消化を正常に保つ10のヘルシーフード

5月 20, 2020
消化を正常に保つには、食べ物をよく噛んでゆっくり食べることが大切です。また、体に良い特定の食べ物を普段から取り入れることを、専門家は推奨しています。

私たちが口にする食べ物は、消化系の健康状態に影響を与えます。砂糖や質の悪い脂肪、精製された小麦粉などを多く摂取しすぎると、胃腸のトラブルに見舞われるリスクが高くなるでしょう。そうしたトラブルを避けるには、消化を正常に保つ効果が期待できる食べ物を取り入れることです。

今日は、そんな食べ物を10種類ご紹介します。

食べ過ぎや飲み過ぎによって消化不良を起こしている人は大勢います。終わりの見えない健康トラブルとも言えるでしょう。全米保健医療統計センターによると、アメリカでは年間330万以上の人が消化の病気が原因で入院しています。

消化不良の原因は?

食べ過ぎ、早食い、脂肪の多い食べ物、ストレスを感じながら食べることなどが消化不良の原因となり得ます。喫煙、お酒の飲み過ぎ、ドラッグ、疲れすぎ、ストレスの多い生活も消化不良の原因でしょう。

消化不良を防ぐには

  • 食事中に気をつけることが大切です。しっかりと噛み、ゆっくりと食べましょう。唾液がしっかりと含まれることで飲み込みやすくなります。
  • 何かをしながら食べたり、急いで食べる、疲れたりストレスを感じながら食べると、消化系によくない影響を与えてしまいます。結果として、胃腸の不快感を引き起こすでしょう。
  • 気分は食べ物の吸収に影響を与えます。不安感などは消化酵素をスローダウンさせてしまいます。そのため、心の健康に気を配ることも大切です。
  • 食べるときは注意しましょう。昼食や夕食を遅い時間に食べることは、胸焼けや胃酸の逆流、胃もたれ、膨満感を引き起こしてしまいます。食事は4時間空け、夕食は寝る2時間前までに終えましょう。
  • 寝る前に小腹が空いた? そんなときは、軽いタンパク質を摂取しましょう。無脂肪ヨーグルト、無脂肪牛乳1杯、チーズを少しなどです。

こちらも合わせてどうぞ:夜に食べると最悪!な食べ物

消化を正常に保つ食べ物

1. 発酵したキャベツ、ザワークラウト

発酵したキャベツ

ザワークラウトのようなプロバイオティク食品は、消化の改善を助けながら、腸内フローラを再生息をうながしてくれます。

これはプロバイオティクスそのものにも言えます。プロバイオティクスは、消化に重要な役割を果たす胃酸の分泌を刺激します。プロバイオティクスには、腸に良い影響を与え、腸内フローラのバランスを整え、腸管を健康に保つ助けとなるバクテリアが含まれています。

2. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーが健康を促進すると考えられる理由はたくさんあります。体がHCL(塩酸)を作り出す助けとなります。この酸は、脂肪、炭水化物、タンパク質の消化を助ける腸からの良性の酸です。

アップルサイダービネガーはまた、体重の減量や胃酸の逆流、過敏性腸症候群の緩和にも役立つかもしれません。有益なプロバイオティクスやアミノ酸が含まれているからです。

3. マンゴー

マンゴーは腸内の良い細菌を生かす助けとなることが証明されています。近年行われたオクラホマ州立大学の研究によると、1日1個マンゴーを食べることで、腸の健康が改善され、体脂肪が減り、血糖値がコントロールされるかもしれないそうです。マンゴーには素晴らしい栄養効果があります。マンゴーにはたくさんの栄養があり、様々な健康効果をもたらしてくれる生理活性物質も含まれていると考えている研究者もいます。

4. ケフィア

ケフィル

ケフィアもまた、消化の健康を改善してくれるプロバイオティック食品です。免疫系の刺激も促してくれるかもしれません。ケフィアは酸っぱい飲むヨーグルトのような食品です。ケフィアが腸に良い食品である理由は、少なくとも、10の生きている細菌株を含んでいるからです。一方、一般的なヨーグルトが含む活性細菌株は3つです。

5. オリーブオイル

オリーブオイルは、消化系を助けるとして古代から推奨されてきた食品です。胸焼けを引き起こす胃逆流から守ってくれるでしょう。また、胃の内容物をゆっくりと送り出し、徐々に十二指腸を通し、満腹感を持続させます。

6. アーティチョーク

アーティチョークには、胆汁の生成を刺激する酸性物質、シナリンが含まれています。これは、肝臓の機能を助け、胆石の生成を予防します。アーティチョークには天然の利尿作用があります。また、二日酔いの症状を緩和してくれるでしょう。繊維も豊富に含まれています。

7. りんご

赤りんご

皮付きのりんごは、腸管の健康維持を助けてくれるでしょう。

りんごには食物繊維が含まれています。従って、便秘を予防し、悪玉コレステロール(LDL)をコントロールするのに役立つでしょう。また、消化を促進し、腸内発酵を予防してくれる水溶性繊維であるペクチンが含まれています。

8. ヨーグルト

ヨーグルトにはプロバイオティクスが含まれているため、消化を促進する素晴らしい食品の一つです。免疫系を刺激し、腸内フローラの健康を促進してくれるでしょう。腸管を良い状態に維持してくれるでしょう。

9. パイナップル

米国医学図書館は、パイナップルには、タンパク質を消化しやすくする酵素ブロメラインが含まれていると述べています。パイナップルはまた、腸の状態の改善、むくみや潰瘍と闘うためにも推奨されています。

こちらも合わせてどうぞ:体重を減らす効果のある食品

10. ショウガ

独特の香りを持つ根であるショウガは、消化を刺激します。膵臓の酵素分泌を刺激し、胸焼けをせず消化ができるように促してくれるでしょう。また、抗菌作用もあります。腸内フローラの変化を予防し、下痢を防ぎ、排便活動を改善してくれるでしょう。ショウガ茶にして飲めば、消化不良を防いでくれるでしょう。

最後に

最後になりましたが、人それぞれ耐性や不耐性は違います。ですから、今日ご紹介した食べ物の中でもどれが自分の体に合っているのかは、注意深くゆっくりと分析し、自分の体に合う物を選びましょう。

  • Lucas EA, Li W, Peterson SK, Brown A, Kuvibidila S, Perkins-Veazie P, Clarke SL, Smith BJ. Mango modulates body fat and plasma glucose and lipids in mice fed a high-fat diet. Br J Nutr. 2011 Nov;106(10):1495-505. doi: 10.1017/S0007114511002066. Epub 2011 Jun 28. PubMed PMID: 21733317.
  • Farnworth, E. R. (2006). Kefir–a complex probiotic. Food Science and Technology Bulletin: Fu, 2(1), 1-17.
  • Mallo, R., Civit, D., Erpelding, A., & Tabera, A. (2002). Proceso fermentativo en la producción de” sauerkraut”(Chucrut) e identificación de bacterias ácido lácticas. La Alimentación LatinoamericanaVol. 35, no. 242 (2002 mar.), p. 44-47.