肌に良いビタミンEカプセル:5つのアプローチ

ビタミンEはあなたの皮膚に潤いを与えて、柔らかくシワのない肌にしてくれます。
肌に良いビタミンEカプセル:5つのアプローチ
Maricela Jiménez López

によってレビューと承認されています。 医者 Maricela Jiménez López.

によって書かれた Okairy Zuñiga

最後の更新: 02 10月, 2022

美しさはこれまでの生活であなたがやってきた習慣に影響を受けます。そして、自然の力でケアしてあげることであなたの肌の健康を保つことが出来ます。

ビタミンEカプセルは有害な化学物質を含まず、肌や髪に良い影響を与え、体に抗酸化物質と脂肪酸を生み出すよう促してくれるかけがえのない栄養素です。

抗酸化物質と脂肪酸が組み合わさると、健康的な肌細胞を生み、強く滑らかでツヤのある髪の毛も作ってくれます。また、細胞を回復させたり、フケを防ぐことで、ダメージと闘ってくれます。

今回は、あなたの肌に良いビタミンEカプセルの使い方を紹介します。

1.目の周りに塗るクリーム

目の周りに塗るクリーム

目の周りの肌を改善するクリームに多くのお金を費やした人もいるのではないでしょうか?そのような高価な製品を使わなくてもお手頃なビタミンEカプセルで代用することが出来ます。これはデリケートな肌の部分に潤いを与え、柔らかくシワを改善してくれます。

ビタミンカプセルは少し粘着性がありぬるぬるしているので、少しずつマッサージしながら塗ることをおすすめします。丁寧に塗ってあげると成分がしっかり吸収されます。

効果をしっかり発揮させる為、夜寝る前に使用してみてください。

2.色素沈着を防ぐローション

色素沈着は多くの人に現れる肌トラブルで、化粧品やコスメの使用により引き起こされます。

もし、シミで悩んでいる、妊娠している、太陽光に長時間さらされているのなら、ビタミンEカプセルを使用してみましょう。

豊富な抗酸化物質が肌の再生を促進して、あなたの肌細胞をより健康的にし、肌が徐々に元の自然な色を取り戻します。

  • 気になる患部に塗ってください。
  • できるだけ肌に吸収されるようにマッサージしましょう。
  • 寝る前に塗りましょう。
  • 翌朝、普段通り顔を洗ってください。

3.アンチエイジングクリーム

アンチエイジングクリーム

私達の多くが肌に老化が現れないよう絶え間のない努力を費やしており、シワや乾燥の心配をしています。ビタミンEカプセルは次のような効果を私達にもたらしてくれます。

高価なクリームにお金を使わずビタミンEカプセルの成分を顔に使ってみましょう。特に以下のような部分を入念にケアしてください。

  • ほうれい線
  • シワ
  • 口の周り
  • 目の周り

4.リップクリーム

ほとんどの人が市販のリップクリームを使用していますが、一部の商品は唇に刺激を与えたり、見た目を悪くする場合があります。

ですので、代わりにビタミンEカプセルを使ってあげましょう。このビタミンに含まれる脂肪酸が唇に今まで感じたことの無い柔らかさとボリュームを与えてくれます。

また、唇が乾燥してしまうと、シミや変色などの問題も現れることもありますが、ビタミンEの抗酸化脂肪酸がそれを和らげてくれるのです。

カプセルに含まれる量が多すぎる場合は、適量を小さな容器に移して持ち運びましょう。そして、通常のリップクリームの代わりに2時間毎に少しだけ塗るようにしてください。

もしすでに自家製のリップクリームを使っている人は、次回作る際にこのビタミンを加えてみてください。

 

5.セルライト対処クリーム

肉割れ対処のクリーム

体重の変化、妊娠、運動不足、そして食生活によって出現するセルライトは、よくお腹に現れますが、腕や脚、そして胸にも出現することがあります。

薄くしたいならビタミンEカプセルを使ってみましょう。

2つの方法があります。

  • 患部に塗ってしっかり吸収するまでマッサージをする。
  • 現在使っているセルライト用のクリームに2、3個カプセルを加えて使用する。(この方法は結果が現れるまで時間がかかりますが高い効果を発揮してくれます。)
こちらの記事もおすすめです。
倦怠感の原因!?ビタミン欠乏症
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
倦怠感の原因!?ビタミン欠乏症

毎朝ベッドから起き上がるのが辛くありませんか?自宅で静かに週末を過ごしても疲れが取れず、もっと休みたいと感じる時は、ビタミン不足から来る慢性的な倦怠感かもしれません。この倦怠感の原因は生活習慣だけでなく、食生活にもあります。何らかの栄養が欠乏しているのなら、毎日頑張るエネルギーが足りなくなって...



  • Berardesca E, Cameli N (2021). Vitamin E supplementation in inflammatory skin diseases. Dermatol Ther, 34(6). Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34655146/
  • García J, Madera D, Padilla M, et al (2013). Use of a specific anti-stretch mark cream for preventing or reducing the severity of striae gravidarum. Randomized, double-blind, controlled trial. Int J Cosmet Sci, 35(3):233-7. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7633944/
  • Hayakawa R, Ueda H, Nozaki T, et al (1981). Effects of combination treatment with vitamins E and C on chloasma and pigmented contact dermatitis. A double blind controlled clinical trial. Acta Vitaminol Enzymol, 3(1):31-8. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7027767/
  • Hernández J, Madera G,P Padilla E (2013). Use of a specific anti-stretch mark cream for preventing or reducing the severity of striae gravidarum. Randomized, double-blind, controlled trial. Int J Cosmet Sci, 35(3):233-7. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23237514/ 
  • Kagan V, Witt E, Goldman R, et al (1992). Ultraviolet light-induced generation of vitamin E radicals and their recycling. A possible photosensitizng effect of vitamin E in skin. Free Radic Res Commun, 16(1):51-64. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/1325398/
  • Keen M, Hassan I (2016). Vitamin E in dermatology. Indian Dermatol Online J, 7(4):311-5. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4976416/
  • Nachbar F, Korting H (1995). The role of vitamin E in normal and damaged skin. J Mol Med (Berl), 73(1):7-17. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7633944/
  • Pandel R, Poljšak B, Godic A, et al (2013). Fotoenvejecimiento de la piel y el papel de los antioxidantes en su prevención. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3789494/

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。