ヒマシ油の驚きの効果:顔に使う方法

· 2月 13, 2019
ヒマシ油を顔に使う前に、必ずパッチテストを行ってアレルギー反応が出ないことを確認して下さい。

美容のためにヒマシ油が使われるようになったのは最近のことではありません。すでに多くの化粧品にヒマシ油が使用されています。そんなヒマシ油をぜひ、もっとシンプルに使ってみませんか?

この記事では、ヒマシ油の使い方をいくつかご紹介します。あなたのニーズにあったものを選んで試してみて下さい。

1、ヒマシ油でニキビ対策

ニキビ ヒマシ油の効果

不快な憎っくきニキビと完全にお別れをしたくはありませんか? ぜひ以下の方法を試してみた下さい。

材料

・ヒマシ油 小さじ1

使い方

・寝る前に、顔をお湯で洗い、化粧などの汚れを取り除きます。

・ヒマシ油をニキビに塗り、少し乾かします。

・そのまま寝て下さい。

・朝、洗顔フォームで顔を洗って下さい。

アレルギー反応を引き起こすことがあるので、適切な量のヒマシ油を使用するようにして下さい。

この記事もお読み下さい:

エッ! と驚くひまし油の健康・美容効果TOP8

2、洗顔に使う

顔のお手入れ ヒマシ油の効果

洗顔時にヒマシ油を利用することもできます。ヒマシ油で顔を洗うと外で受けたダメージやメイクを落としながら、肌のトーンを均一に整えてくれます。

材料

アーモンドオイル 小さじ1

・ヒマシ油 小さじ1

使い方

・2種類のオイルを混ぜ合わせ、優しくマッサージをしながら顔に塗ります

・そしてぬるま湯で洗い流して、柔らかいタオルで顔の水分をとります。

・毎晩これを行って下さい。数週間後には、肌のトーンが均一になっていることが実感できるはずです。

3、保湿クリーム

洗顔 ヒマシ油の効果

ヒマシ油は、保湿クリームとして使用することもできます。ビタミンEが豊富で、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。

肌の潤いを改善し、老化、細かいシワや傷などを防止します。

材料

・ナチュラルなモイスチャークリーム 200g

・ヒマシ油 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

使い方

・2種類のオイルとモイスチャークリームを混ぜ合わせて、蓋つきの容器に入れて保管します。

・毎日、朝と夜にこのクリームを顔に塗って使用して下さい。

4、傷跡を改善する

ニキビ跡 ヒマシ油の効果

ニキビ跡や怪我による傷跡などで悩んでいませんか?

ヒマシ油に豊富に含まれる脂肪酸は、細胞を再生し、傷跡を取り除くのに役立ちます。

効果がみられるまでに数週間使用する必要があることに注意をして下さい。

材料

・ココナッツオイル 大さじ1

・ヒマシ油 大さじ1

・アロエベラのジェル 大さじ1

使い方

・材料を全て混ぜ合わせて、小さなガラスの容器に蓋をして保管します。

・夜、顔を洗った後で、これを優しく円を描くようにマッサージをしながら顔に塗ります。

・乾いたら、そのまま寝て、翌朝洗い流して下さい。

5、目のクマやくすみを改善する

目元 ヒマシ油の効果

疲れ目に悩んでいませんか? ヒマシ油は、疲れ目を改善し、より美しい目にする効果があります。

材料

・アロエベラのジェル 大さじ1

・ヒマシ油 小さじ1

・氷を作る容器

使い方

・二つの成分を混ぜて、氷を作る容器に注ぎ、冷凍庫に入れて凍らせます。

・コットンを使って、氷で目の周りを優しくマッサージします。

・余分な水分は柔らかいタオルで拭き取りましょう。

毎晩これを行って下さい。

目の下のクマやくすみがひどい場合は、この氷をいくつか作り、少なくとも一ヶ月毎日使用して下さい。素晴らしい効果が得られるはずですが、睡眠習慣を改善することも忘れないで下さい。

この記事もお読み下さい:

エッセンシャルオイルを使って目の下のクマを解消する方法

6、まつ毛を育てる

まつ毛 ヒマシ油の効果

短いまつ毛に悩んでいたり、毎日マスカラを使うことでまつ毛が弱ってはいませんか?

ヒマシ油には、まつ毛を健康的に成長させる効果もあります。やり方はとても簡単で、お手頃に出来ます。

材料

・ヒマシ油 小さじ1

・ビタミンEカプセル 1錠

使い方

・ヒマシ油とビタミンEカプセルの中身を混ぜ合わせて、蓋つきの容器に保存します。

・夜に化粧を落とした後で、これをコットンに染み込ませます。

・目に入らないように注意をしながら、まつ毛の根元から先端にこれを塗ります。

・朝、優しく目をすすいで下さい。

  • Jamshed Iqbal, Sumera Zaib, Umar Farooq, Afsar Khan, Irum Bibi, Saba Suleman, “Antioxidant, Antimicrobial, and Free Radical Scavenging Potential of Aerial Parts Of Periploca aphylla and Ricinus communis”, ISRN Pharmacol. 2012; 2012: 563267.
  • Raju Ilavarasan, Moni Mallika, Subramanian Venkataraman, “Anti-inflammatory and free radical scavenging activity of Ricinus communis root extract”, Journal of Ethnopharmacology, Volume 103, Issue 3, 20 February 2006, págs. 478-480