子供のクマの原因は?心配した方がいいの?

大人でも目の下にクマがある人は多く、これは不眠やストレス、疲れのせいだと言われています。しかし、子供のクマはどうでしょうか?
子供のクマの原因は?心配した方がいいの?

最後の更新: 12 5月, 2021

あまり問題に挙げられることはないですが、なぜ子供に目の下のクマができるのかを知っておきましょう。まず知っておかなければならないのは、目の下の皮膚や目の輪郭全体の色が変わってしまうことでクマが生じるということです。

メラニンが過剰に生成されたり、血管が拡張したりすることで、このような変化が起こります。目の周りの皮膚は300~800ミクロンと非常に薄いため、このような生理的変化が顕著に現れるのです。

子供の目の下のクマの原因

子供が目を覚ましたときに目の下にクマがあると、親としては心配になりますよね。クマがあると、体調が悪かったり、疲れていたり、栄養が足りていないように見えてしまいます。しかし、目の下のクマは必ずしも心配する必要はありません。目の下にクマができる原因には、次のようなものがあります。

眠りが浅い

子供の寝相が悪いと、目の下にクマができることがあります。この疾患は乳児性不眠症として知られており、生後6ヶ月から5歳までの子供に発症します。

寝る少し前にコーヒーやチョコレートなどの食べ物や飲み物を摂取すると、睡眠に悪影響を与えます。また、夜に体を動かしたり、機器から発せられる光や周囲の騒音の影響でも目の下にクマができやすくなります。

子供 目の下のクマ 原因
夜寝られないと、疲れが取れずにクマができることがあります。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

子供の目の下のクマのもう1つの原因は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。この疾患は、気道が狭くなることで、睡眠中の呼吸が部分的または全体的に妨げられることで起こります。

この疾患の可能性を示唆する他の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 途中で長く息が止まるいびき
  • 夜驚症や落ち着きのない睡眠
  • 口が渇く
  • 口呼吸
  • 疲労感

睡眠不足や日中の活動過多の結果、目の下にクマができるほどの疲労感に襲われることがあるのです。

このような場合には、日中の活動を見直し、休息と回復のための時間を確保する必要があります。日中に昼寝をすると、夜の睡眠に影響を与える可能性があるので注意が必要です。

鼻づまり

インフルエンザやアレルギー性鼻炎、ぜんそく、副鼻腔炎などによる鼻づまりは、子供のクマの原因として最もよく知られています。皮膚の色の変化は、目の下だけでなく、鼻にも見られます。

クマは、これらの部分の静脈が拡張するために起こります。結膜炎になると、皮膚が刺激されてまぶたが赤くなることにも注意が必要です。

遺伝性疾患

通常は思春期に発症しますが、遺伝的に幼い頃から目の下にクマができてしまう子供もいます。この症状は、先天性のクマとしても知られています。

これは、目の周りの部分に遺伝的に色素沈着が起きていることに他ならず、解決策はほとんどありません。しかし、身体的な健康を損なうものではありませんので、安心してください。

神経芽細胞腫

神経芽細胞腫は、副腎、腹部、胸部、または神経細胞群がある体の部位に頻繁に発生する癌の一種です。5歳以下の子供に発症し、目の周りにあざができます。

このクマを、他の軽度の要因によるクマと混同しないようにすることが重要です。神経芽細胞腫の場合、皮下のしこり、眼球突出、骨や背中の痛み、発熱、明らかな理由のない体重減少などの症状が現れます。

眼窩蜂巣炎

眼窩蜂巣炎は重篤な感染症になる可能性があります。子供の場合は、副鼻腔の症状として現れます。7歳以下では、目のクマや膨らみを伴います。

黄色ブドウ球菌、レンサ球菌、インフルエンザ菌などが一般的な原因です。さらに、目の色が赤い、目が動かしにくい、発熱などの症状が現れます。

こちらもお読みください:目の下の隈を自然に隠す方法

子供の目の下にクマがある時はどうする?

通常、子供のクマは深刻な状態ではありません。しかし、他にも症状が伴っている場合は、医師に相談して病気や疾患を除外する必要があります。見た目を改善するためには、以下の推奨事項と自然療法を心がけるとよいでしょう。

よく休む

睡眠不足による目の下のクマの場合は、日中に長時間の昼寝をしないようにする必要があります。また、就寝前にテレビを見たり、電子機器のスクリーンを見ることも避けましょう。小児科医に、カモミールや蜂蜜入りのミルクなど、眠りやすくするために与えても良いか相談してみてはいかがでしょうか。

また、日中を活動的に過ごしているお子さんには、休息のための時間を与えたり、ヨガや瞑想などのリラックスできる活動をさせたりすることを検討してみるといいかもしれません。

子供 目の下 クマ
眠りにつきにくくなるので、寝る前のスマホは控えましょう。

自然療法

目の下のクマを目立たなくさせたい場合は、キュウリのスライスなどのナチュラルな対処法を試すのもありです。両目の下にスライスしたキュウリを1枚ずつ置きます。血行が良くなり、炎症が抑えられ、目の周りが潤います。

また、ココナッツオイルやアーモンドオイルをコットンに含ませて、目の下に塗るのも効果的です。これも炎症を抑え、まつげの成長を促す効果があります。

こちらもお読みください:ヒマシ油の驚きの効果:顔に使う方法

ただの見た目の問題

子供の目の下のクマは、大人と同じように、健康上の問題というよりも、美的な問題であることがほとんどです。ですから、医師の助けを借りて身体的な問題がないのがわかっているのであれば、落ち着いて対応するのが一番です。

遺伝性のクマなどの場合は、自分の身体的特徴を受け入れるように促し、医学的な承認が降りていない製品を使うのは避けることが大切です。禁忌事項がない限り、自然療法で効果が見られるはずです。

こちらの記事もおすすめ
目のクマを緩和する自然療法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
目のクマを緩和する自然療法

一般的には疲労の兆候と考えられている目の下のクマですが、呼吸器系の問題やカフェインの摂取量の増加、そしてストレスなどの兆候である可能性があります。本記事では、目の下に現れるクマを緩和する自然療法をご紹介します。ただし、健康的な生活習慣とバランスの良い食生活、そして十分な睡眠が大切であることを忘れないでください。