料

  • きゅうり 1本
  • セロリの茎 2本
  • 水 2カップ(400ml)
  • ハチミツ 大さじ3(75g)

作り方

  • 全ての材料をきれいに洗い、農薬などの残留物を取り除きます
  • 小さく切ったらブレンダーの中に入れます
  • 水とハチミツを加えたら1分間混ぜてください

摂取方法

  • 空腹時に1−2杯を飲むのがおすすめです
  • 全ての栄養素が体に吸収される朝の空腹時が良いでしょう

こちらの記事もご覧ください:ミント・レモン・キュウリを使ったダイエットスムージー

5.きゅうりとアロエベラのスムージー

きゅうりとアロエとパイナップル

アロエベラにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、そして抗酸化物質が豊富に含まれています。またきゅうりと組み合わせることで、体内を浄化する効果が高まります。

材料

  • パイナップル 1カップ(150g)
  • オレンジ果汁 3個分
  • アロエベラ 1本
  • きゅうり 1本

作り方

  • 全ての材料をきれいに洗います
  • オレンジ果汁を絞りブレンダーに入れます
  • きゅうり、アロエベラ、そしてパイナップルの皮を剥いたら小さく切ります
  • ブレンダーに入れて滑らかになるまで混ぜます

摂取方法

  • 2週間、午後に1杯飲んでください
  • このスムージーにより体内の内側と外側に変化が現れ、より健康で活力が溢れるようになります

今回ご紹介したきゅうりのスムージーにはデトックス効果がありますが、必ずバランスのとれた食事と定期的な運動を欠かさないようにしましょう。これらを組み合わせることで最大の効果が得られます。

  • Mukherjee, P. K., Nema, N. K., Maity, N., & Sarkar, B. K. (2013, January). Phytochemical and therapeutic potential of cucumber. Fitoterapia. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2012.10.003
  • Dhiman, K., Gupta, A., Sharma, D. K., Gill, N. S., & Goyal, A. (2012). A review on the medicinally important plants of the family Cucurbitaceae. Asian Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.3923/ajcn.2012.16.26
  • Wijeratnam, S. W. (2015). Pineapple. In Encyclopedia of Food and Health (pp. 380–384). Elsevier Inc. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-384947-2.00547-X
  • Farid Hossain, Md. (2015). Nutritional Value and Medicinal Benefits of Pineapple. International Journal of Nutrition and Food Sciences4(1), 84. https://doi.org/10.11648/j.ijnfs.20150401.22
  • Koutsos, A., Tuohy, K. M., & Lovegrove, J. A. (2015, May 26). Apples and cardiovascular health—is the gut microbiota a core consideration? Nutrients. MDPI AG. https://doi.org/10.3390/nu7063959
  • Bhowmik, D., Kumar, K. P. S., Paswan, S., & Srivastava, S. (2012). Tomato-A Natural Medicine and Its Health Benefits. Phytojournal1(1), 33–43.
  • Li, M. Y., Hou, X. L., Wang, F., Tan, G. F., Xu, Z. S., & Xiong, A. S. (2018, February 17). Advances in the research of celery, an important Apiaceae vegetable crop. Critical Reviews in Biotechnology. Taylor and Francis Ltd. https://doi.org/10.1080/07388551.2017.1312275
  • Rajeswari, R., , M. Umadevi, C. S. R., & , S. Selvavenkadesh, K. P. Sampath Kumar, D. B. (2012). Aloe vera: The Miracle Plant Its Medicinal and Traditional Uses in India. Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry1(4), 118–124. Retrieved from http://www.phytojournal.com/vol1Issue4/Issue_nov_2012/17.1.pdf